« luglio 2013 | Principale | settembre 2013 »

35 post da agosto 2013

sabato 31 agosto 2013

マエストロの満足

マエストロ・ムーティはローマ歌劇場のザルツブルク音楽祭《ナブッコ》公演が成功を収めたことについて、この3年間に種をまいてきたものが育った、成功することが困難な音楽祭で、この歌劇場がヨーロッパでも優れた音楽団体であることを示した、と満足げだったそうです。

2013年8月31日Il Giornale
L'orgoglio italiano  nel «Nabucco» di Riccardo Muti

2013年8月31日la Repubblica

Muti   “A Salisburgo il trionfo della cultura italiana sulle note di Verdi”

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ザルツブルク音楽祭のヴェルディ・イヤー

マエストロ・ムーティとローマ歌劇場のザルツブルク音楽祭《ナブッコ》公演成功について、イタリアの報道だけでなく、オーストリアの報道も出始めています。

マエストロが、この《ナブッコ》公演で、ザルツブルク音楽祭におけるヴェルディ・イヤーに非常に大きな貢献をした、kurier紙は書いています。

また、マエストロもザルツブルク音楽祭の聴衆という最も難度の高い聴衆、超一流の人たちに対する挑戦に成功した、と語っているそうです。

2013年8月30日kurier
Wenn Klischees bestens erfüllt werden.                            Giuseppe Verdis "Nabucco" konzertant unter der Leitung von Riccardo Muti.

2013年8月30日ANSA
Muti porta a trionfo Opera a Salisburgo

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ネトレプコとの写真

マエストロ・ムーティのザルツブルク音楽祭ヴェルディ レクイエム公演を聴きにきていたネトレプコとマエストロの写真が、マエストロのfacebookに載っています。

マエストロ側から、はじめて、来シーズンのローマ歌劇場での共演(マノン・レスコー)が発表されました。

Salisburgo
Anna Jur'evna Netrebko durante l’incontro con il Maestro Riccardo Muti avvenuto dopo il Requiem di Giuseppe Verdi con i Wiener Philharmoniker….……..aspettando la prossima stagione dell'Opera di Roma in cui Riccardo Muti dirigerà a Roma il grande Soprano nella attesissima Manon Lescaut di Giacomo  Puccini.

ネトレプコはオペラ・ニュース最新号のインタビューでも共演を語っています。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

終身上院議員

マエストロ・アッバードがナポリターノ大統領からイタリアの終身上院議員に指名されました。トスカニーニに続き、音楽家としては二人目です。

2013年8月30日panorama online
I nuovi senatori a vita: Renzo Piano e Claudio Abbado

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

《ナブッコ》の写真

マエストロ・ムーティとローマ歌劇場のザルツブルク音楽祭《ナブッコ》公演の写真が、同音楽祭のサイト、facebookに載りました。

http://www.salzburgerfestspiele.at/fotoservice/subcategoryid/4407/archivyear/2013

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 30 agosto 2013

wkhさんのブログ

ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルグさんのブログに、マエストロ・ムーティとウィーン・フィルのヴェルディ レクイエムのリハーサル風景が載っています。

wkh backstage / Kの舞台裏

WPH production with Muti Part 1 ムーティとのウィーン・フィル・プロダクション その1
WPH production with Muti Part 2 ムーティとのウィーン・フィル・プロダクション その2

