« novembre 2013 | Principale | gennaio 2014 »

53 post da dicembre 2013

martedì 31 dicembre 2013

Hellsberg楽団長の見解

ウィーン・フィルのニューイヤーズコンサートのリハーサル写真が同オケのfacebookに載っていて、興味深く眺めました。

Hellsberg楽団長は左手を痛めて、写真には姿がありません。和樹・ヘーデンボルグさんの姿は見えます。

スタンダード紙で楽団長はニューイヤーズコンサートの指揮者について、ウィーン・フィルの定期公演出演を通じた長いつきあいを挙げています。メータ52年、マゼール51年、プレートル50年、マエストロ・ムーティ42年。
また、その指揮者のシューベルトの演奏がキーになるとも語っています。シュトラウス父は1804年生まれ、Lanner は1801生まれで、シューベルトと同時代だから、と。

マエストロ・ムーティは、ウィーン・フィルとのシューベルト交響曲の演奏(全集を録音)が同オケに評価され、ニューイヤーズコンサートの指揮者として選ばれることにつながった、とよく語っていますが、楽団長の言葉と符合するところがあります。

楽団長は、今後、新しい名前がニューイヤーズコンサートの指揮者にあがってくるだろうけれども、たとえば、ドゥダメルについては、まだ、見極めなくてはならないものがある、とも語っています。

2013年12月30日der Standard
Und ewig lockt der Walzertrubel

|

lunedì 30 dicembre 2013

フェデリコ二世は指揮者型

塩野七生さんの新刊《皇帝フリードリッヒ二世の生涯》に、フェデリコ二世はソリスト型ではなく、オーケストラ指揮者型(いちどきにいろいろなことを成し遂げる)、という記述があります。

マエストロ・ムーティがフェデリコ二世を深く敬愛するのは、ひとつには、宗教・人種にこだわることなく、融和をはかったことにあるようなのですが。

|

スカラ座のメンバーの想い

スカラ座の新首脳たちはマエストロ・ムーティ復帰への切望を述べました。

スカラ座のメンバーたちはどうなのか、という記事がIl Giorno紙に載っています。

労組の長は、新首脳たちの想いを好意的に受けとめています。また、芸術委員会のメンバーは、すぐに、とはいえないだろう、過去に強烈なキャラクターと衝突があったことは否定しえないだろう、だが、今は新たなページをめくるときだ、30年間遠ざかるようなことは終わらせるべきだ、マエストロ・アッバードは復帰に26年かかった、マエストロ・ムーティについてはもっと短い期間にとどまるのではないか、と語っています。

2013年12月30日Il Giorno
Muti di nuovo alla Scala. Gli orchestrali approvano: "Così voltiamo pagina"

|

シカゴのクラシック演奏、ベスト10

Chicago Sun-Times紙も、シカゴにおけるクラシック演奏ベスト10を選んでいます。

マエストロ・ムーティとシカゴ響の6月、9月、10月の演奏がそのひとつに選ばれています。《聖歌四編》、《マクベス》、レクイエムというヴェルディの演奏とCiceroへアウトリーチで訪れたことの4件です。

2. Riccardo Muti and the Chicago Symphony Orchestra and Chorus (Orchestra Hall, June, September, October)

2013年12月29日Chicago Sun-Times
Chicago’s best classical music/opera moments of 2013

http://www.suntimes.com/entertainment/24315831-421/chicagos-best-classical-musicopera-moments-of-2013.html

 

|

sabato 28 dicembre 2013

UKでも報じられたローマ歌劇場財政危機

UKの新聞もローマ歌劇場の財政危機を報じています。

マエストロ・ムーティ指揮《エルナーニ》によるシーズン開幕公演におけるストは、かろうじて回避されたけれども、国・市の側は緊急財政援助を拒んでいて、巨額の赤字がもたらす困難な状況は変わっていない、新総裁は個人的な寄付による援助を考えるよう、理事会に求めた、などと書かれています。

スカラ座の次期総裁も、世界中から資金を募る、と語っていました。イタリアの歌劇場を国家や地方公共団体の予算だけで運営してゆくことは、もはやむつかしく、USAのように個人の寄付をもっと求めてゆく必要がある、ということでしょうか。マエストロのスカラ座時代にも寄付をしていたオペラ愛好家ヴィラーのことが想起されます(現在、収監中)。

