« dicembre 2014 | Principale | febbraio 2015 »

25 post da gennaio 2015

giovedì 29 gennaio 2015

カーネギーホール新シーズン

カーネギーホール新シーズンが発表になりました。

マエストロ・ムーティ、シカゴ響の登場はありません。ウィーン・フィルはゲルギエフ指揮です。

http://www.carnegiehall.org/default.aspx

|

mercoledì 28 gennaio 2015

キューバでも演奏すべき

マエストロ・ムーティがインタビューで、今USAとキューバのこの状況の中で、いちばんにすべきことは、シカゴ響がキューバで演奏することだ、と答えています。フィラ管がオーマンディの指揮のもと、中国で演奏したことに触れています。文化で先鞭をつける、文化がさきがけとなる、ということでしょう。

また、シカゴ響新シーズンのプログラムが、同響125周年を重んじたものになったのはマエストロのアイデアだそうです。過去にシカゴ響がUSAにはじめて紹介し、初演した作品をプログラムに並べたとのこと。

また、現代曲も大切だけれども、今の自分には、このオーケストラと古典的作品を演奏することのほうが重要だ、と語っています。古典的作品はオーケストラの実力を高めるのに役立つ、モーツァルトを弾ければ、現代曲もうまく演奏できる、とのこと。

また、ウィーン・フィルやベルリン・フィルと同じレベルにあるシカゴ響の演奏をもっともっと世界に発信し続けたい、と語るマエストロです。

2015年1月27日chicago tribune

Riccardo Muti: The CSO should perform in Cuba

2015年1月27日musicalamerica.com
CSO in 2015-16 Focuses on Premieres –- of the Past

|

martedì 27 gennaio 2015

2016年1月来日

シカゴ響の新シーズンのマエストロ・ムーティとのツアーは、10月にUSA(1週間)、そして、2016年1月に極東で(3週間、9公演)、東京も含まれています。

USAの訪問都市は、Kansas City, Mo., Ann Arbor, Mich.,  Chapel Hill, N.C(初)。

極東の訪問都市は、Taipei、Tokyo、Beijing、Shanghai 、Seoul。

極東ツアーのプログラムは二つで、ひとつは、ベートーベンの5番とマーラーの1番、もうひとつは、プロコフィエフの古典交響曲とヒンデミットの管弦楽曲、チャイコフスキーの4番。

one pairing Beethoven’s Fifth Symphony and Mahler’s First Symphony, and one with Prokofiev’s Classical Symphony, Hindemith’s Concert Music for Strings and Brass and Tchaikovsky’s Symphony No. 4.

2015年1月26日chicago sun-times
Chicago Symphony Orchestra announces its 125th performance season

http://entertainment.suntimes.com/music/chicago-symphony-orchestra-announces-125th-season/

January 26, 2015
CHICAGO SYMPHONY ORCHESTRA ASSOCIATION ANNOUNCES PROGRAMMING FOR ITS 125TH ANNIVERSARY SEASON—2015/16

http://cso.org/

|

lunedì 26 gennaio 2015

シカゴ響新シーズン概要 2016年6月

6月16日20時、6月17日13時30分、6月18日20時、6月21日19時30分

Beethoven Violin Concerto (Julia Fischer )                           


  • Brahms
    Serenade No. 1
  • 6月23日20時、6月25日20時、6月26日15時

    Bruckner Symphony No. 9                              

  • Bruckner Te Deum
  • |

    シカゴ響新シーズン概要 2016年4月

    4月7日20時、4月8日20時、4月9日20時

    Berlioz Romeo and Juliet (Ekaterina Gubanova, Paul Groves and Dmitry Belosselskiy)

    4月14日20時、15日20時、16日20時、22日13時30分、24日15時

    Tchaikovsky The Tempest                            

  • Tchaikovsky Romeo and Juliet                            

  • Mahler
    Symphony No. 4 ( Rosa Feola)
  • 4月21日20時、23日20時、26日19時30分

    Verdi Falstaff                                  

    EleonoraBuratto                                                                                                     
                                        soprano (Alice Ford)                                 
                                                                      
    Luca Salsi                                                                    
                                     
                                        baritone (Ford)                                 
                                                                      