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Tatiana Serjan降板

マエストロ・ムーティとローマ歌劇場のザルツブルク音楽祭《ナブッコ》公演の成功が報じられています。

10分間のカーテンコールとスタンディングオベーション。

ただ、風邪でTatiana Serjanが降板し、ナポリ生まれのAnna Pirozzi が歌ったとのこと。

2013年8月30日Il Journal
Riccardo Muti e l’Opera di Roma incantano Salisburgo

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

シカゴ響でのサイン会

マエストロ・ムーティは10月11日、マチネ公演の後、2冊の本(ヴェルディについての本と自伝)とシカゴ響との《オテロ》のCDのサイン会をします。

また、the Illinois Youth Center in Warrenville、イリノイの青少年更生センターも訪れます。

ヴェルディの本は英訳が出版されるのでしょうか、それとも、イタリア語、ドイツ語の本にサインをするのでしょうか。

2013年8月29日CSO
MUSIC DIRECTOR RICCARDO MUTI
BEGINS 2013/14 SEASON WITH CELEBRATION OF VERDI’S BICENTENNIAL

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

来シーズン以降のローマ歌劇場ツアー

マエストロ・ムーティとローマ歌劇場のザルツブルク音楽祭公演リハーサルで、あらためて、同歌劇場総裁から来シーズン以降のツアーが語られ、2014年の東京公演(《ナブッコ》、《シモン・ボッカネグラ》)、バクー公演、2015年のパリ公演が記事になっています。

2013年8月29日ANSA
Opera Roma con Muti a Salisburgo

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 29 agosto 2013

チェーザレ・ボルジア

チェーザレ・ボルジアを知っていますか
講談社 2013年8月
1900円

マラリアさえなければ、と思うことしきりのチェーザレですが、その貴公子ぶりにコミックで酔うのもいと楽し。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 28 agosto 2013

マエストロの言葉

マエストロ・ムーティのDVDが10月にリリース予定で、その中でArmando Tornoに語っていること、そして、それは、マエストロの本Verdi, l'Italianoで語っていることでもあるのですが、オンラインショップで紹介されているその訳に疑念が呈されている、と教えていただきました。

オンラインショップの紹介文は次のとおりです。

http://www.hmv.co.jp/en/news/article/1308270049/

「もしヴェルディに会えたとしたら何といいますか?」というインタビュアーの質問に、ムーティは次のように答えています。「音楽家としてずっと尊敬してきました。そして一生懸命あなたのために働きました、またはそう努力しました。でも私が上手くやったかそうでないかは、どうか言わないで下さい。もしも私がきちんとできていないとおっしゃったとしたら私は完全に途方に暮れてしまいます。恐ろしい死刑をくらうようなものです」。

ところで、マエストロは原文でも、「ヴェルディに献身してきた、献身しようと努力してきた、だけれども、自分のやってきたことがうまくいったのか、よくなかったのかは、ヴェルディからは言ってほしくない、なぜなら、もしも、やってきたことが間違っていた、といわれたら、もはや救いようのない気持ちになるだろうし、永遠に続く大打撃をうけたように思えるだろうからだ」、と語っています。

sarebbe una terribile condanna in eterno を文字通り、極刑、と訳したのでしょう。

また、ti ho servito, ho cercato di serviti が、ヴェルディに身を捧げた、捧げようとしてきた、となり、「努力しました」という訳になったのでしょう。

原文は次のとおりです。

Mi hanno chiesto, a volte , cosa direi a Verdi se avessi la possibilita' di incontrarlo. Penso che, dopo essere sbiancato in volto, le mie parole non potrebbero che essere queste:

Ti ho amato per tutta la mia vita di musicista e ti ho servito, ho cercato di sevirti. Pero' non mi dire se ho fatto bene o male, perche' se mi dici  che ho fatto male dopo non avrei piu' scampo e sarebbe una terribile condanna in eterno...

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ザルツブルク音楽祭2014

ザルツブルク音楽祭の総支配人Alexander Pereiraが語ったところによれば、 今年のマーラー交響曲演奏に続き、来年はブルックナーの全交響曲演奏が様々な指揮者によって行われ、マエストロ・ムーティもそこに名前を連ねているそうです。

指揮者の具体的な名前はありませんが、R・シュトラウスの生誕150周年もテーマのひとつとのことで、マエストロも管弦楽作品を演奏するのではないでしょうか。

2014年8月28日Salzburger Nachrichten
Salzburger Festspiele: Alexander Pereira plant für 2014

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 27 agosto 2013

モリコーネの感謝

マエストロ・ムーティはラベンナ音楽祭でモリコーネのVoci dal silenzio を演奏しましたが、モリコーネが持参した30分くらいの作品を30分かけて読んだマエストロは、演奏したいと申し出て、同音楽祭で演奏し、喝采を浴びました。素晴らしい演奏で嬉しかった、とモリコーネは語っています。

