« ottobre 2012 | Principale | dicembre 2012 »

55 post da novembre 2012

venerdì 30 novembre 2012

シカゴ響での年棒

シカゴの新聞が、2011年のシカゴ響でのマエストロ・ムーティの年棒を報じています。

2010年では、サン・フランシスコ響での Michael Tilson Thomasの年棒は  $2.41 million、メトロポリタン歌劇場での James Levine の年棒は$2.06 million とのことです。

2012年11月29日Chicago Tribune
Riccardo Muti a $2 Million Man for CSO

http://www.chicagotribune.com/entertainment/ct-ent-1129-salaries-20121128,0,5918940.story

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 29 novembre 2012

カーテンコールの写真

マエストロ・ムーティにとってははじめての作品となる《シモン・ボッカネグラ》のカーテンコールの写真が、マエストロのサイトに載っています。

メッサッジェーロ紙によれば10分のカーテンコール、スタンディングオベーションで、第3幕が始まる前には客席から、偉大なマエストロ!と大声が飛んできたとのこと。

http://www.riccardomutimusic.com/home.asp

2012年11月28日IL Messaggero
Verdi è l’Italia di oggi

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

大統領との写真

イタリア大統領のサイトに、11月27日にマエストロ・ムーティ指揮ローマ歌劇場新シーズン開幕公演を訪れた際の写真が載っています。

イタリア国歌を演奏しています。

http://www.quirinale.it/elementi/Elenchi.aspx?tipo=Foto

Il Presidente Giorgio Napolitano con il Maestro Riccardo Muti in occasione della rappresentazione dell'opera "Simon Boccanegra" al Teatro dell'Opera

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 27 novembre 2012

ローマ大学での写真

マエストロ・ムーティのローマ大学での講演の様子が写真で出ています。

la Repubblica Roma
2012年11月26日

Muti presenta il 'Boccanegra' di Verdi
Lezione del maestro alla Sapienza

http://roma.repubblica.it/cronaca/2012/11/26/foto/riccardo_muti-47510216/1/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

12月16日のプログラム

マエストロ・ムーティのサイトに12月16日の上院コンサートのプログラムが載っています。

http://www.riccardomuti.com/Concerti_Visualizza.aspx

Concerto in Senato
Giuseppe Verdi

data: 16 dicembre 2012
orchestra: Orchestra del Teatro dell' Opera di Roma

GIUSEPPE VERDI
La Forza del Destino - Sinfonia Il
Trovatore - Canzone di Azucena "Stride la vampa!"
Mezzosoprano: Anna Malavasi
Rigoletto - recitativo e Aria di Gilda “Gualtier Maldè!... Caro nome che il mio cor”
Soprano: Rosa Feola
La Traviata - Scena e Duetto Violetta e Germont “Madamigella Valery?”
Soprano: Monica Tarone Baritono Simone Piazzola
Nabucco - Sinfonia

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

《シモン・ボッカネグラ》の舞台写真

マエストロ・ムーティの《シモン・ボッカネグラ》の舞台写真です。

la Repubblica Roma 2012年11月25日

Opera, si apre con Boccanegra
e Muti fa lezione alla Sapienza

http://roma.repubblica.it/cronaca/2012/11/25/foto/opera_si_apre_con_simon_boccanegra-47386196/1/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ライブストリーミングで観るレクチャー

26日のマエストロ・ムーティのローマ大学での《シモン・ボッカネグラ》の講演(ピアノもマエストロ)が、ライブストリーミングで観られます。

http://www.uniroma1.it/notizie/riccardo-muti-incontra-gli-studenti-della-sapienza-0

http://www2.uniroma1.it/streaming.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

大統領、首相も列席

27日のマエストロ・ムーティ指揮ローマ歌劇場シーズン開幕公演には、ナポリターノ大統領、モンティ首相も聴きにくるそうです。

また、NBSのゼネラル・マネジャー高橋典夫さんも来る、とのことです。ローマ歌劇場来日公演は、やはり、NBS招聘、ということでしょうか。

2012年11月26日proma pagina news
Roma: domani Napolitano a inaugurazione stagione Teatro Opera

http://www.primapaginanews.it/dettaglio_articolo.asp?id=125416&ctg=2

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 25 novembre 2012

25日はゲネプロ

25日はマエストロ・ムーティの《シモン・ボッカネグラ》ローマ歌劇場公演のゲネ・プロで、高校生のほか、収監者などが鑑賞するそうです。

2012年11月24日ASCA
Roma: Opera, prova generale 'Boccanegra' di Muti aperta a detenuti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