2013年12月27日The Telegraph

Rome's most famous opera house under threat

|

giovedì 26 dicembre 2013

エル・グレコ没後400年記念行事

エル・グレコ没後400年記念行事の一環として、マエストロ・ムーティは2014年4月12日にトレドの大聖堂で、テアトロ・レアルのオーケストラ・合唱団を指揮して、ヴェルディ レクイエムを演奏します。

programa oficial

http://elgreco2014.com/index.html

|

martedì 24 dicembre 2013

シカゴでの2013年公演トップ10

シカゴのオンライン音楽サイトが、シカゴでの2013年公演のトップ10を選んでいて、マエストロ・ムーティとシカゴ響の《マクベス》公演、同じくヴェルディ レクイエム公演の2件が挙げられています。

1. Riccardo Muti and the Chicago Symphony Orchestra: Verdi’s Macbeth

8. Riccardo Muti and the Chicago Symphony Orchestra: Verdi’s Requiem

2013年12月23日Chicago classical review
The Top 10 Performances of 2013

http://chicagoclassicalreview.com/2013/12/the-top-10-performances-of-2013/

|

Season's Greetings!

Buon Natale, Maestro Muti!

|

lunedì 23 dicembre 2013

kurier紙による2013年のクラシック界チャンピオンズリーグ

kurier紙がクラシック界のチャンピオンズリーグを開催していて、指揮者はティーレマンがチャンピオンに選ばれています。

マエストロ・ムーティはヴェルディ記念年ということで、世界的に理想的なヴェルディ指揮者として第3位に選ばれています。

2013年12月22日kurier

Die klassische Champions League

http://kurier.at/kultur/musik/die-klassische-champions-league/42.056.231/slideshow#42056231,42056675

|

シカゴの音楽誌評者も選んだヴェル・レク

シカゴのオンライン音楽誌評者も、マエストロ・ムーティとシカゴ響のヴェルディ レクイエム公演を、2013年のトップ5公演のひとつに選んでいます。

2013年12月19日New city music
Newcity’s Top 5 of Everything 2013: Music

Top 5 Classical Concerts of 2013

http://music.newcity.com/2013/12/19/newcitys-top-5-of-everything-2013-music/

|

パノラマ誌評者による2013年十大できごと

イタリア関連に偏っているようですが、パノラマ誌の評者が2013年クラシック界の十大できごとを選んでいて、マエストロ・ムーティに関しては2件、含まれています。

ひとつは、ザルツブルク音楽祭で8月に、マエストロ・ムーティとローマ歌劇場の《ナブッコ》公演がスタンディングオベーションを受けたこと。

もうひとつは、10月のヴェルディ生誕200周年記念日に、シカゴ響とマエストロがレクイエムを世界に向けて演奏、配信したこと。

2013年12月22日Panorama
Musica classica: i 10 migliori eventi del 2013

http://cultura.panorama.it/musica/musica-classica-10-eventi-migliori-2013

|

domenica 22 dicembre 2013

過去のウィーン・フィルとの演奏の放送

マエストロ・ムーティとウィーン・フィルの過去の演奏が1月15日、インターネットで放送されます。

2000年4月2日のプロコフィエフ交1です。

Philharmonisches in Ö1
Mittwoch 15. Jänner 2014 19:30

Sergej Prokofjew: Symphonie Nr. 1 D-Dur op. 25, "Symphonie classique"
(Dirigent: Riccardo Muti; aufgenommen am 2. April 2000 im Großen Musikvereinsaal Wien)

http://oe1.orf.at/programm/360788

|

ローマ歌劇場新総裁

ローマ歌劇場の新総裁が発表になりました。

1959年生まれのCarlo Fuortes で、そのキャリアを見ると、1998年から2001年にはローマ歌劇場の理事の1人を務め、バーリのTeatro Petruzzelli の管財人、2015年まではla Fondazione Musica per Romaローマ音楽財団の代表理事でもあります。

マエストロ・ムーティと仕事をすることは大きな名誉だ、マエストロ・ムーティの存在によって忌まれた素晴らしい芸術の道のりをこのまま続けてゆくことが、自分の重要な任務だ、と語っています。

