« maggio 2013 | Principale | luglio 2013 »

26 post da giugno 2013

domenica 30 giugno 2013

10月東京公演チケット先行発売

マエストロ・ムーティの東京・春・音楽祭の10月30日、31日公演のチケット先行発売が始まりました。二日とも購入でき、ほっとしました。あとは、東京にいること、間に合うように仕事を切り上げること、だけですが...。

東京・春・音楽祭 特別公演 ヴェルディ生誕200年記念
ムーティ conducts ヴェルディ
 
【日時】2013年10月30日(水)、31日(木)19:00開演 【会場】すみだトリフォニーホール

http://www.tokyo-harusai.com/program/page_1693.html

久しぶりに「我らの流儀」を読んでいます。当時、こういう考えるサッカーが高校生だけでなくナショナルチームでもできればなあ、と思ったものでしたが。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 27 giugno 2013

ジョヴァンニ・ピーコ・デッラ・ミランドラ賞

マエストロ・ムーティは7月4日、地震の被害にあったミランドラで、ラベンナ音楽祭友情の道公演を指揮します。

その際、ミランドラ出身の哲学者の名前を冠した賞ジョヴァンニ・ピーコ・デッラ・ミランドラ賞を授与されます。

2013年6月26日Ravenna Festival

A Mirandola con il concerto dell'amicizia: Un abbraccio per rinascere

http://www.ravennafestival.org/stampa/comunicati/pagina1071.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 26 giugno 2013

シカゴでのスピーチ

マエストロ・ムーティは23日、シカゴ響とのシーズン最終公演を指揮しましたが、ステージからスピーチをしたそうです。ローマの空港に着いたとき、まずするのは、ブラックホークスが勝ったかどうかを調べることだ、と。

Chelsea Dagger をチームのために録音して届けたマエストロらしいスピーチです。24日の試合でブラックホークスは勝ったそうです。

シカゴの新聞二紙に個人登録しているため、勝利の見出しメールがびょんびょん入ってきていました。

2013年6月25日WFMT blog
The End to Two Remarkable Seasons

http://blogs.wfmt.com/offmic/2013/06/25/music-community-catches-the-fever/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=music-community-catches-the-fever

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 24 giugno 2013

7月4日はインターネット中継

マエストロ・ムーティのラベンナ音楽祭友情の道公演がRAI Radio3でインターネット中継されます。

http://www.radio3.rai.it/dl/radio3/concerti/ContentItem-a7ee0e92-8dc0-4527-83ec-80d923e6e365.html

giovedì 4 luglio 2013 21.00

Locandina

IL CARTELLONE

in diretta da Piazza della Costituente, Mirandola

 

RAVENNA FESTIVAL

Concerto dell’Amicizia per le zone terremotate dell’Emilia

 

Orchestra Giovanile Luigi Cherubini e Orchestra Giovanile Italiana

con gli allievi dell’Istituto Superiore di Studi Musicali “Orazio Vecchi” di Modena,

“Antonio Tonelli” di Carpi e della Fondazione Scuola di Musica “Carlo e Guglielmo Andreoli” di Mirandola

Coro del Teatro Municipale di Piacenza e corali dell’area colpita dal terremoto

maestro del coro Corrado Casati

 

direttore Riccardo Muti

soprano Monica Tarone

mezzosoprano Anna Malavasi

tenore Francesco Meli

baritono Nicola Alaimo

basso Luca Dall’Amico

 

Omaggio a Giuseppe Verdi

arie, cori e sinfonie da

La Forza

del Destino, Il Trovatore, Un Ballo in Maschera,

La Traviata

, Macbeth
e Nabucco

musica di Giuseppe Verdi

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 22 giugno 2013

シカゴ響の両義性

マエストロ・ムーティはシカゴ響がマエストロをひきつける理由の一つとして、同響がもつ両義性、ヨーロッパとUSA、旧世界と新世界の両方の音楽性、音を持つオーケストラであることをあげています。ヨーロッパ文化とUSA文化の両方を代表するオーケストラとしてシカゴ響が将来にわたって活動してゆくことを希望する、と述べています。
それに寄与してゆきたい、という気持ちがマエストロにはあるのでしょう。

NYタイムズ紙の分析では、USAのオーケストラのビッグ5という考え方はもう存在しない、たとえば、シカゴ響の会長は、同響は東京でナンバー1を目指すのではなく、シカゴの地元で満足されることを目指す、と答え、しっかりと地域に根ざしたオケであることが第一の存在意義、としています。

