« marzo 2013 | Principale | maggio 2013 »

23 post da aprile 2013

sabato 27 aprile 2013

モーツァルトとシューマンでの成功

マエストロ・ムーティとシカゴ響の春の最後の定期公演プログラムである、シューマンとモーツァルトについて、とてもいい評が出ています。

マエストロとオーケストラのコラボレーションが、技術的にも演奏の解釈上も非常にうまくいっていることがこの週の演奏のプログラムに見てとれたとのことで、マエストロ自身も指揮台上でジャンプしたり、コンサートマスターと楽しげにやりとりしていたし、そして、マエストロが指揮台で客席に向かって挨拶してから振り向きざまに指揮をしはじめたことにも、その一拍目からオーケストラはしっかりついていっていた、と書かれています。

注目のマエストロ・ポリーニとのモーツァルトの協奏曲については、評が微妙に割れていますが、マエストロのサポートは前週の少人数のメンバーによるプログラム同様、非常に好評です。マエストロの演奏について、熱血的とか、筋肉もりもり、とかしか書けないのは、もはや、日本だけではないでしょうか???

シカゴ響のfacebookに公演の写真が出ています。

2013年4月26日Chicago Classical Review
Muti and CSO strike sparks with Schumann

2013年4月26日Chicago Tribune
Riccardo Muti bids CSO arrivederci with rewarding program

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

venerdì 26 aprile 2013

フィレンツェ歌劇場の閉鎖への危惧

マエストロ・ムーティはフィレンツェ歌劇場が困難な状況にあることについて、その閉鎖という危機はイタリア文化にとってスキャンダルであるだけでなく、ヨーロッパ文化にとってもよいことではない、限界度にあるといえるほどにひどい災難がイタリアでこれ以上起こることは、海外におけるイタリアのイメージにとって大きな打撃、イメージ低下になるかもしれない、と話しています。イタリアの政治家、特に発足する新政府に向けてのアピールです。

2013年4月25日ANSA
Riccardo Muti, salvate Maggio Fiorentino

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 23 aprile 2013

地中海文明の本

ローマ帝国と地中海文明を歩く
講談社
2013年4月 2600円

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

6月にバッハと《カルミナ》を聴く

マエストロ・ムーティとシカゴ響のバッハ ロ短調ミサと《カルミナ・ブラーナ》は、6月にシカゴ響のサイトで聴けます。

PROGRAM #: CSO 13-24
RELEASE DATE: June 14, 2013
Riccardo Muti conducts Bach
Bach: Mass in B Minor, BWV 232 (Eleonora Buratto, soprano; Anna Malavasi, mezzo-soprano;
Saimir Pirqu, tenor; Adam Plachetka, bass-baritone; Chicago Symphony Chorus, Duain Wolfe,
director)

PROGRAM #: CSO 13-25
RELEASE DATE: June 21, 2013
Riccardo Muti conducts Carmina Burana (Repeat)
Smirnov: Space Odyssey (World Premiere)
Schubert: Symphony No. 3 in D Major, D. 200
Orff: Carmina Burana (Maria Grazia Schiavo, soprano; Max Emanuel Cencic, countertenor;
Stéphane Degout, baritone)
Haydn: Symphony No. 39 in G Minor

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 21 aprile 2013

バイエルン放送響新シーズン

バイエルン放送響の新シーズンが発表になりました。マエストロ・ムーティの登場はないようです。

http://www.br.de/radio/br-klassik/symphonieorchester/so-programm-saison-dreizehn-vierzehn100.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

17日の受賞式の写真

マエストロ・ムーティは17日、1907年創立のthe Italian American Chamber of Commerce (IACC)に招かれ、栄誉をたたえられています。

マエストロのfacebookにその模様の写真が載っています。

3月のローマでもチアフルな様子でおしゃべりしていましたが、シカゴでもお元気そうで、ほっとしています。(シカゴで報道されているように、大丈夫ですか?とかお元気ですか?という言葉はマエストロにとっては苦笑ものなのですが)

CSO MUSIC DIRECTOR RICCARDO MUTI HONORED BY CHICAGO’S ITALIAN AMERICAN CHAMBER OF COMMERCE

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

レコ芸誌最新号でも先行紹介

レコ芸誌最新号でも、マエストロ・ムーティの1975年来日公演のCDを先行紹介しています。

評者はマエストロの演奏をナマで聴いたことのない人のように思えますが。

レコ芸 2013年5月号
ウィーンに花開くイタリアのかがやき

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 19 aprile 2013

ウィーン・フィルとのライブ録音

マエストロ・ムーティの1975年来日公演がリリースされます。

カセットテープとビデオテープ(《運命の力》序曲の映像は途中まで)で手元に残っているものが、公式にリリースされるとは!5月20日発売。

amazonでジャケット写真も確認できます。

・ベートーヴェン:『プロメテウスの創造物』 Op.43~序曲
・ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調 Op.102
・ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 Op.95『新世界より』
・ヴェルディ:歌劇『運命の力』序曲