2013年12月21日Corriere della Sera
Carlo Fuortes nuovo sovrintendente
del Teatro dell’Opera di Roma

http://roma.corriere.it/roma/notizie/arte_e_cultura/13_dicembre_21/carlo-fuortes-nuovo-sovrintendente-teatro-dell-opera-roma-fd310a4a-6a4b-11e3-aaba-67f946664e4c.shtml

|

sabato 21 dicembre 2013

1月のシカゴ響ツアー

マエストロ・ムーティとシカゴ響は、既報のとおり、1月初旬に、スペインのカナリア諸島、エッセン、ルクセンブルクで演奏会を行います。
http://cso.org/TicketsAndEvents/Default.aspx

CSO on Tour:

Auditorio Alfredo Kraus
Jan10 8:30 PM
Palmas de Gran Canaria

Verdi Ballet Music from Macbeth
Strauss Death and Transfiguration
Prokofiev Suite from Romeo and Juliet

Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti conductor

Auditorio Alfredo Kraus
Jan11 8:30 PM
Palmas de Gran Canaria

Beethoven Symphony No. 5
Berlioz Symphonie fantastique

Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti conductor

Auditorio de Tenerife
Jan13 8:30 PM
Santa Cruz de Tenerife

Verdi Ballet Music from Macbeth
Strauss Death and Transfiguration
Prokofiev Suite from Romeo and Juliet

Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti conductor

Auditorio de Tenerife
Jan14 8:30 PM
Santa Cruz de Tenerife

Beethoven Symphony No. 5
Berlioz Symphonie fantastique

Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti conductor

Philharmonie Essen
Jan16 8:00 PM
Philharmonie Essen

Verdi Ballet Music from Macbeth
Strauss Death and Transfiguration
Prokofiev Suite from Romeo and Juliet

Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti conductor

Philharmonie Luxembourg
Jan18 8:00 PM
Philharmonie Luxembourg

Beethoven Symphony No. 5
Berlioz Symphonie fantastique

Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti conductor

|

フィナーレは来年までお預け?

マエストロ・ムーティの《シモン・ボッカネグラ》ローマ歌劇場公演をRAI5のサイトで観ました。

フィナーレは観られないので、映像の商品化を待つか、来日公演を待つか、でしょうか。

http://www.rai.tv/dl/replaytv/replaytv.html?day=2013-12-19&ch=31&v=304819&vd=2013-12-19&vc=31#day=2013-12-19&ch=31&v=304819&vd=2013-12-19&vc=31

|

venerdì 20 dicembre 2013

《シモン・ボッカネグラ》が観られる

RAI5のサイトで、19日から7日間、マエストロ・ムーティ指揮ローマ歌劇場《シモン・ボッカネグラ》公演が観られます。

OPERA - SIMON BOCCANEGRA

http://www.rai.tv/dl/replaytv/replaytv.html?day=2013-12-19&ch=31&v=304819&vd=2013-12-19&vc=31#day=2013-12-19&ch=31&v=304819&vd=2013-12-19&vc=31

|

ラベンナ音楽祭25年目

ラベンナ音楽祭は2014年に25年目を迎えます。

同音楽祭のfacebookによれば、概要の発表は2月8日だそうです。

https://www.facebook.com/pages/Ravenna-Festival/195404175440?ref=ts

Sabato 8 Febbraio al Teatro Alighieri (ore 11)
PRESENTAZIONE del PROGRAMMA dell'edizione 2014!
Festeggia con noi il 25° ANNO di Festival!

|

NYタイムズ紙の批評家が選ぶ録音

NYタイムズ紙の批評家たちがそれぞれ、今年、いいと考える録音を選んでいますが、マエストロ・ムーティとシカゴ響の《オテロ》が、そのリストに入っています。

2013年12月19日 NY Times

Favorite Sounds, Early to Environmental
Times Critics’ Favorite Classical Recordings of 2013

http://www.nytimes.com/2013/12/20/arts/music/times-critics-favorite-classical-recordings-of-2013.html?hpw&rref=arts&_r=0

|

《シモン・ボッカネグラ》映像

ラベンナでも、マエストロ・ムーティのローマ歌劇場《シモン・ボッカネグラ》公演の映像が公開されていましたが、RAI5で19日21時19分と22日10時1分に放映されます。

商品化されるよう、願っています。

http://www.rai.it/dl/rai/guidaProgrammi.html

http://www.rai5.rai.it/dl/PortaliRai/Programmi/PublishingBlock-597bd97e-4d5c-4359-9e91-9dfcccf404f2.html?ContentItem-f3631330-ff79-4ffe-b2a9-294eb518f1f2&refresh_ce