エンニオ・モリコーネ、自身を語る
河出書房新社
2013年8月 2730円

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 26 agosto 2013

オペラはイタリアの誇り

25日のメッサッジェーロ紙は、ローマ歌劇場のザルツブルク音楽祭登場を特集する中で、マエストロ・ムーティの考えも載せています。

マエストロの考えは、オペラはイタリアが誇る文化で、ヴェルディ、ロッシーニ、プッチーニを通じてイタリアは、南も北もなくひとつになる、《ナブッコ》を通じてイタリアはその誇るべきものを再発見する、というもの。自分がイタリア人であることを感じ、オーケストラ、合唱団にイタリア人であることからくる表現を想い出させ、自分たちにはヴェルディをその作品にふさわしく演奏するDNAが備わっていることを想い起こさせている、そういったことに倦むことはない、と語っています。

マエストロはオーケストラのグローバリゼーションに疑問を呈していて、それぞれのオーケストラが持つ特色を大切にする方向を目指しています。歌劇場についても同じで、ただ、そこには、イタリアがオペラの国であることから、イタリア人としての自信、誇りを再認識することが含まれている、といったところでしょうか。

2013年8月25日 Il Messaggero
Verdi scorre
nel nostro dna

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 25 agosto 2013

ローマ歌劇場の来シーズン

今日のメッサッジェーロ紙は、マエストロ・ムーティの指揮でザルツブルク音楽祭にはじめて登場するローマ歌劇場の特集を組んでいます。

来シーズンについて同歌劇場総裁が明かしていて、開幕公演は11月27日で、マエストロによる《エルナーニ》(演出はHugo De Ana )、2月~3月にネトレプコがタイトルロールの《マノン・レスコー》をマエストロ指揮で上演、と語っています。既報どおりです。また、25日間滞在する日本公演についても触れています。

2013年8月25日Il Messaggero
Roma, opera aperta

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 24 agosto 2013

ブロンフマン

ブロンフマンがインタビューで、指揮するということは腕を動かすだけではない、すべてのことを、すべての楽器を、すべてのレパートリーを知っていることだ、マエストロ・ムーティは本物の指揮者だ、と称賛しています。
マエストロなら、自分でピアノを弾きながら歌い、ワーグナーのオペラを通しで演奏できる、と太鼓判を押しています。
さらに、偽者のリストはいくらでも提供できる、と言っていますが。
これは、あらゆる世代と共演しているというブロンフマンが、新旧世代の違いを問われて答えたものです。

でも、マエストロは実際にそのようにリハーサルしています。

ブロンフマンの発言は、モストリークラシック誌最新号の指揮者特集よりも地に足がついた評価に思えますが。

2013年8月22日bloomberg
Yefim Bronfman Wins Grammy, Gets Paid in Napa Valley Wine

http://www.bloomberg.com/news/2013-08-22/yefim-bronfman-gets-pain-in-napa-wine-wows-philip-roth.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 23 agosto 2013

ヴェルディの演奏DVD

マエストロ・ムーティのDVDが10月20日に出ます。HMVに広告があります。

ローマ歌劇場やシカゴ響との演奏やリハーサル、インタビュー、レクチャーコンサートなどを収録したもの。マエストロのサイトやシカゴ響のサイトで観られる映像をまとめたものなのでしょうか。輸入盤はなし。

こういうものが10月に出る、ということは、もしかしたら...

ドキュメンタリー『ムーティ・コンダクツ・ヴェルディ』 ガブリエーレ・カッツォーラ監督

【収録情報】
ドキュメンタリー:『ムーティ・コンダクツ・ヴェルディ』
 プロデューサー&ディレクター:ガブリエーレ・カッツォーラ

【リハーサル&演奏風景】
・ヴェルディ:『アッティラ』、『マクベス』/ローマ歌劇場(2011および2012年)
・ヴェルディ:レクィエム/シカゴ交響楽団(2011年)