12月16日は国会で演奏

マエストロ・ムーティは12月16日、国会でヴェルディを演奏するそうです。オーケストラはローマ歌劇場管です。

2012年11月24日Il Tempo
Muti: il mio Verdi per tutte le stagioni
Il maestro: «Questa opera è l'anello di congiunzione  tra i 150 anni dell'Unità e il bicentenario del compositore»

Continua a leggere "12月16日は国会で演奏"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 24 novembre 2012

フランス国立管のクラリネット協奏曲

マエストロ・ムーティとフランス国立管のクラリネット協奏曲(メッシーナ)のディスクには聴きほれました。(一昨日届きました)

マエストロのモーツァルトの協奏曲は、スカラ座管とのものをいくつか持っています。どれもマエストロとモーツァルトの相性のよさをまざまざと見せつける演奏で、哀しみも繊細さも喜びに弾むような弦も、何もかもが素晴らしいのですが、このフランス国立管とのディスクも二重丸。ライブ録音で拍手も収録されています。

いい録音をしてくれました!

http://www.hmv.co.jp/news/article/1211230011/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 22 novembre 2012

メッサッジェーロ紙の特集

21日のメッサッジェーロ紙はマエストロ・ムーティの《シモン・ボッカネグラ》特集を12ページにわたって組んでいます。

Opera di Roma Verdi e Muti
Il Messaggero 2012年11月21日

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 21 novembre 2012

自伝は4万冊売れた

シカゴ響のサイトに、マエストロ・ムーティのヴェルディに関する新著の紹介が載っています。

マエストロの自伝Prima la musica, poi le paroleは4万冊以上も売れたとのこと。

2012年11月19日

CSO MUSIC DIRECTOR RICCARDO MUTI AUTHORS BOOK ON GIUSEPPE VERDI
IN HONOR OF COMPOSER’S BICENTENNIAL IN 2013

http://cso.org/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ローマ歌劇場開幕ニュース

マエストロ・ムーティによるローマ歌劇場開幕のニュースです。

2012年11月20日sky.it
Muti dirige Verdi per il Teatro dell'Opera di Roma

http://video.sky.it/news/spettacolo/
muti_dirige_verdi_per_il_teatro_dellopera_di_roma/v141722.vid

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

WKHさんのブログ

ウィーン・フィルのバイオリン奏者WKHさんが10月からブログを始めておいでです。英和両方で書いていらっしゃるので、大変そうです。(そのうち独語も???)

11月のマエストロ・ムーティの公演キャンセルは残念でしたが、また、美しい写真が観られるようになったので楽しみです。

wkh backstage / Kの舞台裏

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Book City Milanoでの写真

マエストロ・ムーティのオフィシャル・サイトに、18日のBook City Milanoの報道記事が写真とともにアップされています。

MUTI SULLA PRIMA «IL MIO CUORE BATTE PER VERDI»

http://www.riccardomutimusic.com/home.asp

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

イタリア古寺巡礼の本

イタリア古寺巡礼 シチリア→ナポリ
新潮社 2012年11月
1680円

フェデリコ2世も登場します。

http://www.shinchosha.co.jp/book/602238/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 20 novembre 2012

マエストロの新刊、入手

マエストロ・ムーティのヴェルディについての新刊を入手しました。

裏表紙は、ヴェルディの像のそばに立つマエストロの写真です。

しばらくはイタリア語の本で通勤です。

Verdi , L'Italiano
Riccardo Muti
Rizzoli 2012

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

バイエルン放送響のプライベート盤

ブルックナー:ミサ曲第3番
ルート・ツィーザク(S) インゲボルク・ダンツ(A)
ヘルベルト・リッペル(T) カルロ・コロンバーラ(B)
ムーティ指揮 バイエルン放送響&Cho
2002.10.25, ミュンヘン・ヘラクレスザール
En Larmes

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Book City Milanoでの写真

マエストロ・ムーティが18日登場したBook City Milanoは、350の席を求めて長蛇の列だったとのこと。

2012年11月19日
Al Bookcity un evento speciale: Giuseppe Verdi visto da Riccardo Muti

http://www.bookcitymilano.eu/articoli/al-bookcity-un-evento-speciale-giuseppe-verdi-visto-da-riccardo-muti/

facebookにも写真が載っています。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ヴェルディかワーグナーか

