31 post categorizzati come "団体:パルマ"

lunedì 22 ottobre 2007

Avvenire紙のパルマ公演記事

Avvenire紙ウェッブ版の体裁が変わりました。
記事のテキストだけでなく、写真も見られるようになっています。

マエストロ・ムーティがパルマで演奏したヴェルディ レクイエムについて、記事が読めます。
添えられている写真はGazzetta di Parma紙掲載と同じものです。
初日10日の公演について、9分間の拍手喝采が続き、マエストロとソリスト達は何度も舞台に呼び戻された、とあります(ドパルデューが客席にいたことも書いています)。

また、マエストロは次のように請いながら、舞台を去ったそうです。
「最後の拍手は、その人についてダヌンチオがこう言った人のために。『希望の言葉を語り、哀悼の声を上げ、万人のために泣き、すべての人に向かって愛を語りました。』ヴェルディのための拍手喝采ではありますが、一方でまた、この地が生んだもうひとりの息子、トスカニーニのためでもあります。彼はヴェルディに関して、最も偉大な演奏家でした。」

2007年10月12日 Avvenire
Parma festeggia Verdi eseguendo il suo «Requiem»
Per Muti e i complessi del Regio 9 minuti di applausi

edizione in edicola をクリックして、2007年10月12日、29ページ目を選ぶと記事が出てきます。
http://edicola.avvenire.it/ee/avvenire/default.php?pSetup=avvenire&curDate=20071021&goTo=1

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 18 ottobre 2007

the articles about Verdi´s Requiem in Parma

You can read so many articles about Maestro Muti`s performances in Parma at the site of Teatro Regio di Parma.

I will show them later  again in Japanese.

http://www.teatroregioparma.org/verdifest/messa/messa_rassegnastampa.htm

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 15 ottobre 2007

パルマ王立歌劇場合唱団指揮者の言葉

マエストロ・ムーティとヴェルディ レクイエムで共演したパルマ王立歌劇場合唱団指揮者Martino Faggianiの言葉が、昨日のパルマの新聞に載っていました。

リッカルド・ムーティとの出会いは、ついに実現したが、「光明・至福」だったとFaggianiは明言する。「歌詞が宗教的な表現であれ何であれ、それを物語であるかのように駆使することができるのです。 ムーティの登場は、合唱団の歴史とこれからの発展において決定的なできごとであったと思います。いつまでも痕跡として残ります。」

2007年10月14日 Gazzetta di Parma
Il Coro del Regio: «Più consapevoli del nostro ruolo»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 14 ottobre 2007

フリットリのサイトの写真

フリットリのサイトに、マエストロ・ムーティと共演したパルマでのヴェルディ レクイエム公演の、ニュースと写真が載りました。

Barbara Frittoli
2007年10月13日 News
Parma: ovazioni per Muti, Requiem da ricordare. Lettura illuminante con Frittoli e D'Intino
http://www.frittolibarbara.com/cms/index.asp

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

二日目も歌手変更

マエストロ・ムーティがパルマで指揮した12日のヴェルディ レクイエムで、歌手が変更になっています。

Mezzosoprano Nadia Krasteva

Luciana D’Intinoはひどい風邪を引いていたことが、初日のあとの記事に載っていました。
また、二日目にはフランスの元大統領ジスカール・デスタンも聴きに来ていたそうです。

2007年10月13日 Gazzeta di Parma
Giscard: «Festival Verdi, idea eccellente»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 12 ottobre 2007

ソリスト達の感動

マエストロ・ムーティの指揮で、10日にパルマでヴェルディ レクイエムを歌ったソリスト達の感動の言葉が、今日のパルマの新聞で報じられています。

2007年10月12日 Gazzetta di Parma
Dietro le quinte: code al camerino «Grazie, Maestro»

バルバラ・フリットリは嬉しく思っている。「パルマでは、既に、ロッシーニとシュトラウスを歌っています。でも、ヴェルディは一度も歌っていません。感動しました。つまり、レクイエムをパルマ王立歌劇場で歌う、既にその指揮でこの作品を歌ったことのあるマエストロ・ムーティと共演なのですから。信じられないほどに素晴らしい気持ちです。」
Luciana D’Intinoはかすれた声で応じる。ひどい風邪にもかかわらず歌ったからである。「レクイエムには110回取り組みました。半分はマエストロ・ムーティで歌っています。発見は尽きない、と言わねばなりません。」
Mario Zeffiri は喜々としている。「パルマで歌ったのははじめてです。パルマ王立歌劇場で、フェスティバル・ヴェルディの頂点であるムーティの指揮。すべての要素が象徴的で、これらのことは私の中に深い感動を呼び起こしました。マエストロ・ムーティとは既にヴェルディのレクイエムを歌っています。確かに、直前に招かれましたが、承諾して満足していますし、この劇場の伝説的ともいえる偉大な聴衆とこうやって会うことができて、喜んでいます。」
Petri Lindroos はフィンランドから一晩旅をしてパルマに間に合った。「Lindroosは大声だというのには憔悴しましたが、幸せな気持ちでいっぱいです。私もムーティとは既に共演したことがありますし、駆けつけました。なぜなら、まさに巨匠であり、まさにヴェルディであり、まさにパルマだからです。大満足です。この世界は、神に、ヴェルディに、トスカニーニに感謝しなければなりません。」

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 11 ottobre 2007

レクイエムは大成功

マエストロ・ムーティがはじめてパルマ王立歌劇場を指揮したヴェルディ レクイエムの公演は、大成功だったそうです。
拍手喝采とbarvo!の掛け声が降り注いだとのこと。

