58 post categorizzati come "団体:Teatro di San Carlo, Napoli ナポリ・サン・カルロ歌劇場"

sabato 31 dicembre 2011

ナポリ・サン・カルロ歌劇場2010年公演

ナポリ・サン・カルロ歌劇場の合唱指揮者のサイトに、2010年12月のマエストロ・ムーティとのスターバト・マーテル公演の写真が載っています。

sábado 31 de diciembre de 2011
Foto Stabat mater con il m° Riccardo Muti
http://salvatorecaputonews.blogspot.com/2011/12/foto-stabat-mater-con-il-m-riccardo.html

facebookの書き込みが拒否されたため、ココログに書きました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 16 giugno 2011

響きに不満のデ・シモーネ

ナポリ・サン・カルロ歌劇場でオペラを上演中のデ・シモーネは、改装後の響きに不満を述べています。

舞台の両翼からの響きは不十分で、アンプフィルターやマイクロフォーンで補うことになるだろう、と述べています。

それに対して、支配人Rosanna Purchiaは、これまでに演奏者からの不満の声は耳にしていない、と述べ、ザルツブルクのいるマエストロ・ムーティも、改装により、響きが改善されたことは確認済み、と述べています。

2011年6月17日Il Mattino
Teatro San Carlo, scintille tra De Simone e Muti sull'acustica

| | Commenti (0)

lunedì 2 maggio 2011

ナポリ、サン・カルロ歌劇場新シーズン詳細

マエストロ・ムーティのヴェルディ レクイエムのソリストも一部、発表になっています。

Sabato 17 dicembre 2011, ore 20.30 (turno S)
Domenica 18 dicembre 2011, ore 18.00 (turno P)
Martedì 20 dicembre 2011, ore 20.30 (fuori abbonamento)
Mercoledì 21 dicembre 2011, ore 20.30 (fuori abbonamento)

Teatro di San Carlo
direttore Riccardo Muti
maestro del Coro Salvatore Caputo
soprano Krassimira Stoyanova
mezzosoprano Sonia Ganassi
tenore Matthew Polenzani
basso Riccardo Zanellato
Orchestra e Coro Teatro di San Carlo
Programma
Giuseppe Verdi
Messa da Requiem

http://www.teatrosancarlo.it/it/materiale201112/49-sinfonica/657-requiem.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ナポリでヴェル・レク

マエストロ・ムーティのナポリ、サン・カルロ歌劇場公演は次のとおりです。

同歌劇場の合唱指揮者のサイトに載っています。

2011年12月17日18日20日21日
ヴェルディ レクイエム

2011年5月2日salvatorecaputonews
Annunciata la stagione Teatro San Carlo-impegni del coro
STAGIONE 2011-12-CORO STABILE TEATRO SAN CARLO NAPOLI

なお、プロジェット・ナポリが2012年6月26日から7月5日に開催されますが、詳細は未定です。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

サン・カルロ歌劇場新シーズン

ナポリのサン・カルロ歌劇場の新シーズンが今日、発表になるそうです。
facebookの同歌劇場のページには、記者会見がある、と書かれています。

マエストロ・ムーティはイタリア統一150周年記念をしめくくる公演に登場します。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 13 marzo 2011

ナポリでの公演

マエストロ・ムーティが今年12月、ナポリ・サン・カルロ歌劇場でヴェルディ レクイエムを上演する予定、と同歌劇場総裁は実現の期待をこめて発言していたのは、ここでも紹介しましたが、マエストロの言葉でも語られました。
前回、サン・カルロ歌劇場と共演したとき、非常にいい仕事ができたことが、この作品を選ぶ動機になった、とのこと。

また、来夏はじめ、オペラの上演も考えていることも、マエストロは話しています。

2011年3月11日Il mattino
Muti: un’opera al San Carlo dopo la festa tricolore

昨日は、刻々と入ってくる東日本大震災の情報に胸のつまる想いと卒倒しそうな気持ちになりながら、業務上の東北の状況と、個人的な知り合いの様子の把握に、忙殺されました。
被害に遭われた方々のことはいつも心にあります。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 25 dicembre 2010

サインの列に400人

マエストロ・ムーティのナポリ・サン・カルロ歌劇場最終公演の23日は、20分間のカーテンコールで終わり、その後、ロビーで行われたサイン会には、400人が列をつくったとのこと。
記事には、サインをしているマエストロの写真が大きく載っています。

マエストロは2011年と2012年の12月にも同歌劇場に戻ってきます。
また、カンパーニア州のこの歌劇場での5年間の企画の中に、マエストロによるヴェルディ(2013年は生誕記念年) のオペラ、ナポリ派音楽の作品の上演が含まれているそうです。実現すると素晴らしいのですが。

2010年12月24日Il Mattino
Muti:Grazie Napoli, tornero' presto.

