34 post categorizzati come "イタリア"

venerdì 5 marzo 2010

イタリア文化会館のブック展

イタリア関連の書籍は、気に入ったものは必ず、購入していますが、イタリア文化会館が催しを開きます。

第2回 日本語で読むイタリア
日程: 2010年3月26日 - 2010年4月11日
時間: 11:00-18:30 (日曜日は18:00まで)
場所: イタリア文化会館 エキジビジョンホール

http://www.iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=352

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

イタリアのお守り

イタリア書房のサイトで、南イタリアのお守りが紹介されていました。

マエストロ・ムーティのナポリ派オペラの上演でも、ナポリの郷土信仰にかかわるアイテムが舞台に出てきましたっけ。

マエストロには、日本の正月飾りなどを手作りして贈ってきましたが、お守りはいつも迷ってしまいます。

イタリア書房ニュース・フィレンツェ店 2010年2月18日
イタリアのお守り 「Cornetto Rosso」

http://italiashobo.com/hq/index.php

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 6 giugno 2009

アマルフィ

映画『アマルフィ』に関連して、アマルフィと南イタリアの旅ブックが出る予定です。

また、アマレーナ誌8月号(7月7日発売予定)はプーリア特集です。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 19 maggio 2009

来年はワールドカップ

来年は、もうワールドカップです。
イタリア代表をとりあげたムック本が出ました。

カブリーニ、ロッシ、カンナバーロ、インザーギ、デル・ピエロ、ピルロ...

サッカーベストシーン
イタリア代表特集
コスミック出版

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 15 novembre 2007

トトの香水

マエストロ・ムーティは喜劇俳優トトについてしばしば話していますが、彼の本名を冠した香水が発売されたそうです。
ブランドものではありませんけれども、本名アントニオ・デ・クルティスの名前をつけた香水は、ミラノの老舗プレアットーニで、1ヶ月に12本売れたとのこと。
トトは「イタリア人にとって洗練とナポリ風ダンディズムの象徴」、と記事にはあります。

2007年11月15日 朝日新聞
ミラノ 人気俳優を香りでしのぶ

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 5 aprile 2007

ヴィチェンツァの新しい劇場(再掲)

(2007/4/4(水) 午前 5:47の記事です)

ヴィチェンツァに新しい劇場が建設されていて、その開場記念公演出演者にマエストロ・ムーティの名前が挙がっていることは、以前紹介しました。

その劇場の開場はクリスマスまでにはなされるであろうことが、ニュースとして流れています。

2007年4月3日 Il Gazzettino 紙
Vicenza
Sarà inaugurato entro ...

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 8 febbraio 2007

ヴィチェンツァの新しい劇場建築予定

ヴィチェンツァに新しい劇場が建設される予定で、次の12月か1月に完成の暁には、マエストロ・ムーティに演奏してもらおうという話が持ち上がっているそうです。

新しい劇場のための財団は設立に向かっています。また、市の工事は既に行われていて、劇場の道路整備、交通事情の整備のために、向かい合う銀行所有の建物をロータリーと公園にする必要が生じ、その解決のための折衝がもたれていることも報じられています。市長の側は解決に楽観的です。

新しい劇場や劇場の再開があると、マエストロに記念の公演が依頼されていると報道されるのを、とても興味深く思います。実際、開場の指揮をよくしています。マエストロの存在がそれだけイタリアで象徴的なものであり、また、イタリアのすべての都市にひとつの劇場を、というマエストロの信条にふさわしいできごとだからなのでしょう。もっともマエストロは、ハコだけでなく、その街のオーケストラの設立も訴えていますが。

2007年2月7日 Il Gazzettino 紙
«Bpvi, abbatti quella casa: serve la rotatoria»

2007年2月7日 Giornale di Vicenza 紙
Teatro, Hüllweck chiama Zonin «Va demolita la casa dei Busato»

(ココログの状態が最悪です。何度も投稿が消えてしまいます。この時間帯にイライラすることは避けたいのですが...)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 2 febbraio 2007

日本におけるイタリア2007・春

『日本におけるイタリア2007・春』のサイトができていました。

マエストロ・ムーティと東京のオペラの森公演も、このイベントのひとつです。

以前紹介したように、スカラ座関係の催しやプーリアの催しもあります。
前回は記念切手も発売されましたが、今回はどうでしょうか。

日本におけるイタリア2007・春
http://www.primavera-italiana.net/index.html

アルファロメオ・ジャパンがこの催しについて機関誌を出すとも聞いています。実現するのが楽しみです。
かつて、マエストロ・ムーティとスカラ・フィルの日本ツアーのスポンサーになり、スカラ・フィルについてパンフレットも出しました。

http://www.alfaromeo-jp.com/index.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 15 gennaio 2007

14日のACミランの採点簿

14日のミランの試合(対レッジーナ、3対1)について、採点簿が出ました。
有名なテレビコメンテーター、採点者Paolo Zilianiのブログにマエストロ・ムーティの名前が登場し、拍手!得点者のひとりピルロの項ではなく、別の得点者、かつ、ルイ・コスタ去りし後、背番号10を志願したセードルフに7.5、そして、マエストロの名前が冠せられました!