Domenica  22  dicembre
SIMON  BOCCANEGRA

|

giovedì 19 dicembre 2013

クリスマスのメッセージ

マエストロ・ムーティのfacebookに、マエストロからのクリスマス・メッセージが載りました。

マエストロがヴェルディの像をなでている?写真は、聖人の像に触る信者を想い起こさせました。

https://www.facebook.com/RiccardoMutiOfficial

今年のマエストロへのカードは、ハートのオーナメントがたくさんついたクリスマスツリーと、サンタクロース姿のマエストロが、ヴェルディはズム・パッ・パッだけではない、と話しているものにしました。

|

mercoledì 18 dicembre 2013

CSOが作った新たなサイト

シカゴ響が新たにサイトを作りました。

マエストロ・ムーティのページもあり、これまでの映像やニュース、音源、今後のコンサートなどがまとめて観られます。

CSO Sounds & Stories

http://csosoundsandstories.org/category/maestro-muti/

|

martedì 17 dicembre 2013

楽友協会の歴史についての本

ウィーン楽友協会200年の輝き
オットー・ビーバ
集英社新書 1200円
2013年12月

|

電話での会話

Pereiraの発言等はAPAも報じていて、Pereiraはマエストロ・ムーティと電話で話したそうです。

2013年12月16日APA
Alexander Pereira auf Sponsorensuche für die Scala

http://diepresse.com/home/kultur/klassik/1505056/Alexander-Pereira-auf-Sponsorensuche-fur-die-Scala-?from=gl.home_kultur

|

Pereiraはマエストロと話をした?

スカラ座総支配人に就任する予定のPereiraは、マエストロ・ムーティと15日に話をした(マエストロ・ムーティ、マエストロ・アッバード、マエストロ・バレンボイムのうち、Mで始まる指揮者と話をした)、と語っています。

また、Pereiraはローマ歌劇場総支配人De Martino には、スカラ座と共同制作ができれば非常に嬉しい、と伝えたそうですが、それは、マエストロ・ムーティが指揮する上演の共同制作という意味ではないけれども、とも説明しています。

2013年12月16日Il Giorno
Chailly: spero di far tornare alla Scala Abbado e Muti

http://www.ilgiorno.it/milano/cronaca/2013/12/16/997612-chailly-scala.shtml

|

Chaillyの望み

2015年1月からスカラ座トップに就任するChaillyは、マエストロ・ムーティやマエストロ・アッバードのように過去50年間にスカラ座を偉大にした人たちを招聘したい、と述べています。

2013年12月16日ANSA
A Scala arrivano Chailly e Pereira

http://www.ansa.it/web/notizie/rubriche/cultura/2013/12/16/Scala-arrivano-Chailly-Pereira_9786764.html

|

lunedì 16 dicembre 2013

フェデリコ二世にぎわい

塩野七生さんの新刊《皇帝フリードリッヒ二世の生涯》が書店に並んでいたので、早速購入しました。

ヤマザキマリさんも新刊で、フェデリコ二世をとりあげています。

男性論
ヤマザキマリ 文春新書
2013年12月 760円

|

ルッカを訪れたマエストロ

ラベンナ音楽祭ルッカ公演が15日午後Teatro del Giglio で行われ、クリスティナさん演出《ファルスタッフ》を鑑賞に、マエストロ・ムーティも姿を見せました。

マエストロのもとへ、同劇場首脳、ルッカ市長も挨拶に訪れ、また、幕間にマエストロは聴衆からの挨拶やサインの求めに応じていた、とのことです。

2013年12月15日la Nazione

Il Maestro Riccardo Muti al Giglio per l'opera

http://www.lanazione.it/lucca/cronaca/2013/12/15/997311-maestro_riccardo_muti_giglio_opera.shtml

|

domenica 15 dicembre 2013

《シモン・ボッカネグラ》のCD

マエストロ・ムーティとCorriere della Sera紙によるIl mio Verdiシリーズが終了しました。

ローマ歌劇場との演奏が収められているのが素晴らしく、かつての、スカラ・フィルとMUSICOMによるCD発売に匹敵する企画です。
ジャケットは3枚折になっていて、見開きはどれも、マエストロの同じオフィシャル資料写真。