【インタビュー】
・ローマ歌劇場およびシカゴにて2012年収録/おもな聞き手:アルマンド・トルノ

【レクチャー】
・ローマ大学でのヴェルディに関するレクチャー、2012年収録

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 21 agosto 2013

自伝の邦訳

マエストロ・ムーティの自伝の邦訳が出版されます。

訳者は田口道子さんなので、ほっとしました。やはり、いつも通訳を務めている田口さんですと、安心です。

リッカルド・ムーティ自伝: はじめに音楽 それから言葉
音楽之友社 2013年10月10日
2625円

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 20 agosto 2013

指揮者ランキング3位

モストリークラシック誌10月号の指揮者ランキングでマエストロ・ムーティは3位です。

旧世代の指揮者、というマエストロへの評価には何の想いもありません。
音楽に真剣に向き合っているのに、新旧世代って何?旧世代という言葉には後ろ向きの価値観が付与されているのか?民主的な音楽って何?と、つっこみどころ満載の企画。

モストリークラシック誌2013年10月号
2013年版指揮者ランキング

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

lunedì 19 agosto 2013

アメリアはフリットリ?

マエストロ・ムーティとローマ歌劇場来日公演の出演予定者は、ローマでも出演している歌手がほとんどですが、フリットリが出演予定、というのは、アメリアでしょうか。
テノールのメーリとポーリは、ローマやザルツブルクで聴いているだけに、楽しみです。
あとは、ヴェルディ レクイエムの公演があることを期待するのみ。

メッサッジェーロ紙のマエストロ番記者Rita Salaさんの記事を待っています!

NBS ローマ歌劇場 2014年5月~6月

http://www.nbs.or.jp/festival2014-2016/roma.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 18 agosto 2013

新著披露の様子

マエストロ・ムーティは16日、ザルツブルクで新著を披露しましたが、そのときの写真がマエストロのfacebookに載っています。

August 16th at 3.30 pm in the "Schuettkasten" (Herbert von Karajan-Platz 11) in Salzburg. The president of the Salzburger Festspiele, Dr. Helga Rabl-Stadler, talk with Riccardo Muti about his book:
“Riccardo Muti Mein Verdi”
in collaborazione con la RMMusic
German edition of the book: Barenreiter Henschel Verlag

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 17 agosto 2013

9月の「テレビでイタリア語講座」

NHKの「テレビでイタリア語」の「南イタリアを体感」最終月9月はナポリです。

プーリアのオリーブ畑訪問は、マエストロ・ムーティがいつも自慢していることを想い出させます。

「欧州サッカー批評」誌最新号はボランチ特集でピルロがカバーとインタビューに登場。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

新刊の披露

マエストロ・ムーティはザルツブルクで新著Mein Verdiを披露しました。

どうしてヴェルディなのか、という問いに対して、自分の生涯をかけている作曲家、自分の生涯そのものの作曲家だから、と答えています。

3歳のときにバーリで父とともに《アイーダ》を聴いた、父は医者だったが、いいテノールの声をしていた、と語っています。

また、今年はヴェルディとともにワーグナーの記念年でもあるけれども、両者の作品の典型的な違いは愛の表現にある、ヴェルディは2~3秒で言わせているが、ワーグナーでは25分かかる、ヴェルディならその間に子供が3人はできている、とマエストロが好んでよく語るトスカニーニの話をしています。

ヴェルディが手紙で、歌手も指揮者も作品に手を加えてはいけない、と書いている、だから、指揮者である自分はヴェルディの作品について、自分をひけらかすためにオーケストラや歌手を道具として使うようなことはこれからもしない、と語っています。

2013年8月17日nachrichten
Riccardo Muti: „Verdi ist der Komponist meines Lebens“

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ガランチャへの称賛

マエストロ・ムーティの15日のザルツブルク音楽祭公演評がいくつか出ています。

ソリストは理想のカルテットだった、と書かれていながらも、15日によいコンディションで力量をいかんなく発揮していたのはガランチャだけだったようです。

2012年のバレンボイムとスカラ・フィル公演、2011年のマエストロ自身のウィーン・フィル公演、とヴェルディ レクイエム公演が同音楽祭で続く中、合唱団にウィーン国立歌劇場合唱団を迎えた今年の公演が格別で、どの評も、すべてを凌駕していたという書きぶりです。マエストロについて、力まかせの演奏、といったようにしか書けないのは、もう本当に日本のクリティックだけではないでしょうか。繊細さ、洗練さをもった輝くばかりの演奏をヴェルディ レクイエムで見せたと書かれては、期待は高まるばかりです。