マエストロはそれをふまえた上で、西洋文化を代表する文化大使であるシカゴ響を将来の姿としてみている、ということでしょう。

2015年以降についてもシカゴ響との契約を延長したい、というのは、微妙な言い方です。
シカゴ響は次期音楽監督探しをしているものと思っていましたが、そろそろ、そういった動きが報じられていい、と考えていましたが、どうなのでしょうか。

2014-2015シーズンには日本にきてくださいね。

2013年6月21日Chicago Sun-Times
Muti wants the CSO to boost its global presence

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

イタリア料理の本

10皿でわかるイタリア料理
宮嶋勲 
日本経済新聞社 2013年6月 1500円

マエストロ・ムーティはカプレーゼがお好きだと思いますが。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

25日はラベンナ音楽祭記者会見

25日ローマで、ラベンナ音楽祭友情の道公演の記者会見が行われる予定で、文化財相、マエストロ・ムーティ、クリスティナさんも出席します。

2013年6月21日adnkronos
Musica: Bray e Muti presentano il Concerto dell'Amicizia

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 21 giugno 2013

シカゴのホールの改修

マエストロ・ムーティはシカゴ響のホールの改修により、もっと音響がよくなる、と考えているようです。

ホールの音響設計者豊田泰久さんがシカゴを訪れ、検証したそうです。

2013年6月20日Chicago Tribune
Orchestra Hall to get 'massive' acoustical revamp, says Muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

アイスホッケーの応援

マエストロ・ムーティはシカゴのプロ・アイスホッケーチームであるブラックホークスを応援して、チェルシー・ダガーを19日にシカゴ響と演奏しています。録音はチームへ渡されるとのこと(欲しいです!)リハーサルでマエストロが19の背番号(同チームのキャプテンの背番号)のユニフォームを着ている写真が、シカゴ響やマエストロのfacebookに載っています。映像もあります。

ネッツァー、プラティニ、ピッポ、ピルロと、サッカー人生まっしぐらですが、たとえ、アイスホッケーのゴール歌であっても、マエストロのこういう楽しそうな姿は大好きです。

メキシコ・オリンピックのサッカー日本戦の映像が残っていた、との報道に感動しています。亡くなった森選手の雄姿も観られるでしょうか。

シカゴの新聞を読むようになって、スポーツが街の誇りなのは、イタリアと同じだなあ、と毎日微苦笑しています。

2013年6月20日Chicago CSN

'Chelsea Dagger' Chicago Symphony style

http://www.csnchicago.com/blackhawks-talk/chelsea-dagger-chicago-symphony-style

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 20 giugno 2013

神を信じるか

マエストロ・ムーティはシカゴ響とヴェルディの作品を演奏しますが、インタビューで、ヴェルディは神を信じていたかどうかについて語っています。

ヴェルディは聖職者を嫌っていたけれども、そのオペラを見ると、一、二の例外を除けば、フィナーレは天に向かっていたり、青い空が見えていたりする、誰にでも、こういう説明のできない態度や立場、両義性は存在している、前法王が引退したとき、自分は身体的にも精神的にも弱くなっている、と語った、精神的に弱くなった、というのは、教会組織が腐敗しているのを見て、神よ、あなたはいるのか、どこにいるのか、と前法王は思っていた、というのが真実だろう、とマエストロは語っています。前法王が退位した日にバチカンが雷に打たれている有名な写真をさしながら、この写真を卓上に置いているのはそのような理由からだ、と話したそうです。

神を信じることからはフリーな立場で、どんな神の存在にも寛容で、他の人の信心にも干渉したくないわたしには、マエストロのリアリズムに満ちた考えがとても興味深く思えます。

2013年6月17日New City Music
Preview: Mozart, Vivaldi and Verdi/Chicago Symphony Orchestra and Chorus

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 19 giugno 2013

Il mio Verdi 新版

Leonetta Bentivoglio, Il mio Verdi
editoda Castelvecchi
2013年4月 19,50euro

2000年に出版され、邦訳も出た  Il mio Verdi の新版が出ました。マエストロ・ムーティへのインタビューもあります。

新たにガッティやパッパーノ、ヘルツォークなどへのインタビューが加わっています。

http://www.castelvecchieditore.com/il-mio-verdi/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

学生に向けて《ナブッコ》の公開リハーサル

マエストロ・ムーティはローマ歌劇場で7月8日19時から、学生に向けて、《ナブッコ》のリハーサルを公開し、説明するそうです。

ローマ歌劇場のサイトのニュースです。

2013年6月18日
LEZIONE-CONCERTO di Riccardo Muti sull'opera NABUCCO

http://www.operaroma.it/news/lezione_concerto_di_riccardo_muti_sull_opera_nabucco