《シモン・ボッカネグラ》は、マエストロ・アッバードのグラモフォン録音とスカラ座来日公演にすっかりはまってしまっていましたが、マエストロ・ムーティのフランドル派絵画のような美しい音色と演奏スタイルに陶酔。

それでも、自分の中のカップッチッリの歌唱による感動は永遠です。

Il mio Verdiシリーズを、マエストロのオフィシャル・サイトで発売していただければ嬉しいのですが。

オフィシャル・サイトからマエストロのTシャツも届きました。送料が12ユーロ近くかかっていました。申しわけない...。

http://www.riccardomutimusic.com/ita/il-mio-verdi.asp

|

sabato 14 dicembre 2013

10月26日の講演内容

音楽現代誌最新号に、マエストロ・ムーティの10月26日講演の内容が載っています。

岸純信さんは、過去の音楽誌の指揮者特集でも、マエストロを高く評価しています。

音楽現代 2014年1月号
リッカルド・ムーティ ヴェルディのオペラを語る

|

Anna Pirozzi への称賛

批評家のパオロ・イゾッタは、ナポリ生まれのAnna Pirozzi を同郷だからという理由で持ちあげる人ではないでしょうが、ザルツブルク音楽祭《ナブッコ》公演での歌唱に続いて、ローマ歌劇場《エルナーニ》公演でのElviraについても称賛しています。

マエストロ・ムーティと二度目の共演となった12日の公演について、そのアリアは、Tatiana Serjanの最高の状態の記憶がかすむほどに素晴らしかった、と書いています。

http://www.annapirozzi.com/

いずれ、彼女の上記オフィシャル・サイトにも記事が載るでしょう。

2013年12月14日Corriere della Sera
Una voce possente nell’«Ernani»

|

対ミラノ、ナポリでローマが大量得点

ローマ歌劇場のニュースメールでは、マエストロ・ムーティの《エルナーニ》公演の大成功を、フィナンシャルタイムズ紙、プレッセ紙、エル・パイス紙がとりあげ、そしてクラシック・ヴォイス誌がマエストロを今年最高のヴェルディ指揮者としていたことに触れています。

Domani, 14 dicembre, al Costanzi l'ultima replica di "Ernani"diretto dal Maest ro Riccardo Muti
Ufficio Stampa Teatro dell'Opera di Roma

エル・パイス紙は面白い取り上げ方で、ナポリ・サン・カルロ歌劇場、ミラノ・スカラ座、そして、ローマ歌劇場におけるヴェルディ記念年公演(シーズン開幕公演)を、まとめて9日に書いています。

チャンピオンはマエストロ率いるローマ歌劇場の気品あるオーケストラ、合唱団による《エルナーニ》で、他の2歌劇場に対して大量得点で楽勝、その公演は非常に素晴らしい、としています。

いちばんの理由は、イタリア・オペラ、特にヴェルディの音楽にある情熱がその公演にはあったこと。さらに、歌手たちの歌唱にも情熱があったこと、ヴェルディの伝統的スタイルが行き渡っていたこと、上演の最初から最後まで音楽的緊張感が保たれていたこと、とありました。

2013年12月9日El Pais
Italia unida grita: ¡Viva Verdi!

http://cultura.elpais.com/cultura/2013/12/08/actualidad/1386521519_592856.html

2013年12月13日Teatri on line

Ernani, diretto dal Maestro Riccardo Muti Il 14 dicembre, ore 18, al Teatro dell’Opera di Roma

http://www.teatrionline.com/2013/12/ernani-diretto-dal-maestro-riccardo-muti/

|

mercoledì 11 dicembre 2013

シカゴ響会長、ケネディ・センターへ

シカゴ響会長Deborah Rutter が、2014年9月1日からケネディセンター会長に就任することになりました。

マエストロ・ムーティはコメントで、彼女がシカゴで成し遂げたことからみれば、新しいポジションでも大きな成功を収めるだろう、と賛辞を寄せています。

来日公演でその姿や仕事ぶりを見られるのを楽しみにしていたのですが。

http://theclassicalreview.com/2013/12/deborah-rutter-to-depart-chicago-symphony-orchestra-for-kennedy-center/

