140 post categorizzati come "栄誉・褒賞"

mercoledì 4 gennaio 2012

WFMT’s 2011 Artist of the Year

シカゴのクラシックFM局がWFMT’s 2011 Artist of the Yearにマエストロ・ムーティを選んでいます。インタビューも聴けるそうです。

2012年1月3日WFMT
WFMT’s 2011 Artist of the Year: Riccardo Muti

http://blogs.wfmt.com/offmic/2012/01/03/wfmts-2011-artist-of-the-year-riccardo-muti/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=wfmts-2011-artist-of-the-year-riccardo-muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 3 gennaio 2012

Umberto Zanotti Bianco

マエストロ・ムーティはUmberto Zanotti Biancoの名前を冠した賞を受賞することになりましたが、受賞を伝える記事はUmberto Zanotti Biancoの経歴について、1889年-1963年の生涯において南イタリアで活動する中、Gaetano Salvemini とも交流のあったらしいことにも触れています。Gaetano Salvemini はマエストロのプーリアの実家と親交のあった社会主義の活動家です。

http://www.newz.it/2011/12/31/pasquale-amato-a-riccardo-muti-il-premio-sud-zanotti-bianco-2012/128540/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 2 gennaio 2012

opera news誌1月号

opera news誌2012年1月号は年末に届きましたが、オンラインでも見られます。

マエストロ・ムーティのthe Birgit Nilsson Prize 賞受賞記事があります。
マエストロはしばしば、自分は古いタイプに属しているけれども、と語り、キャリアを急ぎすぎる若い演奏家に、もっとまじめに勉強すべきだ、とアドバイスしていますが、ここでもそのようにスピーチしています。
"I want to ask the young conductors of today, engaging so early in a professional career — when did you start studying seriously?"

opera news 2012年1月号
Letter from Stockholm
http://www.operanews.com
/Opera_News_Magazine/2012/1/Features/Letter_from_Stockholm.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 13 giugno 2011

ローマ歌劇場首脳がザルツブルクに登場

今日のメッサッジェーロ紙が、マエストロ・ムーティのザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭を聴きにきた、ローマ歌劇場の二人の首脳のコメントを載せています。支配人のCatelloDeMartinoと芸術監督のAlessioVladです。

二人とも、この予定はずいぶん前から決まっていたもので、マエストロにローマ市名誉市民になってもらうよう、使者として来ているわけではない、夏の音楽祭で上演される《マクベス》を、12月の開幕公演でも上演できないか、音楽祭の首脳と相談することに関心がある、ほかには何もない、マエストロがローマ歌劇場と引き続き仕事をする、と明言しているのは報じられているとおりだ、と語っています。

もちろん、マエストロのコメントは何もありません。

昨晩、12日は《I due Figaro》の二日目でしたが、初日同様、聴衆から大きな拍手を受け、カーテンコールが何度も繰り返され、聴衆はまだまだ拍手したりない、と思う中、マエストロが、あのキュートな、バイバイ、という手のジェスチャーをして幕、となりました。

記事は、この後、マエストロの仕事はシカゴ響とローマ歌劇場とで主に続けられるが、主要な国際舞台は、このモーツァルトの地、ザルツブルクだ、と言い切っています。

2011年6月13日Il Messaggero
Muti, continua la mediazione
vertici dell’Opera a Salisburgo

12日は、マドリッド王立歌劇場支配人のモルティエも姿を見せていました。
スペインの明るい雰囲気の漂う美しい舞台と、華やかな音楽(スザンナと伯爵の逢瀬は、ちょっと哀しいのですが)に、きっと満足していることでしょう。