マエストロ・ムーティは18日、Book City Milanoに登場し、ヴェルディについての自著を紹介しました。

スカラ座が《ローエングリン》で開幕するが、ヴェルディで開幕したほうがいいのではないか、とたずねられ、ヴェルディもワーグナーもどちらも愛している、ワーグナーには魅了されるし。ヴェルディには励まされ、慰められる、自分はイタリア人の心を持っているから、音楽家としてではなく、ひとりの人間としてヴェルディに心は傾く、ただ、どちらなのか、という議論はばかげている、ヴェルディには青い空が広がっているし、ワーグナーにはきらめいた天上界が広がる、両者は異なった世界なのだ、二人の巨星のうちのひとりを持っていることは幸せだ、と語っています。

2012年11月19日Il Giornale
Muti sulla prima  «Il mio cuore batte per Verdi»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 17 novembre 2012

イタリア語の手紙の書き方

以前に出版されていた本の最新版のようです。スカラ座のホームページでのチケットの取り方の解説もあります。

イタリア語の手紙・Eメールの書き方
ナツメ社 2012年11月
1800円

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

初日は中継なし?

マエストロ・ムーティのローマ歌劇場新シーズン開幕公演は27日ですが、RAI RADIO3 の放送予定プログラムには載っていません。

http://www.radio3.rai.it/dl/radio3/musica/Page-58e05f00-9d0f-4287-b118-ba7d2907c59c.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 15 novembre 2012

名誉学位授与式での演奏

シカゴ響のプレスリリースによれば、マエストロ・ムーティが12日のIULM大学名誉学位授与式でヴェルディ音楽院の学生からなるオーケストラを指揮して演奏したのは、Vivaldiの Concerto in A Major for strings and cembalo, F.XI no. 4だそうです。

2012年11月12日CSO
CHICAGO SYMPHONY ORCHESTRA
MUSIC DIRECTOR RICCARDO MUTI AWARDED HONORARY DEGREE AND GOLDEN MEDAL

http://cso.org/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

文化を失えば、アイデンティティも失う

マエストロ・ムーティがローマ歌劇場でAPのインタビューに応じています。

その中で、文化を持たない人々はアイデンティティを失っている、と、経済不況の中で文化予算が削られてゆく政治状況とは別の危機についても語っています。

また、シカゴ響との相思相愛についても語り、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルと並ぶ素晴らしいオーケストラを愛しているだけでなく、シカゴそのものも、その街も人々も好きだ、と語っています。

また、スカラ座の新シーズンが《ローエングリン》で開幕することについて、ヴェルディもワーグナーも偉大だけれども、同じ年に生まれたことが間違っていたんだ、とウィンクしながら語っています。

2012年11月14日AP
AP Interview: Muti says culture good for economy

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 14 novembre 2012

名誉学位授与の写真(RMM)

マエストロ・ムーティのホームページには、イル・ジョルナーレ紙の記事と写真が載っています。

写真はクリックすると大きくなります。

http://www.riccardomutimusic.com/home.asp

2012年11月13日Il Giornale

MILANO FESTEGGIA MUTI CON LA LAUREA HONORIS CAUSA

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

名誉学位授与式の写真

マエストロ・ムーティは12日、IULM大学から名誉学位を授与されましたが、その際の写真が出ています。

また、記念講演はヴィヴァルディのレクチャーコンサートでしたが、オーケストラはミラノ音楽院の学生たちだったそうです。

2012年11月13日Mentelocale milano
Riccardo Muti, laurea honoris causa e medaglia d'oro a Milano

http://milano.mentelocale.it/49029-riccardo-muti-laurea-honoris-causa-medaglia-d-oro-milano/

http://it.notizie.yahoo.com/foto/laurea-honoris-causa-riccardo-muti-photo-120000387.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ローマ大学で講演

マエストロ・ムーティは11月26日18時、ローマ大学で学生たちに、《シモン・ボッカネグラ》について講演をするそうです。

http://www.lagazzettadelmezzogiorno.it/notizia.php?IDNotizia=568563&IDCategoria=2693

2012年11月13日ANSA
Muti racconta Verdi a ragazzi Sapienza

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 13 novembre 2012

IULMでの名誉学位受賞式

マエストロ・ムーティはIULMでの名誉学位の授与にあたって、ヴィヴァルディの演奏をして記念講演を行っています。

映像が出ていますが、奏者はケルビーニ管のメンバーでしょうか???

