47 post categorizzati come "団体:バイエルン放送響"

sabato 16 aprile 2011

バイエルン放送響新シーズン

15日にバイエルン放送響の新シーズンの発表がありました。

マエストロ・ムーティの登場はないようです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 20 aprile 2010

バイエルン放送響2010-2011

バイエルン放送響の新シーズンですが、マエストロ・ムーティと合唱団の共演プログラムがわかりましたので、紹介します。

オーケストラのプログラムは開けませんでした。

http://www.br-online.de/br-klassik/br-chor/br-chor-saison-10-11-vorschau-ID1267782039522.xml

2011年1月27日、28日にポルポラ、ヴィヴァルディとヴェルディを演奏します。

ポルポラとヴィヴァルディのソリストはガランチャ!

München
Do 27|01|11
Fr 28|01|11
20.00 Uhr
Herkulessaal der ResidenzNicola

Antonio Porpora »Salve regina« für Alt und Streichorchester F-Dur
Antonio Vivaldi »Magnificat« für Soli, Chor und Orchester g-Moll, RV 611
Giuseppe Verdi »Quattro pezzi sacri« für Chor und Orchester

Mezzosopran Elına Garanca
Chor und Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks
Choreinstudierung Peter Dijkstra
Leitung Riccardo Muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

バイエルン放送響新シーズン

バイエルン放送響の新シーズンが発表になりました。

マエストロ・ムーティはキャンセルが続いていたので、心配していましたが、登場するようです。

PDFが開けないので、内容は、また後ほど。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 11 dicembre 2009

リツコフスキー、フェアウェル

バイエルン放送響のホルン奏者、Johannes Ritzkowskyが引退します。

30年間、同響に在籍した彼は、歴代の音楽監督と共演してきました(ミュンヒェン・フィルには、チェリビダッケの棒でソリストとして数多く出演したのこと)。

マエストロ・ムーティは1981年に同響にデビューし、そのときの素晴らしい公演、ヴェルディ レクイエムは日本でも放送され、わたしもエアチェックしました。その後、もっと状態のよいエアチェックテープをいただき、また、プライベート盤も入手しています。
リツコフスキーは、そのインタビューによれば、マエストロのデビュー公演には出演していませんが、その後、すぐにその指揮棒を仰ぎ、以来、同響とマエストロとの固い音楽的絆がもたらす演奏を享受してきました。

彼は、マエストロからはスカラ・フィルへの来演を要請され、その演奏体験がとても幸せな想い出になっているそうです。

リヒャルト・シュトラウスのホルン協奏曲は、彼が語るところによれば、過去の音楽監督、サバリッシュ、コリン・デイビスなど、偉大な指揮者のもとで演奏してきましたが(テル・アビブで1995年に演奏したのが、特別な想い出、とのこと。それはそうでしょう!)、それに、今回、マエストロとの共演が、フェアウェルとして加わるはずでした。

Strauss'  Hornkonzerto Hat Mich Ein Leben Lang Begleitet
Johannes Ritzkowsky

思い起こせば、わたしがマエストロの演奏を聴き始めたころに、マエストロとの素晴らしい共演を放送などで聴くことのできた、有名オーケストラ・メンバー達の多くが引退してしまっています。
ベルリン・フィルは、マエストロ・アッバード時代に大幅な世代交代が進んだとはいえ、マエストロとの共演がはじめての奏者が多数、というのは、印象的でした。
マエストロも68歳なんですよ!信じられないほどの若さとエネルギーです。よく、退官教授連の60歳と比べていましたっけ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

マエストロは流感

マエストロ・ムーティは、風邪でバイエルン放送響の公演をキャンセルしました。

どうぞお大事に。

クリスマスコンサートへのお元気な登場をお待ちしています。

2009年12月9日 Abendzeitung
Auf gute Nachbarschaft

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 10 dicembre 2009

バイエルン放送響60周年

バイエルン放送響は今シーズン、設立60周年を祝っています。

バイエルン放送のクラシック音楽PR誌も、60年間を、見開き2ページ、写真入りで振り返っています。

音楽監督を務めたことはありませんが、マエストロ・ムーティもとりあげられていて、1981年以来、定期的に出演している、と書かれています。

PDFで見られます。

BR KLASSIK
3. Ausgabe 2009

http://www.br-online.de/br-klassik/musikmagazin-br-klassik-aktuelles-ID1218094478292.xml

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 8 dicembre 2009

maestro muti has cancelled the concerts

Maestro Muti has cancelled his concerts in Munich.

http://www.br-online.de/br-klassik/br-symphonieorchester/konzert-termin-alexander-liebreich-sandrine-piau-ID1241610536301.xml

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 12 novembre 2009

バイエルン放送響のブログ

バイエルン放送響のブログで来日公演が紹介されています。

Das Symphonieorchester auf Tour-November 2009

毎年来日しているかのように思えるほど、身近に感じられるオーケストラです。

http://blog.br-online.de/Symphonieorchester/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 2 settembre 2009