なお、客席には、ドパルデューの姿もあり、彼は最後までマエストロへの喝采をやめなかったそうです。ムーティが世界で最も偉大な指揮者であるのは明らかだ、とコメントしています。
ブルゾンも聴きに来ていたと書かれています。

第一面にマエストロの指揮姿写真を載せています。
また、見開き2ページを使って、喝采を受ける指揮台上のマエストロ、ソリスト、オーケストラ、合唱団の大きな大きな写真を載せています。

2007年10月11日 Gazzetta di Parma
Un trionfo, due dediche: «A Verdi e a Toscanini»

Messa da Requiem, il trionfo di Muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 10 ottobre 2007

歌手変更

マエストロ・ムーティが10日、12日にパルマで指揮するヴェルディ レクイエムの歌手が、変更になっています。

tenore Mario Zeffiri
basso Petri Lindroos

Festival Verdi 2007  Comunicati Stampa
2007年10月10日 

Il tenore Mario Zeffiri e il basso Petri Lindroos sostituiscono Giuseppe Sabbatini e Ildebrando d’Arcangelo nel Requiem diretto da Riccardo Muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 3 ottobre 2007

ヴェルディ レクエイムについてのレクチャー

マエストロ・ムーティは10日、12日にパルマでヴェルディ レクイエムを演奏しますが、マエストロのオフィシャル・ウェッブサイトに楽しみなニュースが載っています。

おそらく9日18時から、マエストロがヴェルディ レクイエムの解釈と指揮法、ヴェルディについての考えを、短い時間ながらレクチャーするとのことです。10日の公演に向けてのもので、マエストロのスケジュールからして、9日18時がいちばん実現可能性が高いそうです(メリ総裁との時間もあうようです)。

Riccardo Muti Official Web Site
notizie 2007年10月2日
Il sito riccardomuti.com è lieto di annunciare
http://www.riccardomuti.com/Notizie.aspx?idNews=229

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 24 settembre 2007

気の長い話

20日にパルマのヴェルディ音楽祭2007のニュースがイタリアで報じられていました。

その中に、2013年のヴェルディ生誕200周年に向けて、同地での全作品の上演をDVDにする、という一文がありました。今年のマエストロ・ムーティのヴェルディ レクイエムも含まれているように読め、何と言う気の長い話、6年も発売を待たなければならないのか、と半信半疑でした。
同音楽祭サイトに、Mauro Meliパルマ王立歌劇場総裁の話(地元ロータリーで話したもの)の記事が載っていて、そのとおりであることが確認できました。
今年からRAIによって収録され、テレビで放映される一方、2012年12月に全作品の収録を終え、2013年の記念年にDVDで発売、という流れです。
収録はHD(初)、発売元はDeccaです。

分売がないものかどうか、続報が待たれます。

サッバティーニが9月のウィーン国立歌劇場公演をキャンセルしていますが、パルマ公演には出演できるよう、願っています。

2007年9月13日 Gazzetta di Parma
Tutte le opere del Cigno entro il 2013

2007年9月20日 ANSA
Musica: Festival Verdi, Parma rilancia in grande dal 1 al 28 ottobre; Rutelli, punto di riferimento per cultura

Festival Verdi 2007, Rassegna Stampa http://www.teatroregioparma.org/verdifest/rassegna_stampa.htm

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

CD | DVD | アイテム | イタリア | インタビュー Interview | インタビュー:歌手など | オフィシャル・ウェッブサイト | スケジュール:今後 | スケジュール:月間 | ディスク・録音・録画・写真 | ニュース:スカラ座再開 | ニュース:プライベート | ニュース:プーリア | ニュース:揺れるスカラ座 | ニュース:演奏家 | 作曲家 | 信条・メッセージ | 写真・映像 | 団体:Berliner Philharmoniker ベルリン・フィル | 団体:Chicago Symphony Orchestra シカゴ響 | 団体:Metropolitan opera メトロポリタン・オペラ | 団体:New York Philharmonic ニューヨーク・フィル | 団体:Orchestra Giovanile Luigi Cherubini ケルビーニ管 | 団体:Philadelphia Orchestra フィラデルフィア管 | 団体:Philharmonia Orchestra フィルハーモニア管 | 団体:Teatro alla Scala スカラ座 | 団体:Teatro del Maggio Musicale Fiorentino フィレンツェ歌劇場 | 団体:Teatro dell'Opera, Roma ローマ歌劇場 | 団体:Teatro di San Carlo, Napoli ナポリ・サン・カルロ歌劇場 | 団体:Teatro La Fenice フェニーチェ座 | 団体:the Mediterranean Musical Academy | 団体:Wiener Philharmoniker ウィーン・フィル | 団体:Wiener Staatsoper ウィーン国立歌劇場 | 団体:その他 | 団体:イスラエル・フィル | 団体:バイエルン放送響 | 団体:パルマ | 団体:フランス国立管 | 団体:上海響 | 学生時代 | 放送・放映 | 文化・芸術 | 文化・芸術:ラクイラ | 文化・芸術:ローマ国際映画祭 | 書籍・雑誌 | 来日公演 | 来日公演30周年:ウィーン・フィル | 来日公演:東京のオペラの森、東京・春・音楽祭 | 来日公演:PMF | 栄誉・褒賞 | 祝福・称賛 | 講演・展示・イベント | 追悼・偲ぶ | 音楽祭 | 音楽祭:ザルツブルク | 音楽祭:ザルツブルク、聖霊降臨祭 | 音楽祭:フィレンツェ五月音楽祭 | 音楽祭:ラベンナ