Muti in cattedra allo Iulm, una lezione in musica su Vivaldi

2012年11月12日la Repubblica TV

http://video.repubblica.it/edizione/milano/muti-in-cattedra-allo-iulm-una-lezione-in-musica-su-vivaldi/110519/108903

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 12 novembre 2012

バイエルン放送響日本語ニュース

HMVのサイトでバイエルン放送響の来日用に日本語ニュース臨時版が始まります。

http://www.hmv.co.jp/news/article/1211020012/

バイエルン放送交響楽団 in Japan 来日記念特別提携マガジン第1号

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 11 novembre 2012

新著の内容

マエストロ・ムーティのヴェルディについての新著は、批評家の聞き書きの形式になっていますが、ヴェルディに関連して、クライバー、カラス、トスカニーニについても語っているそうです。

2012年11月11日Corriere della Sera
I ricoordi del direttore d'orchestra

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ヴェルディについて

今日のcorsera紙には、マエストロ・ムーティがヴェルディについて寄稿しています。また、新著の紹介も載っています。

新著がamazon.itから届くのが待ち遠しいです。

2012年11月11日Corriere della Sera
E Verdi inventò il non suono

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 9 novembre 2012

ベートーベンについて語る

マエストロ・ムーティがベートーベンについて語るビデオが、シカゴ響のサイトに載っています。

Riccardo Muti on Beethoven

http://cso.org/ListenAndWatch/Details.aspx?id=22024

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

amazon.itで予約

マエストロの新著をamazon.itで予約できます。14日発売。

Verdi, l'italiano. Ovvero, in musica, le nostre radici

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 8 novembre 2012

ザルツブルク音楽祭2013

ザルツブルク音楽祭2013が発表になりました。

マエストロ・ムーティはローマ歌劇場との演奏会形式の《ナブッコ》(8月29日、31日、9月1日)のほか、ヴェルディ レクイエムを演奏します(Elina Garanca、Piotr Beczala)(8月15日、17日、18日)。

2013年11月7日 apa
Salzburger Festspiele: Stars, Klassiker und Priester

http://www.salzburgerfestspiele.at/spielplan

Riccardo Muti, Dirigent
Krassimira Stoyanova, Sopran
Elīna Garanča, Mezzosopran
Piotr Beczala, Tenor
Dmitry Belosselskiy, Bass
Konzertvereinigung Wiener Staatsopernchor
Wiener Philharmoniker


Riccardo Muti,
Musikalische Leitung

Željko Lučić, Nabucco
Dmitry Belosselskiy, Zaccaria
Tatiana Serjan, Abigaille
Francesco Meli, Ismaele
Sonia Ganassi, Fenena
Saverio Fiore, Abdallo
Simge Büyükedes, Anna
Luca Dall’Amico, Il Gran Sacerdote
Orchestra e Coro del Teatro dell'Opera di Roma

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 7 novembre 2012

IULM大学のサイト

マエストロ・ムーティが12日に名誉学位を授与されることが、IULM大学のサイトにも載りました。

2012年11月6日

Laurea Honoris Causa a Riccardo Muti

http://www.iulm.it/wps/wcm/connect/iulmit/iulm-it/news-e-eventi/notizie/riccardo-muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ミラノで新著の紹介

マエストロ・ムーティjは11月18日Book City Milanoに登場し、Armando Torno と対話をして、新著を紹介します。

18/11/2012 - Ore: 19:00

Castello Sforzesco, Sala Sforzesca

Il Maestro Riccardo Muti dialoga con Armando Torno in occasione del bicentenario della nascita di Giuseppe Verdi (1813-2013).

http://www.bookcitymilano.eu/eventi/verdi-litaliano/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

6日の大統領官邸での受賞式

マエストロ・ムーティは6日、イタリア大統領官邸でil premi Vittorio De Sica 賞授与式に出席しました。

大統領のサイトに写真が載っています。

Palazzo del Quirinale - 06/11/2012

Il Presidente oGiorgio Napolitano con Riccardo Muti in occasione della Giornata dello Spettacolo

http://www.quirinale.it/elementi/Continua.aspx?tipo=Foto&key=25405

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 6 novembre 2012

栄誉がまた二つ

マエストロ・ムーティは12日11時に行われる授与式で、ミラノの大学Libera Universita' di Lingue e Comunicazione IULM(企業コミュニケーションやマーケティング、広報広告などのプロを養成する、語学・コミュニケーション自由大学)から、Arti, patrimoni e mercatiの名誉学位を授与されます。