Continua a leggere " 学生に向けて《ナブッコ》の公開リハーサル"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

シカゴ響との共演は続ける

マエストロ・ムーティのシカゴ響音楽監督の契約は2015年に終了しますが、その後も、シカゴに滞在した、共演を続けたい、とマエストロは話しているそうです。

ウィーン・フィル、ベルリン・フィルから、定期的な出演依頼がきている、定期的に共演するオーケストラは限定している、シカゴ響は自分にとって理想的なオーケストラ、シカゴの街を自分も子供たちも大好きだ、とも語っています。

2013年6月18日Chicago Sun Times
CSO’s Muti says he hopes to stay here

Continua a leggere "シカゴ響との共演は続ける"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 16 giugno 2013

ビッグ・ファイブは過去のコンセプト

14日のNYタイムズ紙が、USAのオーケストラかつてのコンセプト、ビッグ・ファイブはもはや存在しない、と書いています。

オーケストラ関係者のコメントがそれを裏付けています。

つまり、それぞれのオーケストラはその街に根ざした活動をし、その街に顔を向けて活動している、地域からの文化に対する経済的な援助がなければオーケストラはやってゆけない、という発言要旨です。

確かに、オーケストラをスポーツのように数値でランク付けすることはできず、また、かつてのように、演奏を聴けば、どのオーケストラか(どの音楽監督の指揮するオーケストラか)がわかるような時代は終わり、ビッグ・ファイブになる、ということがオーケストラの達成目標、野望であることはもはやありえない、という記事の記述にも頷けるものがあります。

その街によって支えられるオーケストラ、というのは理想的なあり方です。

マエストロ・ムーティもイタリアの歌劇場やオーケストラについて、そういうことを目指しているような発言をしていますが。

2013年6月14日NY Times
The Big Five Orchestras No Longer Add Up

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 15 giugno 2013

ブルックナー演奏の成功

マエストロ・ムーティとシカゴ響のブルックナー、ベートーベンのピアノ協奏曲第4番の演奏評が出ています。

記事によれば、ブッフビンダーとの共演ははじめてですが、聴衆から大きな喝采をもらったとのこと。今後の共演を期待する書きぶりです。
シカゴ響のfacebookにもふたりが手をたずさえて歓呼にこたえている写真が載っています。

ブルックナーについては頻繁に演奏していたショルティとの比較がとても面白く、両者は180度異なる、ショルティの演奏は重圧感と攻撃性があり、悲劇的な大激震がみられるのに対して、マエストロのブルックナー(1番)はまるでハイドンの作品であるかのようで、軽やかで、躍動的で、柔軟で、でもリズミカルであることに重きがおかれていた、と書かれています。
マエストロのブルックナーはまさにこのとおりです。スカラ・フィルとのブルックナーがそうでした。

なお、ワーグナーのSiegfried’s Deathに6台のハープが登場したことも特筆しています。

2013年6月14日Chicago Classical Review

The Wagnerian past is prologue with Muti’s compelling CSO program

2013年6月14日Chicago Tribune

Riccardo Muti takes on German, Austrian masters, con brio

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

名誉博士号

マエストロ・ムーティは15日、DePaul University School of Music から名誉博士号を授与されます。

http://music.depaul.edu/NewsAndEvents/index.asp

School of Music Commencement

Saturday, June 15, 2013
12:00pm, Rosemont Theatre

With a commencement address by Riccardo Muti, CSO Music Director

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 14 giugno 2013

イタリア関連本

カフェ&バールをめぐるヨーロッパ
昭文社 2013年6月 1000円

留学とホームステイのイタリア語
花本知子 白水社 2300円

マエストロ・ムーティの演奏か講演を聴きに、またミラノを訪れたいです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 13 giugno 2013

チケット発売は7月21日

マエストロ・ムーティの東京・春・音楽祭での公演のチケット発売は、主催者によれば7月21日だそうです。

http://www.tokyo-harusai.com/program/page_1693.html

ヴェルディ生誕200年記念「ムーティ conducts ヴェルディ」
発売日:7/21(日)10:00〜

■日時・会場
2013.
 10.30 [水] 19:00開演
 10.31 [木] 19:00開演
すみだトリフォニーホール

■出演
指揮:リッカルド・ムーティ
管弦楽:東京春祭特別オーケストラ
合唱:東京オペラシンガーズ
合唱指揮:ロベルト・ガッビアーニ /他

■曲目
ヴェルディ:
 歌劇《シチリア島の夕べの祈り》序曲
 歌劇《シチリア島の夕べの祈り》第3幕より バレエ「四季」
 歌劇《運命の力》序曲
 歌劇《運命の力》第2幕より「天使の中の聖処女」
 歌劇《マクベス》第4幕より「虐げられた祖国」
 歌劇《ナブッコ》第3幕より「行け、わが想いよ、黄金の翼にのって」
 歌劇《ナブッコ》序曲