ウィーンのでマエストロの公演でよく顔を合わせる、イタリア人グループやファンの人たちとここでも出くわし、来ているんですね、と会釈をかわしあいましたが、来年またお会いしましょう、というと、どうして?夏は来ないの?と言われてしまいました(この前も、次は1年後、と挨拶したはずですが...)。
彼ら、彼女たちにとっては、ラベンナもザルツブルクもウィーンも、普通に聴きに行ける圏内であり、そのことを本当にうらやましく思いました。
マエストロの指揮姿が見られない淋しさなんて、わかってもらえないだろうなあ、とため息。
いやいや、熱心なファンは日本から年に何度もヨーロッパへ聴きに行っており、わたしなんて、まったく論外、ということでしょう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 12 giugno 2011

ローマ市名誉市民になってほしい、という大合唱

ローマ市の様々な為政者代表から、ローマ市名誉市民になってほしい、というマエストロ・ムーティへの願いの声が報じられています。

Veltroniは市長時代にマエストロをローマ映画祭に招待し、演奏会が開かれることになったときのことを語っています。マエストロは一流の文化的感覚をもち、洗練されていながら、同時に庶民的でもある、と称賛し、ローマ市名誉市民になってほしい、と訴えています。

今日はローマ歌劇場総支配人CatelloDeMartinoがマエストロに翻意を促す任務を帯びて、ローマ側を代表してザルツブルクへ出発します。Alemanno市長はザルツブルクへ行かず、ローマ市にとどまって、成り行きを期待をもって見守るとのこと。

2011年6月12日Il Messaggero
Muti,missioneaSalisburgo Alemannotentadiricucire

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

メルピニャーノ市が名誉市民の申し出

マエストロ・ムーティのローマ市名誉市民の件を残念に思ったメルピニャーノ市が、マエストロに名誉市民の申し出をしています。

誰を名誉市民にするかは、世界におけるイタリアのイメージ高めることになり、どの市にとっても誇れることだ、8月27日のコンサートにマエストロが出演してくれれば、名誉市民になってもらいたい、と同市市長が申し出ています。

タランタの夜で有名な市、と報じられています。

8月27日のコンサートへの出演は、シカゴ響とのツアーのあるマエストロにとって無理なことです。
名誉市民になる、というのはマエストロの側からしても、重要なことで、それにふさわしいゆかりや貢献があったからこそであり、丁重にお断りするのが筋、というもの、でしょうか。

2011年6月11日ANSA
Melpignano offre cittadinanza onoraria a Riccardo Muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 11 giugno 2011

モリコーネの援護

マエストロ・ムーティがローマ市名誉市民を辞退した件について、モリコーネがマエストロを援護しています。

マエストロは音楽にすべてをささげている人間であり、また曖昧さを嫌い、非常にまじめで、とても厳格な規律を内側に持っている人間なので、今回のことは、マエストロのそのキャラクターがとてもよく表れている、しかし、Alemanno市長がマエストロをうまく説得して、ローマ市名誉市民になるよう、願っている、名誉市民になることを可決させなかった今回のようなことが、いったいどういう動機からなされたのか、理解に苦しむ、と語っています。

ほとんどずべての人が、モリコーネの意見に賛同するのではないでしょうか。マエストロは本当に厳しい人で、わたしのような、遠くから仰ぎ見るにすぎない、単なるファンであっても、純粋な気持ちから接しなければ、といつも思わせられ、緊張させられるようなところがあります(イタリア人特有の人懐っこさはあるのですが)。

2011年6月11日Il Messaggero
Morricone: mi auguro sia solo un infortunio

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 10 giugno 2011

ローマ市名誉市民

Corsera紙のサイトがマエストロ・ムーティのローマ名誉市民の件を詳しく報じています。

ローマ大学の件は、わたしも、すぐに思い起こしました。マエストロに対してではなく、元首相への名誉学位について学生が異議申し立てをし、それがマエストロの名誉学位授与記念コンサートを中断させ、名誉学位についてもそのままになったものです。
でも、マエストロはローマ歌劇場に出演し、ヴェルディ記念年の上演もローマ歌劇場を優先するまでになっています。