その際に、イタリア外務省からゴールド・メダルも授与されます。イタリア文化を海外で展開推進していることに対するものです。

ナポリターノ大統領の任期が2013年に切れることから、次期大統領候補の名前が出てきていますが、マエストロやウンベルト・エーコを推す声もある、という記事もありました。

2012年11月5日Adnkronos

Musica: a Riccardo Muti il 12 novembre laurea honoris causa della Iulm

http://www.liberoquotidiano.it/news/1114803/Musica-a-Riccardo-Muti-il-12-novembre-laurea-honoris-causa-della-Iulm.html

http://www.iulm.it/

http://www.iulm.it/wps/wcm/connect/iulmit/iulm-it/studiare-alla-iulm/corsi-di-laurea-2012-13/comunicazione-nei-mercati-della-arte-e-della-cultura

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

モーツァルトのクラリネット協奏曲

マエストロ・ムーティとフランス国立管のクラリネット協奏曲のCDが出ます。日本では11月30日発売。フランスでは10月23日発売。レーベルはRadio France。
同管のFacebookでは10月24日に紹介されています。

モーツァルト:
【曲目】
(1)クラリネット協奏曲 イ長調K.622
(2)クラリネット五重奏曲 イ長調「シュタードラー」K.581
【演奏】
パトリック・メッシーナ(クラリネット・ソロ)
(1)リッカルド・ムーティ(指揮)、フランス国立管弦楽団
(2)フィルハーモニア・カルテット・ベルリン
【録音】
(1)2007年4月14日、シャンゼリゼ劇場でのライブ録音
(2)2008年9月25日、テルデックス・スタジオ(ベルリン)

http://tower.jp/article/feature_item/2012/11/05/1101

http://sites.radiofrance.fr/radiofrance/kiosque/fiche.php?id=2126

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 5 novembre 2012

ウィーン国立歌劇場140周年の本

ウィーン国立歌劇場140周年を記念して出版された本で、1869年から2009年まで、1年ずつ、その年の特筆すべきことを紹介しています。

1973年はマエストロ・ムーティが《アイーダ》で同歌劇場にデビューしたことが書かれていて、1971年にはザルツブルク音楽祭に《ドン・パスクァーレ》を振ってデビュー、1975年にはウィーン・フィルを振ってウィーン楽友協会にデビュー(5月の新聞報道では1974年)、と記述されています。

マエストロの指揮姿の写真も添えられています。

パットナーのインタビューでマエストロは、ザルツブルク音楽祭デビューの際、お金がなくて飛行機ではなく列車でザルツブルクへ行った、列車が遅れ、劇場に到着したとき、ウィーン・フィルのメンバーたちは手持ち無沙汰で外でたむろしていた、ウィーン・フィルとの最悪の出会いだった、と語っていましたっけ。

http://www.arcadia.at/sites/dynamic.pl?sid=20121105145208osug&action=shop&item=97&group=28

WIENER STAATSOPER   140 JAHRE AM HAUS AM RING
Wiener Staatsoper Saison 2008/2009 12euro

1973 Debuet von Riccardo Muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Sette 誌のインタビュー

Corsera紙の雑誌Sette誌最新号にマエストロ・ムーティのインタビューが載っています。

強烈です。
ローマ歌劇場の開幕公演は《シモン・ボッカネグラ》。ワーグナーで開幕?それもひとつの選択だろう。でも、バイロイトを《オテロ》で開幕したら、どんなことになると思う?

(《ローエングリン》で開幕するスカラ座に対する疑問でしょうか)

マエストロのラベンナの書斎には、マエストロが指揮者のキャリアの最初の頃に、マンハッタンを歩いていて、見かけて、その場で即購入したヴェルディの肖像画があり、その絵について話すことから記事は始まっています。

ヴェルディに関する新刊も紹介されています。

11月6日午後には、ローマの大統領官邸で大統領からil Premio De Sica per la Musicaを授与されるそうです。

なお、Corsera紙は、マエストロの演奏によるヴェルディの作品集を同紙読者に提供するようで(エディコラ発売でしょうか、たぶん)、その中にはローマ歌劇場でのマエストロの《シモン・ボッカネグラ》、《二人のフォスカリ》、《ナブッコ》、そして、シカゴ響とのヴェルディ レクイエムも含まれる予定だそうです。