バイエルン放送の自主レーベルディスク

バイエルン放送による自主レーベルのディスクが、9月18日発売になります。
残念ながら、第一弾にはマエストロ・ムーティの録音は含まれていません。
CDだけでなく、DVDも含まれています。

2009年8月30日 Musical Criticism.com
Eight CDs launch the new BR-Klassik label from the Bavarian Radio

http://www.musicalcriticism.com/recordings/cd-br-klassik-0809.shtml

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 18 aprile 2009

ナポリ、サン・カルロ歌劇場来演記録

1986年~2007年における、マエストロ・ムーティのナポリ、サン・カルロ歌劇場での公演は、次のとおりです。

alla scoperta di un protagonista
il teatro di san carlo di napoli
arte'm srl  2008

1990年11月8日 ウィーン・フィル
ベートーベン  交響曲第4番
ブラームス  交響曲第2番

1992年3月9日 スカラ・フィル
モーツァルト  交響曲第41番
ベートーベン  交響曲第5番

1993年9月20日、21日 ウィーン・フィル
ハイドン  交響曲《マリア・テレジア》
バルトーク 
シューマン  交響曲第3番
ベートーベン  交響曲第3番

1994年9月4日 ウィーン・フィル
モーツァルト  交響曲第41番
ブルックナー  交響曲第7番

1995年1月23日 スカラ・フィル
マルトゥッチ  ピアノ協奏曲変ロ長調
ピアノ Carlo Bruno
ムソグルスキー  展覧会の絵

1996年2月22日 スカラ・フィル
ベートーベン  エグモント序曲
ベートーベン  交響曲第4番
ベートーベン  交響曲第7番

1999年9月8日 スカラ・フィル
ベートーベン  交響曲第5番
R. シュトラウス  イタリアより

2000年6月9日、10日 ウィーン・フィル
バッハ  ロ短調ミサ
Sylvia McNair
Angelika Kirchschlager
Herbert Lippert
Simon Keenlyside
Arnold Schoenberg Choir

2002年2月9日、10日 バイエルン放送響
ハイドン  交響曲第94番《驚愕》
ブルックナー  交響曲第6番

2002年5月6日 スカラ・フィル
ポルポラ Salve Regina
モーツァルト  Exultate, jubilate
ハイドン 交響曲第100番《ロンドン》
Angelika Kirchschlager
Ruth Ziesak

2003年6月3日、4日 ウィーン・フィル
モーツァルト  交響曲第40番
シューベルト  交響曲第9番《グレイト》

2005年4月20日 ケルビーニ管
ベートーベン 交響曲第5番
ハイドン 交響曲第94番《驚愕》

2006年11月27日 ケルビーニ管
シューベルト  ロザムンデ序曲
シューマン チェロ協奏曲
チェロ Johannes Moser
ベートーベン 交響曲第7番
マルトゥッチ ノットゥルノ

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CD | DVD | アイテム | イタリア | インタビュー Interview | インタビュー:歌手など | オフィシャル・ウェッブサイト | スケジュール:今後 | スケジュール:月間 | ディスク・録音・録画・写真 | ニュース:スカラ座再開 | ニュース:プライベート | ニュース:プーリア | ニュース:揺れるスカラ座 | ニュース:演奏家 | 作曲家 | 信条・メッセージ | 写真・映像 | 団体:Berliner Philharmoniker ベルリン・フィル | 団体:Chicago Symphony Orchestra シカゴ響 | 団体:Metropolitan opera メトロポリタン・オペラ | 団体:New York Philharmonic ニューヨーク・フィル | 団体:Orchestra Giovanile Luigi Cherubini ケルビーニ管 | 団体:Philadelphia Orchestra フィラデルフィア管 | 団体:Philharmonia Orchestra フィルハーモニア管 | 団体:Teatro alla Scala スカラ座 | 団体:Teatro del Maggio Musicale Fiorentino フィレンツェ歌劇場 | 団体:Teatro dell'Opera, Roma ローマ歌劇場 | 団体:Teatro di San Carlo, Napoli ナポリ・サン・カルロ歌劇場 | 団体:Teatro La Fenice フェニーチェ座 | 団体:the Mediterranean Musical Academy | 団体:Wiener Philharmoniker ウィーン・フィル | 団体:Wiener Staatsoper ウィーン国立歌劇場 | 団体:その他 | 団体:イスラエル・フィル | 団体:バイエルン放送響 | 団体:パルマ | 団体:フランス国立管 | 団体:上海響 | 学生時代 | 放送・放映 | 文化・芸術 | 文化・芸術:ラクイラ | 文化・芸術:ローマ国際映画祭 | 書籍・雑誌 | 来日公演 | 来日公演30周年:ウィーン・フィル | 来日公演:東京のオペラの森、東京・春・音楽祭 | 来日公演:PMF | 栄誉・褒賞 | 祝福・称賛 | 講演・展示・イベント | 追悼・偲ぶ | 音楽祭 | 音楽祭:ザルツブルク | 音楽祭:ザルツブルク、聖霊降臨祭 | 音楽祭:フィレンツェ五月音楽祭 | 音楽祭:ラベンナ