 ライナー・キュッヒル(ヴァイオリン)
 ロベルト・シャイヴァイン(チェロ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 リッカルド・ムーティ(指揮)

 録音時期:1975年4月3日
 録音場所:東京、NHKホール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 収録:NHK

http://www.hmv.co.jp/news/article/1304190051/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 18 aprile 2013

イタリア語講座は南イタリア

NHKテレビの5月のイタリア語講座は南イタリアをとりあげます。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

犠牲者を悼む言葉

マエストロ・ムーティのfacebookのページに、マエストロがシカゴ響とバッハのロ短調ミサを演奏するにあたって、ボストン・マラソンの爆発事件の犠牲者を悼む言葉を述べた、その言葉が載っています。

Before the start of tonight’s CSO performance of the Bach concert, Riccardo Muti said a few words to dedicate the concert to the victims of the tragedy in Boston yesterday.

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 17 aprile 2013

ボストン・マラソンの犠牲者への黙祷

マエストロ・ムーティは16日火曜日のシカゴ響とのバッハ ロ短調ミサの演奏前に、ボストン・マラソンでの爆弾事件の犠牲者のために黙祷し、演奏を捧げました。

2013年4月17日Chicago Sun-Times
Riccardo Muti dedicates CSO performance Tuesday night to victims of Boston tragedy
http://blogs.suntimes.com/arts_entertainment/2013/04/
muti_dedicates_cso_performance_to_victims_of_boston_tragedy.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 16 aprile 2013

バッハのリハーサル写真

マエストロ・ムーティのfacebookに、シカゴ響とのバッハのロ短調ミサの本番写真だけでなく、リハーサル写真も載っています。

マエストロのリハーサルで興味深いのは、インターバルに、マエストロがメンバーたちのところへ行ったり、メンバーたちがマエストロのところへ来て話したり相談したりしている風景です。

学生たちなのでしょうか。マエストロは何を言って爆笑させているのか...。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 15 aprile 2013

シカゴ響のアウトリーチ

14日に行われたシカゴ響のメンバーたちと少年院の収容者とのコラボレーションに、マエストロ・ムーティも足を運び、音楽で学ぶハーモニーの感覚があれば社会に参加することになる、と語り、近いうちにまた会いましょう、でも、ここではなく、ここの外で、と希望とウィットのあるスピーチをしています。

マエストロの写真もあります。

2013年4月14日AP
Members of Chicago Symphony Orchestra, inmates perform together behind bars

http://www.washingtonpost.com/national/members-of-chicago-symphony-orchestra-inmates-perform-together-behind-bars/2013/04/14/a8bee7ca-a561-11e2-9e1c-bb0fb0c2edd9_story.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 14 aprile 2013

ロ短調ミサのテンポ

マエストロ・ムーティとシカゴ響のバッハ ロ短調ミサの評が出ています(読んだのは三件)。

二つの評では、マエストロのテンポ設定にやや疑問を呈しています。

マエストロのこの作品は、ミラノを訪れた際にテレビ放映でスカラ・フィルとの演奏を鑑賞しましたが(情けない)、少しも長いとは思いませんでした(特に《キリエ》)。

手元のプライベート録音でもそれほどには思わないのですが、やはり、ホールで聴くと、そして、最近の(また風潮が変わってきているように見えるとはいえ)作曲当時の演奏スタイル・楽器で、という傾向からすると、重めなのかもしれません。

シカゴ響のサイトで聴ける機会を待ちます。

2013年4月12日 The Classical Review
After sedate start, Muti’s Bach eventually reaches the summit

2013年4月13日 Chicago Tribune
Muti's Bach Mass with CSO full of awe but could stand more vigor

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 12 aprile 2013

スペイン公演のプログラム

マエストロ・ムーティとシカゴ響の2014年1月カナリア音楽祭公演のプログラムは、1月10日が《マクベス》からバレエ曲、R.シュトラウスの《死と変容》、プロコフィエフの《ロメオとジュリエット》、1月11日がベートーベンの交響曲第5番、ベルリオーズの幻想交響曲、とのことです。