2013年12月10日The classical review
Deborah Rutter to depart Chicago Symphony Orchestra for Kennedy Center

|

スウェーデンでのマエストロの写真

マエストロ・ムーティのfacebookに、スウェーデンでのマエストロの写真が載りました。

トスカニーニの像について、何を言ったのでしょうか。周囲が爆笑しています。

Nobel Prize Concert Stoccolma 8 december 2013

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.567547533322862.1073741874.343707469040204&type=1

|

martedì 10 dicembre 2013

楽友協会ホールでのウィーン芸術週間公演

楽友協会ホールでのウィーン芸術週間公演について、今日発表がありました。

開幕は2014年5月11日、マエストロ・ムーティ指揮ウィーン・フィル。

既に、楽友協会の新シーズン発表で日程は公表されていました。

2013年12月10日kleine zeitung

Nur 22 Festwochenkonzerte im Musikverein

http://www.kleinezeitung.at/nachrichten/kultur/3490784/nur-22-festwochenkonzerte-musikverein.story

So 11.05.
11.00
Großer SaalWiener Philharmoniker
Singverein der Gesellschaft
der Musikfreunde in Wien
Riccardo Muti Dirigent
Julia Kleiter Sopran
Saimir Pirgu Tenor
Ildar Abdrazakov Bass
Felix Mendelssohn Bartholdy:
Symphonie Nr. 4 A-Dur, op. 90,
„Italienische“
Hector Berlioz:
Messe solennelle

http://www.musikverein.at/aktuelles.php?#383

|

《エルナーニ》開幕公演の様子

NBSのローマ歌劇場来日公演のサイトに、マエストロ・ムーティによる《エルナーニ》開幕公演の様子が載りました。

2013年12月10日
ローマ歌劇場だより〜リッカルド・ムーティ指揮『エルナーニ』でシーズン開幕

http://www.nbs.or.jp/blog/roma2014/

|

日本とのつながりについて語るマエストロ

マエストロ・ムーティのオフィシャル・サイトで、日本の聴衆とのつながりなどについてのマエストロのインタビューが観られます。

日本のファンクラブ(30周年)についても言及しています。

OTTOBRE 2013 - RICCARDO MUTI DA TOKYO DOPO LA CONFERENZA SULLA TRAVIATA

http://www.riccardomutimusic.com/ita/shop-categoria.asp?cat=0&op=0

|

アンコールは《運命の力》序曲

マエストロ・ムーティが8日行ったノーベル賞コンサートの評が出ています。

スウェーデン語の記事なので英訳したものを読みました。

聴衆はアンコールを求め、マエストロは《運命の力》序曲を演奏したそうです。

また、記事は、マエストロはリハーサルで細かく注意したに相違なく、でも、それは報われた、オーケストラを素晴らしいレベルに引き上げた、と称賛しています。

マエストロも満足したようで、オーケストラを ”mina kolleger” 仲間と呼んだそうで、それは、単なる儀礼上の表現ではない、と書かれています。

http://www.svd.se/kultur/scen/total-succe-for-riccardo-muti_8807306.svd

2013年12月9日SVD Kultur

Total succé för Riccardo Muti

|

domenica 8 dicembre 2013

ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管との写真

マエストロ・ムーティとロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管のトロンボーン・セクションとの写真が、同管のfacebookに載っています。

Maestro Muti med Trombone och Cimbasso-sektionen 

https://www.facebook.com/kungligafilharmonikerna

|

sabato 7 dicembre 2013

トスカニーニが振ってから二度目のマルトゥッチ

マエストロ・ムーティは8日、ロイヤル・ストックホルム管とともにノーベル賞コンサートに出演しますが、曲目はイタリアの作曲家によるものです。

マエストロがリハーサル後にこう語ったそうです。

マルトゥッチの《ノットゥルノ》はトスカニーニが80年前の1933年にこのオーケストラ、まさにこのホールではじめて振っていて、オーケストラのメンバーたちが自分に言うには、マルトゥッチを演奏するのは、それ以来二度目になるとのこと。このように、たとえ少しだとしても、トスカニーニに直接つながるのは素晴らしいし、感動的なことだ。

コンサートは、亡くなったノーベル平和賞受賞者マンデラ氏への追悼にもなるのでしょうか。

2013年12月7日Il Messaggero
Muti domani a Stoccolma
dirige il concerto dei Nobel

|

イタリアの30人の批評家が選ぶヴェルディ指揮者

イタリアの主要紙・主要誌に寄稿している30人のイタリアの批評家が、ヴェルディ生誕200年となった2012-2013年シーズンに上演された舞台における最高のヴェルディ指揮者として、マエストロ・ムーティ(ローマ歌劇場で《シモン・ボッカネグラ》、《ナブッコ》を上演)を選んだそうです。

