54 post categorizzati come "文化・芸術"

giovedì 24 marzo 2011

日本に向けたイタリア政府の記者会見

25日12時30分に行われるイタリア政府の記者会見で、日本への連帯を示すイベントが発表されますが、記者会見には、安藤在イタリア日本国大使、そして、マエストロ・ムーティも出席します。

http://www.governo.it/Notizie/Palazzo%20Chigi/dettaglio.asp?d=62919

2011年3月23日AGENPARL
GOVERNO: IL 25/03 EVENTO DI SOLIDARIETA' PER GIAPPONE

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 24 novembre 2010

amazon.it発足

イタリアやフランスの文化に詳しい方の「つぶやき」で教えていただきました。ありがとうございます。

IBSも送料はamazon.itとほぼ同じですが、国際宅配便なので、いつも受取が週末になってしまい、高い送料が無意味になっていました。amazon.itならば郵便になりそうです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 4 novembre 2010

ウィーン関係者、一挙に叙勲

トーマス・アンギャン、ライナー・キュッヒル、イオアン・ホレンダー、オットー・ビーバといったウィーン関係者たちが、一挙に2010年秋の叙勲リストに名を連ねていました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 25 ottobre 2010

楽友協会もfacebookに

9月から楽友協会もfacebookに登録されていました。今日届いた、機関誌12月号で紹介されていました。

マエストロ・ムーティはシカゴ響とのフリーコンサートについて、記載されています。

ただ、楽友協会には当分登場しないようですが。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 12 ottobre 2010

ナポリ宮廷劇場、再公開

修復を終えた、ナポリ宮廷劇場が再公開されることになりました。

マエストロ・ムーティは今月末にナポリを訪れる予定ですが、28日にはこの劇場も訪れます。

12月のマエストロのナポリ登場、どうすれば1週間仕事を休めるのか、クリスマス休暇のない日本が悲しいです。

2010年10月11日Il Mattino
Napoli, riapre il teatrino di corte del Palazzo Reale

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 27 maggio 2010

5月29日のリハーサル会場

マエストロ・ムーティが5月29日に公開リハーサルを行うのは、Teatro Alighieriで18時からです。

travelstop.com
2010年5月26日
Ravenna, 100  buyers to discover the art city

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 26 maggio 2010

5月29日は公開リハーサル

ラベンナで5月28日、29日、30日と、イタリア芸術100都市観光見本市が開かれます。

http://www.100cities.it/

それに参加する形で、マエストロ・ムーティは29日に公開リハーサルを開きます。

2010年5月26日 Romagna Oggi
Turismo, a Ravenna la Borsa delle 100 Città d'Arte

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 27 gennaio 2010

この名前は

マエストロ・ムーティがボラーテの拘置所を訪れるにあたっては、スカラ座の音楽関係者が関わっていた、という記事もありました。

明確に名前を書いている記事をいくつか読み、この名前は!と思い当るところがあり、嬉しくなりました。
マエストロがスカラ座を去った後、マエストロにスカラ座へ戻ってもらおう、という動きがあり、ウィーン・フィルのスカラ座公演の際、わたしも署名をしてきました。

そういう運動のひとつに関わっていたスカラ座合唱団のMarlena Bonezziが、マエストロへ拘置所訪問を依願する手紙にも関係していたのでした。

2010年1月26日 mentelocale.it
Riccardo Muti al carcere di Bollate

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 26 gennaio 2010

Bollateでの感動

マエストロ・ムーティのオフィシャル・ウェッブ・サイトのニュースがかなり更新されました。
また、ロゴもできたようで、先週ぐらいから、アドレスの頭にデザインが入っています。アイテムができたら、ほしいなあああ。