    Rosa Feola                                                                     
                                     
                                        soprano (Nannetta)                                 
                                                                     
    Saimir Pirgu                                                                    
                                     
                                        tenor (Fenton)                                 
                                                                      
    Daniela Barcellona                                                                      
                                     
                                        mezzo-soprano (Mistress Quickly)                                 
                                                                      
    Laura Polverelli                                                                     
                                     
                                        mezzo-soprano (Meg Page)                                 
                                                                      
    Anicio Zorzi Giustiniani                                                                     
                                     
                                        tenor (Bardolfo)                                 
                                                                      
    Luca Dall'Amico                                                                     
                                     
                                        bass (Pistola)                                 
                                                                    
    Saverio Fiore                                                                     
                                     
                                        tenor (Dr. Cajus)

    |

    シカゴ響新シーズン概要 2016年2月

    2月11日20時、2月12日20時、2月13日20時、2月16日19時30分

    Ligeti Ramifications                            

  • Mozart Clarinet Concerto (Stephen Williamson )                           

  • Ogonek
    New Work [World Premiere, CSO Commission]                            

  • Tchaikovsky
    Serenade for String Orchestra
  • 2月18日20時、2月19日13時30分、2月20日20時

    Respighi Fountains of Rome                            

  • Respighi Concerto Gregoriano ( Robert Chen )                        

  • Casella
    Symphony No. 3
  • |

    シカゴ響新シーズン概要 12月

    12月3日20時、12月4日13時30分、12月5日20時

    Prokofiev Symphony No. 1 (Classical)                            

  • Scriabin Prometheus                            

  • Beethoven
    Coriolan Overture                            

  • Beethoven
    Symphony No. 8
  • 12月のここにマエストロ・ムーティが登場するのは、前後に何か予定があるのでしょうか。

    |

    シカゴ響新シーズンの概要 10月

    10月1日20時、10月2日20時、10月3日20時

    Beethoven
    Leonore Overture No. 3                            

  • Mozart Piano Concerto No. 20 ( Leif Ove Andsnes )                      

  • Hindemith
    Concert Music for Brass and String Orchestra                            

  • Prokofiev
    Scythian Suite
  • Continua a leggere "シカゴ響新シーズンの概要 10月"

    |

    シカゴ響新シーズンの概要 9月

    9月17日20時

    Liszt From the Cradle to the Grave                            

    Mozart Symphony No. 40                            

    Beethoven Symphony No. 5

    9月18日18時30分 シカゴ響125周年記念フリーコンサート

    Beethoven Leonore Overture No. 3                            

  • Mahler Symphony No. 1
  • 9月19日19時
  • Corigliano Campane di Ravello                            

  • Elgar In the South                            

  • Mussorgsky, orch. Ravel
    Pictures from an Exhibition
  • 9月24日20時、9月25日20時、9月26日20時、9月29日19時30分

    Chabrier España                            

  • Ginastera Harp Concerto
    ( Xavier de Maistre )                           

  • Charpentier
    Impressions of Italy                            

  • Ravel
    Boléro
  • |

    CSO新シーズン

    CSOの新シーズンがカレンダーに掲載されていました。

    マエストロ・ムーティはマーラーの4番を来年4月に演奏し、また同じく4月に《ファルスタッフ》を演奏します。そして、6月には、ブルックナーの9番を演奏します。

    |

    venerdì 23 gennaio 2015

    リヒテル特集

    モストリークラシック誌最新号のリヒテル特集に、ミレーナさんのインタビューが載っています。

    モストリークラシック誌2015年3月号
    リヒテルの素顔を語る
    ミレーナ・ボローメオ

    |

    giovedì 22 gennaio 2015

    22歳のバスーン奏者

    シカゴ響の首席バスーン奏者に22歳のKeith Buncke(アトランタ響)の就任が決まったそうです。

    IAA Alumnus named principal bassoon of Chicago Symphony

    http://interlochenpublicradio.org/post/iaa-alumnus-named-principal-bassoon-chicago-symphony

    |

    mercoledì 21 gennaio 2015

    カーネギーホールについて語る

    マエストロ・ムーティとシカゴ響は1月末にカーネギーホールで演奏しますが、マエストロが同ホールについて語っています。

    マエストロは1975年にはじめて同ホールで演奏したときのことを忘れられないとのことで(フィラ管)、音がほころんで開花してゆくかのような雰囲気に感銘を受けたようです。