雑誌Classic Voice誌が行ったもので、12月11日発売の最新号12月号に掲載されるそうです。

2013年12月6日
Il miglior Verdi e il miglior Wagner

http://www.classicvoice.com/rivista/mondo-classico/il-miglior-verdi-e-il-miglior-wagner/

|

venerdì 6 dicembre 2013

ラベンナ音楽祭の演奏のダウンロード

マエストロ・ムーティのオフィシャル・サイトで、2013年ラベンナ音楽祭の演奏がダウンロードできるようになっています。

http://www.riccardomutimusic.com/ita/shop-categoria.asp?cat=6

RICCARDO MUTI - IL MEGLIO DI GIUSEPPE VERDI. ARIE E SINFONIE DI VERDI

|

ストックホルム・コンサートホールの機関誌

マエストロ・ムーティが指揮するノーベル賞コンサートが行われる、ストックホルム・コンサートホールの機関誌の表紙がマエストロになっています。

Lyssna nr 35
2013/2014

PDFでも観られます。

http://www.konserthuset.se/

Läs magasinet LYSSNA på webben

|

メーリへのインタビュー

NBSのローマ歌劇場来日公演のサイトにメーリのインタビューが載りました。

マエストロ・ムーティとの共演が多く、ラダメスは無理かもしれませんが、今後も楽しみです。

2013年12月 5日
ローマ歌劇場2014日本公演「シモン・ボッカネグラ」 フランチェスコ・メーリ インタビュー

メーリ:
僕はロッシーニやベッリーニをレパートリーにしていたこともあって、ベルカント唱法を勉強してきました。マエストロと共演するようになって、僕の歌や声に対する考え方が間違っていなかったと再確認できたと思います。マエストロ・ムーティが「ヴェルディはたった一つの音でも雰囲気を創り出してしまう」とよくおっしゃいますが、本当に一つの音だけで、状況を変えてしまう。音楽に演出が書かれているということも実感することができます。マエストロ・ムーティと共演していない時でも、楽譜を尊重するという勉強の仕方が身に付いて、これは歌手にとって大きな助けになります。

http://www.nbs.or.jp/blog/roma2014/

|

ローマ大学でのレクチャーの様子など

NBS NEWS最新号332号に、マエストロ・ムーティがローマ大学で行った《シモン・ボッカネグラ》のレクチャーの模様が載っています。
田口道子さんのレポートです。

マエストロ・ムーティーが語る
『シモン・ボッカネグラ』 ~ローマ大学で行われたレクチャーより

http://www.nbs.or.jp/nbsnews/322/03.html

また、10月来日時のインタビューの様子を山崎浩太郎さんが書いています。

リッカルド・ムーティー「ヴェルディは“劇場”なのです。その音楽にすべてが書かれている!」

http://www.nbs.or.jp/nbsnews/322/index.html


|

giovedì 5 dicembre 2013

ノーベル賞コンサート

マエストロ・ムーティは8日、ノーベル賞コンサートを指揮しますが、録画がインターネットで観られるようです。
ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管の演奏会が観られるサイトがあります(英語表記有り)。

2012年のノーベル賞コンサートが観られます。

KonserthusetPlay

http://konserthusetplay.se/#L9hBK4a-VeOFLZklEO8_7g

|

mercoledì 4 dicembre 2013

歌手へのインタビュー

NBSのローマ歌劇場来日公演のサイトに歌手へのインタビューが載りました。
マエストロ・ムーティへの敬意を語っています。

http://www.nbs.or.jp/blog/roma2014/

2013年12月 4日
ローマ歌劇場2014日本公演「ナブッコ」 タチアナ・セルジャン、ルカ・サルシ インタビュー

セルジャン:
マエストロ・ムーティとは『マクベス』、『アッティラ』、『二人のフォスカリ』、『エルナーニ』に加えて『レクイエム』も歌わせていただきました。ヴェルディのオペラに対してこれほど深く探求して、知識を備えていらっしゃる指揮者は他にはいらっしゃらないのではないでしょうか。絶対的な信頼をもってマエストロの指示に従っています。この何年かでマエストロと共演する機会が多かったのでたくさん学ぶことができました。