主要な新聞雑誌通信社のニュースしか読んでいないので、未読のニュースもあり、本当にオフィシャルなサイトができてよかった、と思います。

マエストロがBollateの拘置所を訪れた際のニュースには、演奏を聴いた人のコメントも随分ありました。

2010年1月20日LA PREALPINA
Muti commuove i detenuti del carcere di Bollate e promette: tornerò

http://www.riccardomuti.com/Notizie.aspx?idNews=673

夏にまた訪れる、と語ったマエストロのコメント

「ここに来ることは、2000人の聴衆に背中を向けているときだけが自分の仕事ではない、そんな意義を、私の仕事に与えてくれる機会なのです。」

ピアノをかつて勉強したことのある収容者のコメント

「ここ拘置所に入ったことでこんな幸運を得られるなんて、信じられません。」

わたしも、マエストロの存在とその音楽に、生きていく希望、糧をもらっています。
今は自由を奪われている人たちが、マエストロの音楽で希望の光と心の潤いを得られたのだとしたら、ファンとしても、本当に嬉しいです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 20 gennaio 2010

音楽は自由と結びついたもの

マエストロがBollateで演奏することについて、Corsera紙が短く的確に紹介しています。つまり、こんなふうです。

マエストロにとって、音楽は常に自由を象徴する賛歌であり、こういったことから、現在自由を制限され、取り上げられている人に向かって音楽について話すことは、善意から出た素朴な厚意、といったものであるよりも何よりもまず、マエストロの理念の実行であり、また、文化的な行為となるわけです。

2010年1月18日 Corriere della Sera
Il maestro Muti suona il piano e parla con i detenuti

Corsera紙をオンライン購読していますが、サイトがリニューアルされ、パソコンとの相性が悪いのか、うまく開けなくなってしまっています。
マエストロ・ムーティのサイトでニュースが読めるので、助かります。
今週末こそ、時間を見つけて不具合を直さなくては。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CD | DVD | アイテム | イタリア | インタビュー Interview | インタビュー:歌手など | オフィシャル・ウェッブサイト | スケジュール:今後 | スケジュール:月間 | ディスク・録音・録画・写真 | ニュース:スカラ座再開 | ニュース:プライベート | ニュース:プーリア | ニュース:揺れるスカラ座 | ニュース:演奏家 | 作曲家 | 信条・メッセージ | 写真・映像 | 団体:Berliner Philharmoniker ベルリン・フィル | 団体:Chicago Symphony Orchestra シカゴ響 | 団体:Metropolitan opera メトロポリタン・オペラ | 団体:New York Philharmonic ニューヨーク・フィル | 団体:Orchestra Giovanile Luigi Cherubini ケルビーニ管 | 団体:Philadelphia Orchestra フィラデルフィア管 | 団体:Philharmonia Orchestra フィルハーモニア管 | 団体:Teatro alla Scala スカラ座 | 団体:Teatro del Maggio Musicale Fiorentino フィレンツェ歌劇場 | 団体:Teatro dell'Opera, Roma ローマ歌劇場 | 団体:Teatro di San Carlo, Napoli ナポリ・サン・カルロ歌劇場 | 団体:Teatro La Fenice フェニーチェ座 | 団体:the Mediterranean Musical Academy | 団体:Wiener Philharmoniker ウィーン・フィル | 団体:Wiener Staatsoper ウィーン国立歌劇場 | 団体:その他 | 団体:イスラエル・フィル | 団体:バイエルン放送響 | 団体:パルマ | 団体:フランス国立管 | 団体:上海響 | 学生時代 | 放送・放映 | 文化・芸術 | 文化・芸術:ラクイラ | 文化・芸術:ローマ国際映画祭 | 書籍・雑誌 | 来日公演 | 来日公演30周年:ウィーン・フィル | 来日公演:東京のオペラの森、東京・春・音楽祭 | 来日公演:PMF | 栄誉・褒賞 | 祝福・称賛 | 講演・展示・イベント | 追悼・偲ぶ | 音楽祭 | 音楽祭:ザルツブルク | 音楽祭:ザルツブルク、聖霊降臨祭 | 音楽祭:フィレンツェ五月音楽祭 | 音楽祭:ラベンナ