2013年4月11日EFE
La Orquesta Sinfónica de Chicago abrirá el XXX Festival de Música de Canarias

http://es.noticias.yahoo.com/orquesta-sinf%C3%B3nica-chicago-abrir%C3%A1-xxx-festival-m%C3%BAsica-canarias-121311339.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 11 aprile 2013

ヨーロッパ・ツアー

マエストロ・ムーティとシカゴ響は2014年1月に2週間、ヨーロッパ・ツアーを行い、カナリア音楽祭のほか、エッセン、ドイツ、ルクセンブルクを訪れるそうです。

2013年4月10日 Chicago Sun-Times
Riccardo Muti and CSO announce tour plans, live simulcast
http://www.suntimes.com/entertainment/19398569-421/riccardo-muti-and-cso-announce-tour-plans-live-simulcast.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ツアーは1月スペインへ

マエストロ・ムーティとシカゴ響は2014年1月10日、11日、13日、14日にカナリア音楽祭30周年記念として出演します。同響としてははじめての出演です。

同音楽祭のサイトでも同じ情報です。

https://twitter.com/festmusicanaria

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

《オテロ》リリース

マエストロ・ムーティのシカゴ響との《オテロ》公演の録音が秋にリリースされるだけでなく、シカゴ響との10月のヴェル・レク公演がインターネット中継されるそうです。

マエストロのシカゴでの記者会見からです。

https://twitter.com/chicagosymphony

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 9 aprile 2013

ロ短調ミサ

シカゴ響とロ短調ミサを演奏するマエストロ・ムーティですが、この大作がマエストロの心にとても近い存在であることを吐露しています。

また、バッハの作品はピアノで演奏するほうがすきなのだそうですが、ロ短調ミサにはハープシコードを登場させるとのことです。奏者は、 Speranza Scappucciさんでしょうか。

また、前法王の引退宣言を勇気あるのものと評しています。

2013年4月9日Newcity music

Preview: Bach Mass in b minor/Riccardo Muti & the Chicago Symphony Orchestra and Chorus

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 7 aprile 2013

Newsletter登録

マエストロ・ムーティのオフィシャルWebサイトでニュースレターの登録をしているのですが、確認メールの中のアドレスをクリックしてもアクセスできません。

ショック。照会中ですが。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 6 aprile 2013

フランス国立管新シーズン

マエストロ・ムーティは、既に確認済みのとおり、2014年3月13日の登場です。

jeudi 13 mars 20h
Théâtre des Champs-Élysées
Soirée anniversaire du premier concert de
l’Orchestre National de France le 13 mars 1934
Programme communiqué ultérieurement
Orchestre National de France
Riccardo Muti direction

http://sites.radiofrance.fr/chaines/formations/national/accueil/detailactu.php?IDA=3140

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 3 aprile 2013

終身上院議員に

Il Giorno紙がマエストロ・ムーティを終身上院議員にすべく、ナポリターノ大統領に宛てた署名活動をはじめています。

2013年4月2日Il Giorno
Riccardo Muti senatore a vita, la proposta de "Il Giorno"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 1 aprile 2013

NYタイムズ紙のローマ歌劇場称賛

NYタイムズ紙がローマ歌劇場の《二人のフォスカリ》について書きながら、同歌劇場のオーケストラのメンバーたちの士気が非常に上がっていることを報じています。

記事が書いているように、ローマ歌劇場では開演前に、モバイルフォンのスウィッチを切ることや着席の指示があり、どこでも(楽友協会でも)同じだなあ、と微笑しつつも、それでも、着信音が上演中に聞えてくるのには苦笑しましたし、上演中でも客席はざわざわしています。

それでも、メッリの素晴らしい歌唱のあとの声かけは、スカラ座よりもこじんまりとして舞台との親密度が高く感じられるローマ歌劇場では、よりイタリア的に思えました。

二日目はピットの真横の席で、マエストロの指揮ぶりが余すことなく見られ、また、ピットの中もよく見えました。第二幕のチェロとバイオリンの二重奏を堪能しましたが、NYタイムズ紙の記事も、バイオリンの奏者がマエストロからブラヴィッシマと称賛されたと語っていたことを記述しています。

マエストロ効果がローマ歌劇場でこれからも続くよう、願っていますし、そう確信しています。

2013年3月31日NY Times
Maestro’s Steady Hand Helps Resurrect Rome Opera

http://www.nytimes.com/2013/04/01/arts/music/riccardo-muti-helps-the-rome-opera-restore-its-former-glory.html?pagewanted=all&_r=0

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« marzo 2013 | Principale | maggio 2013 »