« シャンハイ公演の様子 | Principale | 朝日新聞の評 »

domenica 24 gennaio 2016

いただいたサイン

マエストロ・ムーティに今回の来日公演でサインしていただいたのは、フィレンツェ歌劇場とフィラ管のもので、シカゴ響来日公演プログラムにサインをしていただかなかったのを、少し悔いています。

フィレンツェ歌劇場のは、ケルビーニ管との2014年フィレンツェ公演の際のプログラムブックで、マエストロの過去の同歌劇場での公演がすべて掲載されています。
フィレンツェ歌劇場とのロッシーニ《スターバト・マーテル》のLPが出た際に、それを手にして、当時のフィレンツェ市長と一緒に収まっている写真に、サインをいただきました。

フィラ管のは、サインをいただく前に、シカゴ響のものではなくフィラ管のものであることを謝りました。本の表紙を見て、ああ、これ、という表情をなさっていたので、大丈夫だっだようです。
12月に出た、フィラ管とのつながりの強いBernard Jacobsonの本で、マエストロがフィラ管と《ナブッコ》を演奏するにあたって、Jacobson、フィリップ・ゴセットとともにシンポジウムに出席している際の、美しい(としか形容のしようがない)横顔の写真のページにいただきました。

今年は4回来日があるかな、と密かに願っているのですが...。悩みは、日伊記念公演で両国歌演奏があったら...です。

|

« シャンハイ公演の様子 | Principale | 朝日新聞の評 »