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 23 dicembre 2010

アンコールはなし

21日のナポリ・サン・カルロ歌劇場公演では、10分間の拍手喝采にもかかわらず、マエストロ・ムーティはアンコールを演奏せず、聴衆を落胆させたのではないか、と報じられています。マエストロは、《スターバト・マーテル》のアンコールとは、アーメンにどんなアンコールができたというのか、とのジョークっぽい答えをしています。

2010年12月23日Il Gazzetta del Sud
Muti: la cultura non è lusso, ma fatto fondante

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ロビーでのクリスマス祝賀

マエストロ・ムーティの21日のサン・カルロ歌劇場公演の成功を、22日のナポリの新聞が写真とともに報じています。

21日のゲネ・プロの後、劇場ロビーでクリスマス・パーティがあり、そこでグラスを手にしているマエストロの写真が載っています。

隣にいるのが、ロベルト・デ・シモーネ。リハーサルの後、マエストロと話をしたとのことですが、記事には、マエストロの《未完成》交響曲は、1950年代にこの劇場で聴いたミトロプーロスの演奏を想いださせた、それくらい、心をとらわれ、幻想的な演奏だった、というコメントが載っています。また、デ・シモーネによれば、オーケストラと合唱団の目をみはるような演奏振りは、劇場改修による音響の向上とマエストロの力量の成果、とほめています。

2010年12月22日 Il Mattino
Muti esalta al San Carlo per la cultura partenopea

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 22 dicembre 2010

オーケストラと合唱団の熱い想い

マエストロ・ムーティは、悪天候のため、当初の予定より1日ナポリ入りが遅れたそうですが、リハーサルは順調のようです。

ナポリ・サン・カルロ歌劇場のオーケストラと合唱団は、マエストロの多忙さはわかっていても、これからも何とかして一緒に仕事をしていきたい、という強い想いを抱いたことが、メンバー達へのインタビューから伝わってきます。

マエストロへの感謝の気持ちと、これからも導いてほしい、一緒に仕事をしてほしい、という強い願いを伝えようと、彼らは、クリスマス・カードを書いたとのこと。

なお、ガナッシはインフルエンザになり、一昨日の晩、代役Marianna Pizzolatoが到着したそうです。

2010年12月21日Il Mattino
Tra Muti e il San Carlo un patto per futuro

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CD | DVD | アイテム | イタリア | インタビュー Interview | インタビュー:歌手など | オフィシャル・ウェッブサイト | スケジュール:今後 | スケジュール:月間 | ディスク・録音・録画・写真 | ニュース:スカラ座再開 | ニュース:プライベート | ニュース:プーリア | ニュース:揺れるスカラ座 | ニュース:演奏家 | 作曲家 | 信条・メッセージ | 写真・映像 | 団体:Berliner Philharmoniker ベルリン・フィル | 団体:Chicago Symphony Orchestra シカゴ響 | 団体:Metropolitan opera メトロポリタン・オペラ | 団体:New York Philharmonic ニューヨーク・フィル | 団体:Orchestra Giovanile Luigi Cherubini ケルビーニ管 | 団体:Philadelphia Orchestra フィラデルフィア管 | 団体:Philharmonia Orchestra フィルハーモニア管 | 団体:Teatro alla Scala スカラ座 | 団体:Teatro del Maggio Musicale Fiorentino フィレンツェ歌劇場 | 団体:Teatro dell'Opera, Roma ローマ歌劇場 | 団体:Teatro di San Carlo, Napoli ナポリ・サン・カルロ歌劇場 | 団体:Teatro La Fenice フェニーチェ座 | 団体:the Mediterranean Musical Academy | 団体:Wiener Philharmoniker ウィーン・フィル | 団体:Wiener Staatsoper ウィーン国立歌劇場 | 団体:その他 | 団体:イスラエル・フィル | 団体:バイエルン放送響 | 団体:パルマ | 団体:フランス国立管 | 団体:上海響 | 学生時代 | 放送・放映 | 文化・芸術 | 文化・芸術:ラクイラ | 文化・芸術:ローマ国際映画祭 | 書籍・雑誌 | 来日公演 | 来日公演30周年:ウィーン・フィル | 来日公演:東京のオペラの森、東京・春・音楽祭 | 来日公演:PMF | 栄誉・褒賞 | 祝福・称賛 | 講演・展示・イベント | 追悼・偲ぶ | 音楽祭 | 音楽祭:ザルツブルク | 音楽祭:ザルツブルク、聖霊降臨祭 | 音楽祭:フィレンツェ五月音楽祭 | 音楽祭:ラベンナ