何紙かが触れているオペラ的効果抜群だった《Dies irae》を、インターネットで聴くのが待ち遠しいです。

2013年8月16日

die presse
Salzburger Festspiele: Mit Verdi ins wohlige Fegefeuer

der standard
Bestechung des Allerhöchsten

abendzeitung
Entsetzen, Angst und Zerknirschung

kurier
Eine Feierstunde für Salzburger Festspiele, Festspiele, Kritik, erdi am Feiertag

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 16 agosto 2013

ヴェル・レクの成功

マエストロ・ムーティとウィーン・フィルのザルツブルク音楽祭ヴェルディ レクイエム公演の成功が報じられています。

轟音のような拍手喝采です。

2013年8月16日ANSA
Muti trionfa a Salisburgo con Verdi

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ザルツブルク音楽祭の写真

マエストロ・ムーティとウィーン・フィルのヴェルディ レクイエム公演の写真が、同音楽祭のサイトとfacebookに載りました。

http://www.salzburgerfestspiele.at/fotoservice/subcategoryid/4327/archivyear/2013

| | Commenti (0)

ネトレプコも聴きに来ていた

マエストロ・ムーティのザルツブルク音楽祭ヴェルディ レクイエム公演には、ネトレプコも聴きに来ていました。ガランチャを聴きにきていた、と書かれていますが。

2013年8月16日heute.at
Die „Buhlschaft“ in der Krachledernen

http://www.heute.at/stars/leute/art23692,915520

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 14 agosto 2013

《オテロ》の宣伝ページ

マエストロ・ムーティとシカゴ響の《オテロ》の宣伝ページです。同響のサイトにはまだ載っていません。

2013年8月13日HMV
ムーティ&シカゴ響/オテロ

http://www.hmv.co.jp/news/article/1308130032/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 13 agosto 2013

9月のストリーミングサービス

マエストロ・ムーティとシカゴ響の9月のストリーミングサービスは次のとおりです。

http://cso.org/ListenAndWatch/Section.aspx?mediaType=Radio&hid=942&bid=947

RELEASE DATE: September 20, 2013
Riccardo Muti conducts Bruckner 6 (Repeat)
Paganini: Violin Concerto No. 1 in D Major, Op. 6 (Robert Chen, violin)
Bruckner: Symphony No. 6 in A Major
Mozart: Symphony No. 25 in G Minor, K. 183

RELEASE DATE: September 27, 2013
Riccardo Muti conducts the 2012-13 opening weekend (Repeat)
Dvořàk: Symphony No. 5 in F Major, Op. 76
Martucci: Notturno
Respighi: Feste romana
Mendelssohn: Symphony No. 4 in A Major, Op. 90 (Italian)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

シカゴ響のストリーミングサービス

マエストロ・ムーティとシカゴ響の演奏が同響のサイトで聴けます。

1)http://cso.org/ListenAndWatch/Details.aspx?id=24446
Schubert, Clyne, Falla, Ravel                

Muti Conducts Schubert                

Available for streaming until September 17, 2013

Riccardo Muti conducts Schubert and a world premiere by Mead Composer-in-Residence Anna Clyne.

Schubert
Entr'acte No. 3 from the Incidental Music to Rosamunde, D. 797
Clyne Night Ferry (CSO Commission, World Premiere)
Schubert Symphony No. 9 in C Major, D. 944 (Great)
Originally recorded at concerts on February 9, 10 and 11, 2012

Falla “Neighbor’s Dance” from The Three-Cornered Hat
Ravel Rapsodie espagnole
Originally recorded at concerts on September 14, 15 and 16, 2007 

2)http://cso.org/ListenAndWatch/Details.aspx?id=24477
Vivaldi, Mozart, Beethoven, Schubert, Williams
Muti conducts Beethoven and Schumann                