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 12 giugno 2013

ブルックナー交響曲第一番

マエストロ・ムーティはシカゴ響とブルックナー交響曲第一番を演奏しますが、1番のアダージョが他のブルックナーの交響曲のそれよりも一番すぐれている、と語っています。

1番は、マエストロにとってはじめて指揮したブルックナーの交響曲(ミラノ、フィレンツェで指揮)で、何度も演奏しているお気に入りのブルックナーの交響曲だそうです。

そういえば、ウィーン・フィルとのザルツブルク・ライブをNHK-FMで聴いてマエストロにノックアプトをくらったのも、この交響曲でした。

2013年6月10日New city music

Preview: Wagner, Beethoven and Bruckner/Riccardo Muti & the Chicago Symphony Orchestra

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 11 giugno 2013

野外コンサートで、「静かに!」

マエストロ・ムーティは9日、チャイナタウンの Ping Tom Memorial Parkで1曲演奏しましたが、椅子を臨時の指揮台にしつらえたのはマエストロ自身とのこと。

また、ざわざわしている人々に向かって、Silenzio!と言ったそうです。列車の音は静められない、とジョークを飛ばしています。

アンコールに再度《行け、我が想いよ》を演奏しました。

気軽に写真に応じたり、握手に応じた、とのことで、楽しんでいる様子が目に浮かびます。

映像もあります。

2013年6月9日Chicago Sun-Times
Riccardo Muti & Co. ‘gather at the river’ for festive finale

http://www.suntimes.com/entertainment/20645720-421/riccardo-muti-co-gather-at-the-river-for-festive-finale.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

野外コンサート

マエストロ・ムーティは9日にPing Tom Memorial Parkで、シカゴ児童合唱団を指揮して《行け、我が想いよ》を演奏しましたが、その写真がシカゴ響のfacebookに載っています。

指揮台のかわりに椅子に立っているマエストロです。

Maestro Riccardo Muti and the Chicago Children's Choir perform Verdi's "Va, pensiero" in the pagoda at Ping Tom Memorial Park as part of "Shall We Gather at the River," the culmination of the CSO's month-long Rivers Festival.

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 9 giugno 2013

大学生向けの《ナブッコ》講義

マエストロ・ムーティはローマ歌劇場で《ナブッコ》を上演しますが、7月8日は、ローマ大学、ラツィオ大学の学生向けに、説明をまじえたリハーサルを行います。

2013年6月8日Il Messaggero

Muti, lezione e spettacolo

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 8 giugno 2013

21日はサイン会

マエストロ・ムーティのfacebookによれば、21日はシカゴ響公演の後、《二人のフィガロ》のディスクや著書のサイン会が行われるそうです。

6日のマルティヌーの演奏が好評を博しています(二件のメディア評)。交響曲も演奏するかもしれない、との記述もあります。

2013年6月7日Chicago Classical Review
Muti returns to CSO with rare Martinů and sensual Scriabin

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 5 giugno 2013

はじめて演奏する作曲家

マエストロ・ムーティはシカゴ響とマルティヌーのオーボエ協奏曲を演奏しますが(6月6日7日8日11日)、これは、同響の首席オーボエでマエストロが絶賛するEugene Izotovの選択で、マエストロにとってははじめて指揮する作曲家だそうです。

2013年6月3日New city music

Preview: Haydn, Martinu and Scriabin/Riccardo Muti & the Chicago Symphony Orchestra

http://music.newcity.com/2013/06/03/preview-haydn-martinu-and-sciabinriccardo-muti-the-chicago-symphony-orchestra/

|

ザルツブルク音楽祭記録集

ザルツブルク音楽祭の記録集第5巻が7月22日に出版されます。

Salzburger Festspiele volume 5
2002-2011
45 euro

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 1 giugno 2013

シカゴでの写真

マエストロ・ムーティのfacebookにシカゴを歩くマエストロの写真が載っています。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« maggio 2013 | Principale | luglio 2013 »