サルシ:
僕は今年になってから4本ものヴェルディ作品をマエストロと共演しています。ローマ歌劇場の『二人のフォスカリ』に始まって、『ナブッコ』とシカゴでの『マクベス』、そして今回の『エルナーニ』です。なんだか、デビューして16年経つのに、その16年分を1年のうちに学んだように感じます。今までヴェルディは力強く荒削りな歌い方での演奏ばかりでしたが、マエストロ・ムーティはその荒削りなところを細やかに磨き上げる演奏を求めているのです。ナブッコにしても、90%がメゾ・ピアノ、ピアノとピアニッシモと指示されていて、フォルテは本当に少ないのです。ナブッコの登場の歌いだしもピアノなのです。マエストロが細かく注意してくださらなければ見落としてしまうようなヴェルディが書いた指示に従うことによって、より感情の表現がしやすくなりました。

|

martedì 3 dicembre 2013

《エルナーニ》上演のニュース映像

マエストロ・ムーティのローマ歌劇場《エルナーニ》上演のニュース映像が出ています。

活字で報じられていた終演後のマエストロのコメントや上演の一部(国歌も)が映像でも確認できます。

2013年12月2日 sky.it
"Ernani" all'Opera di Roma, successo per Muti e cast

http://video.sky.it/news/
spettacolo/ernani_allopera_di_roma_successo_per_muti_e_cast/v180223.vid

|

lunedì 2 dicembre 2013

財政不安は除去

ローマ歌劇場の労組側は明るい見通しを発表し、資金調達がなされ、財政不安は除去された、2013年は2012年と同じような基金管理になっている、とし、芸術活動のレベルを維持しながら平穏に活動ができる状況は創出されている、マエストロ・ムーティは引き続きローマ歌劇場で仕事をすることになるに違いない、としています。

2013年12月1日la Repubblica
Opera, i sindacati al Comune e Regione
"Il maestro Muti deve restare qui"

|

domenica 1 dicembre 2013

シカゴ響のサイトで聴く演奏

シカゴ響のサイトで聴く演奏の1月から4月分が発表になっていました。
マエストロ・ムーティの演奏も含まれています。

《リンカーン》のサウンドトラックの演奏はジョン・ウィリアムズ自身のものだと思っていましたが...。

RELEASE DATE: January 28, 2014
Riccardo Muti conducts Beethoven 4 (Repeat)
Vivaldi: Concerto for Strings in A Major, R. 158
Mozart: Symphony No. 38 in D Major, K. 504 Prague
Beethoven: Symphony No. 4 in B-flat Major, Op. 60
Schubert: Symphony No. 3 in D Major, D. 200
Williams: Excerpt from soundtrack Lincoln

The CSO Radio Broadcast Series

http://cso.org/ListenAndWatch/Section.aspx?mediaType=Radio&hid=942&bid=947

|

山崎浩太郎さんの可変日記

今回の来日中にマエストロ・ムーティにインタビューした山崎浩太郎さんが、日記でマエストロに少し触れています。

可変日記 
http://www.saturn.dti.ne.jp/~arakicho/nikki05.06/nikki131013.html

http://www.saturn.dti.ne.jp/~arakicho/nikki05.06/nikki131028.html

|

塩野七生さんの新作

塩野七生さんの新作はマエストロ・ムーティが敬愛するフェデリコ二世です。発売が待たれます。

なお、今日の日経のインタビューで彼女はブレア元首相を現代のフェデリコ二世だとしています。
彼女の安倍首相への評価については全く意見を異にしますが、ブレア元首相については近いかもしれません。

日経2013年12月1日朝刊

安倍首相の指導力、評価は

皇帝フリードリッヒ二世の生涯(上)(下)
塩野七生
新潮社 2013年12月18日 2520円

http://www.shinchosha.co.jp/book/309637/

|

クライバー

広渡さんの文は涙なくしては読めません。

KAWAIDEムック カルロス・クライバー
2013年11月 1200円

カルロス・クライバーとの30年
広渡勲

|

Tシャツ注文

マエストロ・ムーティのオフィシャル・サイトでパーカーやTシャツが注文できますが、送料も明示されていました。6ユーロ。
安いような気がします。照会メールがくるかもしれません。

http://www.riccardomutimusic.com/ita/shop-categoria.asp?cat=7

|

« novembre 2013 | Principale | gennaio 2014 »