« ヘミングウェイとイタリア | Principale | メトからの招聘 »

sabato 21 marzo 2015

丸山眞男

丸山眞男と吉田秀和さんの対談をあらためて興味深く読みました。トスカニーニについての言い方はまるでマエストロ・ムーティのことかのよう...。丸山眞男がマエストロを聴いたら、どのように感じたでしょうか。
ハーバート・ノーマンに敬意を抱いていたので、丸山眞男は避けて通れない思想家ですが、クラシック音楽についても興味深い本がたくさん出されています。

丸山眞男座談セレクション(上)
芸術と生活 
丸山眞男 吉田秀和
岩波現代文庫 2014年11月
1360円

|

« ヘミングウェイとイタリア | Principale | メトからの招聘 »