Alemanno市長は今回のことは明るい方向にとらえていて、マエストロは最終的には名誉市民になるだろう、また、ローマ市の名誉市民を辞退したのであり、ローマ歌劇場との関係はそのままだ、と語っています。

2011年6月10日Corriere della Sera
Riccardo Muti cittadino onorario di Roma Ma lui: «Patetico e desolante, no grazie»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

マエストロの辞退

ローマ市議会がマエストロ・ムーティを名誉市民にすることをあらためて可決する前に、マエストロからAlemanno市長へ、辞退するとの至急のFAXが送られていたことが、今日のメッサッジェーロ紙の第一面に載っています。

ザルツブルクに来ている記者の筆になるもので、マエストロの近くにいるだけに、報道が速いです。

マエストロによれば、本来喜ばしいことであるのに、このようなことな形で馬鹿げた議論の俎上にのることは率直に言って不愉快だ、ローマ歌劇場のためにローマ歌劇場とともに、という活動をゆがめている、無益な議論やありふれた問題についての判断を行っている、と述べています。

マエストロらしい率直さです。本来、議会が論じるべきことは何か、といさめている、ともいえるでしょう。

2011年6月10日Il Messaggero
CittadinodiRoma mettearischiopostidi lavoro Muti:«No,grazie»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ローマ市名誉市民へ

マエストロ・ムーティをローマ市名誉市民にすることが決まりました。
6日の票決時には退場の影響で決定されませんでしたが、今回は3人の退場にとどまりました。

2011年6月9日ANSA
Ok da assemblea capitolina, Muti e' cittadino onorario Roma

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CD | DVD | アイテム | イタリア | インタビュー Interview | インタビュー:歌手など | オフィシャル・ウェッブサイト | スケジュール:今後 | スケジュール:月間 | ディスク・録音・録画・写真 | ニュース:スカラ座再開 | ニュース:プライベート | ニュース:プーリア | ニュース:揺れるスカラ座 | ニュース:演奏家 | 作曲家 | 信条・メッセージ | 写真・映像 | 団体:Berliner Philharmoniker ベルリン・フィル | 団体:Chicago Symphony Orchestra シカゴ響 | 団体:Metropolitan opera メトロポリタン・オペラ | 団体:New York Philharmonic ニューヨーク・フィル | 団体:Orchestra Giovanile Luigi Cherubini ケルビーニ管 | 団体:Philadelphia Orchestra フィラデルフィア管 | 団体:Philharmonia Orchestra フィルハーモニア管 | 団体:Teatro alla Scala スカラ座 | 団体:Teatro del Maggio Musicale Fiorentino フィレンツェ歌劇場 | 団体:Teatro dell'Opera, Roma ローマ歌劇場 | 団体:Teatro di San Carlo, Napoli ナポリ・サン・カルロ歌劇場 | 団体:Teatro La Fenice フェニーチェ座 | 団体:the Mediterranean Musical Academy | 団体:Wiener Philharmoniker ウィーン・フィル | 団体:Wiener Staatsoper ウィーン国立歌劇場 | 団体:その他 | 団体:イスラエル・フィル | 団体:バイエルン放送響 | 団体:パルマ | 団体:フランス国立管 | 団体:上海響 | 学生時代 | 放送・放映 | 文化・芸術 | 文化・芸術:ラクイラ | 文化・芸術:ローマ国際映画祭 | 書籍・雑誌 | 来日公演 | 来日公演30周年:ウィーン・フィル | 来日公演:東京のオペラの森、東京・春・音楽祭 | 来日公演:PMF | 栄誉・褒賞 | 祝福・称賛 | 講演・展示・イベント | 追悼・偲ぶ | 音楽祭 | 音楽祭:ザルツブルク | 音楽祭:ザルツブルク、聖霊降臨祭 | 音楽祭:フィレンツェ五月音楽祭 | 音楽祭:ラベンナ