« カラビニエリからの名誉 | Principale | イスラエル・フィル75周年の本 »

mercoledì 23 novembre 2016

80歳のソプラノ

トリノの80歳のソプラノ”歌手”Fausta Truffaが、マエストロ・ムーティとシカゴ響のスイスの代理人から、シカゴで歌うよう招聘を受けたけれども、非常に内気で、USAへ行くのには乗り物が速すぎる、ということで断ったエピソードが記事になっています。

ヴェルディの《運命の力》からレオノーラのアリアLa Vergine degli angeli を歌っていて、Web上、非常に話題になっているそうですが...(あのLebrechtが注目したくらいなので)。

2016年11月22日la stampa
La pensionata star del web che Muti voleva a Chicago

http://www.lastampa.it/2016/11/22/cronaca/la-pensionata-star-del-web-che-muti-voleva-a-chicago-wFYWzhCjhKb9Jgah6gqKwJ/pagina.html

|

« カラビニエリからの名誉 | Principale | イスラエル・フィル75周年の本 »