    また、フィルハーモニア管との最後の同ホール公演では、いくつかの楽器の到着が遅れたけれども、新音楽監督となるフィラ管が楽器を届けてくれて、感動した、とのこと。

    また、NYタイムズ紙はマエストロのカーネギーホール公演については好意的な評を載せてくれて、辛口の批評家ショーンバーグの評のタイトルはMaster of the batonとあり、誇りに思った、などとも語っています。

    2015年1月20日playbillarts
    An Exceptional Partnership: Riccardo Muti and the Chicago Symphony Orchestra

    http://www.playbillarts.com/features/article/8849.html

    |

    インタビューを聞く

    19日に放送されたマエストロ・ムーティのインタビューが聞けます。

    チャイコフスキーの交響曲は古典派だからロマン派風の演奏はしないように、と語っています。実際の演奏には結構、見得をきっているように感じられるところがあったりするのですが、確かに、均整のとれた演奏です。

    twitterでマエストロの腕時計に触れている人がいました。マエストロが腕時計にとてもとてもこだわる人であるのはく知られていることだと思っていたのですが...。

    http://blogs.wfmt.com/andrewpatner/

    Riccardo Muti

    |

    lunedì 19 gennaio 2015

    バーリも登場

    バーリやナポリも紹介されています。

    ぐるっとイタリア4000キロ!
    野村佑香
    イースト・プレス 2015年1月
    2300円

    |

    木之下晃さん亡くなる

    木之下晃さんが12日、亡くなりました。78歳。
    マエストロ・ムーティの素晴らしい写真を何枚も撮っていました。心からご冥福をお祈りいたします。

    2015年1月19日朝日
    音楽写真家の木之下晃さん死去

    http://www.asahi.com/articles/ASH1F01SFH1DULZU00B.html

    |

    sabato 17 gennaio 2015

    19日はインタビューを放送

    マエストロ・ムーティとシカゴ響の15日の公演評が出始めていますが、19日には恒例のマエストロへのインタビューがあります。

    http://blogs.wfmt.com/andrewpatner/

    Monday, January 19, 2015 at 10:00 pm - Riccardo Muti
    Mutiarms

    Andrew speaks with Chicago Symphony Orchestra Music Director Riccardo Muti.

    |

    martedì 13 gennaio 2015

    チェスキーナ洋子さん亡くなる

    マエストロ・ムーティ夫妻とも親交のあったチェスキーナ洋子さんが10日に亡くなりました。82歳でした。

    心からご冥福をお祈りいたします。

    2015年1月12日共同
    C・永江洋子さん死去 イタリア在住の音楽家支援者

    http://www.sanspo.com/geino/news/20150112/sot15011220130008-n1.html

    2015年1月12日la nuova di venezia
    Addio a Yoko Ceschina, la milionaria mecenate

    http://nuovavenezia.gelocal.it/venezia/cronaca/2015/01/12/news/addio-a-yoko-ceschina-la-milionaria-mecenate-1.10654357

    兼高かおるさんの番組にマエストロ一家と出演した映像、再放映される機会があるといいのですが。

    ここ数年、つらいニュースがどんどん増えてゆく...

    |

    domenica 11 gennaio 2015

    マエストロの判断

    シカゴ響会長に1月12日から就任するJeff Alexander についてマエストロ・ムーティがどう判断したかの記事は、何度読んでもすごいと思います。

    指揮者からみたオーケストラ運営サイドのトップは、ひとつのオケでは成功しても、別のオケでは失敗することもありうるので、彼が、前のオケでどのような業績をあげたかは、材料にならない、直接彼にあって、目を見ながら話して判断した、と語っています。シカゴ響の演奏を聴いた後の彼のコメントが思慮深いものだったこともポイントになっています。

    また、フレンチ・ホルン奏者であり、ピアニストを伴侶としていることも判断材料になる、我々は同じ音楽家同士、同じ言葉で話していることになるし、彼には音楽家の問題も理解できるということになる、と肯定的です。