メッサッジェーロ紙がくやしがるような企画ですね。

Sette 2012年11月2日号
Muti Io a Roma inaugurero' con Simon Boccanegra

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

kurier評

マエストロ・ムーティに代わってウィーン・フィルを指揮したAndrés Orozco-Estradaの演奏評が出ています。とても好評です。

コンサートマスターのホーネックさんがソリストになってストラビンスキーのバイオリン協奏曲を弾きましたが、同僚であるオーケストラのメンバーたちとのかけあい、やりとりも素晴らしかった、と書かれています。

マエストロが愛しているケルビーニの作品(記事にもそう書かれています)である序曲もうまくやってのけ、オーケストラへのコミュニケートに非常にすぐれていることを証明しました。
シューベルトの4番ではホーネックさんがコンサートマスターを務め、シューベルトの演奏の後、指揮者が彼を立たせて、聴衆の歓呼をあらためて受けさせていた、とあります。

でも、ウィーンの新聞なら、Ricardoはないでしょう???

2012年11月5日kurier

Andrés Orozco-Estrada als goldwerter Einspringer

http://kurier.at/kultur/4518135-andrs-orozco-estrada-als-goldwerter-einspringer.php

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

内田洋子さんの本

ミラノの太陽、シチリアの月
内田洋子
小学館 2012年10月 1680円

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784093882798

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 4 novembre 2012

グアナファトでの写真

マエストロ・ムーティが10月にシカゴ響とグアナファトを訪れた際の写真が、セルバンテス国際フェスティバルのサイトにたくさん載っています。

リハーサルやコンサートの映像、セルバンテス賞授賞時の写真、コンサートの大画面を野外で観ている聴衆の写真、記者会見の写真、街を歩いている様子、賓客として同市の鍵を受け取っている写真など。

1981年来日時にはじめて握手とサインをしていただいた時から、今もって、近寄りがたい人なのですが、気づいてみれば、もはや、あの頃の貴公子然とした青年ではなく、まさにイタリアの渋い紳士、です。

http://www.festivalcervantino.gob.mx/Public/ImageGallery/2012/75

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Eleonora Buratto

マエストロ・ムーティの《シモン・ボッカネグラ》でアメリアを歌うEleonora Burattoは、《二人のフィガロ》でスザンナを歌い、わたしもとても気に入った歌手のひとりです。シカゴ響のバッハのハ短調ミサでもマエストロと共演しますし、今後がますます楽しみです。

彼女のホームページには、マエストロやコレペティのSperanza Scappucciさんとの写真も載っています。

http://www.eleonoraburatto.com/home.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Krassimira Stoyanova

マエストロ・ムーティと共演の多いKrassimira Stoyanovaが、2013年10月10日11日14日15日にミュンヒェンとウィーンでヴェルディのレクイエムを歌います。

マエストロ・ムーティとの共演だと嬉しいのですが。マエストロは10月はシカゴのようなので、やはり、ヤンソンスでしょうか。

http://www.krassimira-stoyanova.com/en/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=35&Itemid=55&lang=en

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

book city milano

マエストロ・ムーティが18日に、新著作を紹介するイベントのあるbook city milanoの日程は6日に発表されるそうです。

マエストロの新刊はamazon.itでもまだ注文できません。

book city milano

http://www.bookcitymilano.eu/bookcity-milano.php

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ニューヨークマラソン中止

4日に行われる予定だったニューヨークマラソンがハリケーンの影響で中止になりました。
成田美名子さんの漫画《アレクサンドライト》を読み、コロンビア大学に留学すれば、マラソンを応援し、ジュリアードの学生の演奏会を聴き、こういうニューヨーク生活になるのかなあ、と日本のキャンパスライフと比べていました。

カーネギーホールの公演も影響を受けています。

2012年11月2日Musical America
Carnegie Dark Through Monday; Add'l Updates

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Orozco-Estrada

マエストロ・ムーティが風邪でキャンセルしたウィーン・フィル公演で指揮をしたOrozco-Estrada の演奏を、ブログで紹介していらっしゃいます。

ホーネック兄弟の演奏をダブルヘッダーで聴いておいでです。

たまにはオーストリアちっく パート3 
2012年11月3日
ウィーン・フィル + オロスコ・エストラーダ 1回目

http://happawien.jugem.jp/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 3 novembre 2012

