« ペキン公演はアンコールあり | Principale | 10月のウィーン »

mercoledì 27 gennaio 2016

中国公演評

マエストロ・ムーティとシカゴ響のペキン公演の新聞記事が出ています。

マエストロがシカゴ響にもたらしたのは何か?自分の音楽家としての長い経験、イタリア文化、そして、同響の125年の歴史が何か新しいものを創りだしている、と語っています。

自分がもちこんだのはイタリアの音。メロディー面に特別なアクセントをおいたヨーロッパの音であり、それは、音色に非常に大きな配慮を払うものだ、と話しています。

2016年1月27日China Daily
A very European sound

http://www.chinadaily.com.cn/culture/2016-01/27/content_23268455.htm?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

|

« ペキン公演はアンコールあり | Principale | 10月のウィーン »