    相手の目を見てその話している内容を吟味して判断する、というのはすごい。本物か偽者か、見抜ける、ということです。そういうマエストロに軽蔑されないように、いつまでも誠実で真摯なファンでい続けたい、とあらためて思いました。

    2015年1月9日chicago tribune

    Incoming CSO head is quiet, but will be heard

    |

    venerdì 9 gennaio 2015

    シカゴ響のプログラム企画部門の責任者

    シカゴ響のプログラム企画部門の副責任者the CSO’s vice president of artistic planningは空席になっていましたが、決定されました。フランス国立管の芸術監督であるイタリア人Cristina Rocca が3月16日から就任するそうです。

    マエストロ・ムーティがコメントを出していて、彼女のことを以前からよく知っている、この分野のすぐれた専門家であり豊かな経験を持っている、と信頼を寄せています。

    次は、オーケストラの首席奏者の決定でしょうか。

    2015年1月8日chicago tribune

    Cristina Rocca named CSO's VP of artistic planning

    |

    mercoledì 7 gennaio 2015

    Eleonora Burattoのfacebook

    遅まきながら、Eleonora Buratto のfacebookに気づきました。

    ローマ歌劇場来日公演でマエストロ・ムーティが楽屋で指導している写真や、打ち上げで歓談している写真、マエストロの熱烈ファン(とうとう、東京にまでいらしてしまいました)と一緒に写っている写真など、興味深い内容です。

    ザルツブルクではじめて彼女を聴き、感銘を受けたのですが、《フィガロの結婚》延期は残念ですが、《ファルスタッフ》は楽しみです。

    https://www.facebook.com/eleonoraburattosoprano

    |

    lunedì 5 gennaio 2015

    l'Associazione Internazionale Pugliesi nel Mondo

    マエストロ・ムーティは昨年12月のケルビーニ管とのツアー中に、世界で活躍するプーリア出身者への賞の受賞式に出席するはずのところを欠席しましたが、同賞のサイトにマエストロが別の機会に受賞している写真が載っています。12月20日にアップされています。

    近寄りがたい...

    l'Associazione Internazionale Pugliesi nel Mondo

    premio internazionale 2014
    http://www.puglianelmondo.com/index.aspx?idpagina=photogallery&idmenusuperiore=21&lang=ITA

    |

    domenica 4 gennaio 2015

    指揮者に必要なこと

    4日のla Repubblica紙のインタビューでマエストロ・ムーティは指揮者についていろいろ語っていますが、同紙がそれを五つに面白くまとめています。

    右手はリズムを刻む、ピアノを弾けることはスコアの勉強に役立つし、歌手とのリハーサルにも役に立つ、作曲の勉強は必須で、和声・対位法・管弦楽法について知っておくこと、文化(人文科学)的素養があること、カリスマ性、の5点を挙げています。

    カリスマ性とは何かと問われて、マエストロは、わからない、指揮台の指揮者を見てオーケストラのほうでその有無を見る、と答えています。性格や知識、技術が混ぜ合わさったもので、備えていない者が見せようとすれば、オーケストラから反発をくらう、と語っています。

    Credo sia un misto di temperamento,
    sapienza, tecnica. Se non ce l’hai e ti
    sforzi di esibirlo, ti fai nemica l’orchestra

    5regole del podio

    1. I movimenti gestuali

    2. Il pianoforte

    3. La composizione

    4. Gli studi umanisti

    5. Il carisma

    2015年1月4日la repubblica
    a scuola da Muti

    |

    Andris Nelsons をほめる

    4日のla Repubblica紙が、ラベンナでオペラアカデミーを開催するマエストロ・ムーティのインタビューを、見開き2ページで載せています。

    若い指揮者についてたずねられ、Andris Nelsons が素晴らしいように思える、と語っています。

    2015年1月4日la repubblica
    a scuola da Muti

    |

    giovedì 1 gennaio 2015

    a Happy New Year!

    Auguro a lei un felice 2015, Maestro Muti !!

    |

    « dicembre 2014 | Principale | febbraio 2015 »