Available for streaming until September 24, 2013

Riccardo Muti, conductor

Vivaldi
Concerto for Strings in A Major, R. 158
Mozart Symphony No. 38 in D Major, K. 504 (Prague)
Beethoven Symphony No. 4 in B-flat Major, Op. 60
Originally recorded at concerts on April 18, 19, and 23, 2013

Schubert Symphony No. 3 in D Major, D. 200
Originally recorded at concerts on January 26, 28 and 31, 2012

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

シカゴ響との《オテロ》

9月16日発売のマエストロ・ムーティとシカゴ響の《オテロ》のCDの予約が始まっています。amazonは宅配便になるため、敬遠。amazon.ukで注文しました。

ジャケット写真もなかなか。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 11 agosto 2013

ナポリとプーリアの二面

今日のレプッブリカ紙がマエストロ・ムーティのインタビューを載せています。

ナポリに生まれ、モルフェッタで育ったマエストロには、プーリアのまじめさとナポリの陽気さの二面が備わっており、指揮者としてのキャラクターにも影響している、と語っています。まじめなことを語ったかと思うと、すぐにそれを茶化すような面を見せることがあるのはその表れ、とのことです。

この二面性は消し去ることはできず、皮膚に刻み込まれている、と語っています。

マエストロはこれまでにも指揮者にカリスマ性が必要かと問われ、そう思う、と答えていますが、ここでも、そのように語っています。

また、歌手について、 Maureen Forresterとキャリアの初めの頃に共演したことがあり、マーラーのリートにすぐれていて、ワルターとの共演も多かったことから、演奏の歴史的な記憶や雰囲気も共有できた、と語っています。

カラスについての共演はないけれども、電話をもらったことがある、と自伝で披露している話にここでも触れています。
カラスから芸術家の晩年の話になり(人それぞれ)、想い出は人を魅了するか、と問われ、ノスタルジーは後悔とは異なる、ノスタルジーはその人がなしてきたことに価値を付与するが、後悔はその人ができなかったことについての嘆きで、責め苦になる、と語っています。

マエストロにとって最初の想い出として、二つあげています。
ひとつは1945年に父親が軍病院で前線から戻ってきた兵士たちの治療にあたる白衣姿。
いまひとつが、家族全員で馬車でモルフェッタに戻ってきたときに観た明け方のカステル・デル・モンテのそびえたつ姿。これは第二の皮膚のように自分をおおっていて、フェデリコ2世の影響下にある、と思いたい、と語っています。

2013年8月11日la Repubblica
Riccardo Muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 9 agosto 2013

ガランチャ、ザルツブルク音楽祭は出演?

ガランチャが二人目の出産のため、11月のロンドン公演(カルメン)、12月のニューヨーク公演(オクタビアン)をキャンセルすることになったそうです。マエストロ・ムーティとのザルツブルク音楽祭(ヴェルディ レクイエム)はまだ歌うようですが。

2013年8月9日salzburger nachrichten

Garanca erwartet Kind, Festspiel-Auftritt steht aber

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 8 agosto 2013

ヴェルディについての本のドイツ語版

マエストロ・ムーティはヴェルディについての本をイタリア語で出版しましたが、8月14日に、ドイツ語版が出ます。amazonで予約できます。

http://www.br.de/radio/br-klassik/sendungen/allegro/muti-mein-verdi-100.html

Riccardo Muti - "Mein Verdi"

Aus dem Italienischen von Michael Holst
176 Seiten, gebunden mit Schutzumschlag
Preis: €19,95

ISBN 978-3-7618-2344-6
Erscheint am 14. August 2013

Verlag: Bärenreiter in Koproduktion mit dem Henschel-Verlag

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

NETREBKOとの共演

マエストロ・ムーティはローマ歌劇場でプッチーニ《マノン・レスコー》を上演するそうですが、タイトルロールはネトレプコで、彼女にとってははじめてのレパートリー、マエストロとのはじめての共演になります。

2013年8月7日kleine zeitung

Anna Netrebko: Mit Verdi zu neuen Ufern aufbrechen

http://www.kleinezeitung.at/nachrichten/kultur/3375359/verdi-zu-neuen-ufern-aufbrechen.story

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« luglio 2013 | Principale | settembre 2013 »