ニュース検索をしていて、この採点簿を引用する記事にぶつかり、びっくりしました。

この試合のセードルフはヒョウのようで、敏捷で反射神経にすぐれ、輝くものに引き寄せられていき、サン・シーロの目を釘付けにした、90分間、自分が最高の存在であることを見せつけた、ワン・ツー・ゴールでスタンディングオベーションをさらった、絶頂時のルイ・コスタでもこうはいかないだろう...
といったふうに書かれて、マエストロの名前を冠していました。

セードルフは経歴の素晴らしさに見合うだけの最高のクラスを見せて、スタンディングオベーションをさらった、ということで、マエストロの名前を出したのでしょう。

マエストロの指揮は、プロストの走りかなあ、とかつて思ったことがありました。

2007年1月15日 Tiscali Sport
La pagelle di Paolo Ziliani "Pirlo mago del biliardo, Kalac Steve McQueen"

http://www.paoloziliani.it/
Le pagelle di domenica Milan 3-1 Reggina

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 12 gennaio 2007

日本サッカー史の本

待望の改訂版が出ました。

後藤健生
日本サッカー史 日本代表の90年
双葉社 2007年1月9日 2100円

ネルソン吉村、森孝慈、西野朗、木村和司。彼らに憧れ、日本代表がオリンピックそしてW杯に出ることを夢みてきました。
一方で、1978年W杯では当然イタリア・チームに目が行き、セリエAに傾倒していきました。

マエストロ・ムーティがチャーリー・ローズによるインタビューで、当然のことのようにサッカーの話に触れ、比喩として持ち出すのを、とても面白く思いました。身を乗り出すようにし、それまでのニコリともしない表情とはうってかわったような話しぶりでした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

CD | DVD | アイテム | イタリア | インタビュー Interview | インタビュー:歌手など | オフィシャル・ウェッブサイト | スケジュール:今後 | スケジュール:月間 | ディスク・録音・録画・写真 | ニュース:スカラ座再開 | ニュース:プライベート | ニュース:プーリア | ニュース:揺れるスカラ座 | ニュース:演奏家 | 作曲家 | 信条・メッセージ | 写真・映像 | 団体:Berliner Philharmoniker ベルリン・フィル | 団体:Chicago Symphony Orchestra シカゴ響 | 団体:Metropolitan opera メトロポリタン・オペラ | 団体:New York Philharmonic ニューヨーク・フィル | 団体:Orchestra Giovanile Luigi Cherubini ケルビーニ管 | 団体:Philadelphia Orchestra フィラデルフィア管 | 団体:Philharmonia Orchestra フィルハーモニア管 | 団体:Teatro alla Scala スカラ座 | 団体:Teatro del Maggio Musicale Fiorentino フィレンツェ歌劇場 | 団体:Teatro dell'Opera, Roma ローマ歌劇場 | 団体:Teatro di San Carlo, Napoli ナポリ・サン・カルロ歌劇場 | 団体:Teatro La Fenice フェニーチェ座 | 団体:the Mediterranean Musical Academy | 団体:Wiener Philharmoniker ウィーン・フィル | 団体:Wiener Staatsoper ウィーン国立歌劇場 | 団体:その他 | 団体:イスラエル・フィル | 団体:バイエルン放送響 | 団体:パルマ | 団体:フランス国立管 | 団体:上海響 | 学生時代 | 放送・放映 | 文化・芸術 | 文化・芸術:ラクイラ | 文化・芸術:ローマ国際映画祭 | 書籍・雑誌 | 来日公演 | 来日公演30周年:ウィーン・フィル | 来日公演:東京のオペラの森、東京・春・音楽祭 | 来日公演:PMF | 栄誉・褒賞 | 祝福・称賛 | 講演・展示・イベント | 追悼・偲ぶ | 音楽祭 | 音楽祭:ザルツブルク | 音楽祭:ザルツブルク、聖霊降臨祭 | 音楽祭:フィレンツェ五月音楽祭 | 音楽祭:ラベンナ