誠実で正直

今夏、ザルツブルクで行われたノーマン・レブレヒトのマエストロ・ムーティへのインタビューは、中身の濃いものでした。彼はマエストロに対して批判的、シニカルな立場をとってきていたように思いますが、マエストロから引き出している言葉は真摯なものばかりでした。

マエストロが語ったところでは、若い指揮者は指揮法を学ぶことしかせず、音楽を学ばない、とか、ヴェルディが語ったように、人生のモットーは勉強・勉強・勉強だ、とか、オーケストラに大して怒鳴ったことはない、ただ、フィルハーモニア管のコンサートマスターがユーモラスに自分に言ったのは、イタリア語のノーはこうだけれども(語尾の母音をはっきり強く発音する)、英語を話す我々のノーはこうだ(語尾の母音をソフトに発音する)、とか(レブレヒトも大笑い)。

また、自分は誠実で正直な人間だ、音楽では妥協しない、とか、音楽業界や社交的な世界とは距離をおいてノーマルに生きている、とか、ファンとして想像しているとおりのマエストロの姿がその口から語られています。

お母さんは1971年9月に亡くなったそうですが、カンテッリ・コンクールで優勝した後の記念コンサートでも拍手せず、1971年5月にフィレンツェへマエストロの演奏を聴きにきたときも、評論家に、この子はどうでしょうか、と謙虚にたずねるような人だった、とのこと。マエストロはパットナーのインタビューで、演出家としてのキアラさんと共演したときのことについて、自分は決して身内への評価が甘くなる人間でない、とその厳しい眼を語っています。お母さんと同じ考えの持ち主です。

印象的だったのが、オペラは音楽がすべてを語っている、と演出家の手法への疑問をあらためて語っていたことで、《トラヴィアータ》第二幕でジェルモンがヴィオレッタを訪れる際の音楽は、ジェルモンがどういう人か(上から目線、売春婦への目線)を示しているのに、演出家によっては、その音楽の間、ジェルモンは舞台に登場せず、ヴィオレッタがひとりで舞台で何かしていることがある、と音楽と演出の乖離の例に挙げていました。

マエストロが音楽に対して誠実な人であること、音楽家としての自分に厳しい人であることは十分すぎるくらいによくわかっているつもりですが、あらためて、マエストロの視線・気持ちは内側・自分自身に厳しく向けられていて、外に向かって誇示する人ではないこと、その意味でシャイな人であると感じました。

Norman Lebrecht talks to the great Italian conductor, Riccardo Muti
BBC RADIO3

http://www.bbc.co.uk/programmes/b01m5kwm

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

マエストロの新刊

マエストロ・ムーティがヴェルディについて書いた本が11月18日に出版されます。

Corsera紙へ寄稿しているArmando Tornoも関わっています。18日の18時30分にミラノで、マエストロが本を紹介します。

マエストロのサイトに載っています。

http://www.riccardomutimusic.com/home.asp

Verdi, l'Italiano. Ovvero, in musica, le nostre radici

Sarà in vendita dal 18 novembre il volume Verdi, l'Italiano. Ovvero, in musica, le nostre radici a cura di Armando Torno, edito da Rizzoli. Il libro verrà presentato dal Maestro Riccardo Muti il 18 Novembre 2012 ore 18.30 presso il Castello Sforzesco di Milano in occasione di Book City.

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

マエストロは風邪

シカゴの新聞は、マエストロ・ムーティのウィーン・フィル公演のキャンセルについて、ただの風邪、心配することはない、というシカゴ響の広報の言葉を報じています。

2012年11月2日Chicago Sun-Times
Riccardo Muti, struck with flu, cancels Vienna concerts

2012年11月2日Chicago Tribune
Riccardo Muti ill, cancels Vienna concerts

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 1 novembre 2012

テル・アビブのイタリア文化会館にも

マエストロ・ムーティのインタビューを聞いていたら、Fiamma Nirensteinが《エルサレム》を出版したのを紹介する集まりがテル・アビブのイタリア文化会館で行われた際、マエストロも招かれたことを話していました。マエストロとは非常に親しいジャーナリスト、ライターだとマエストロも語っています。イスラエルは南イタリアに雰囲気が似ていて、マエストロは大好きなのだどか。
ちょうど、イスラエル・フィルとヴェルディ レクイエムを演奏していた頃です。

また、ドボルジャークの交響曲第5番を好きな理由を述べる中で、メターチェックに若い頃、9番の演奏を聴いてもらってアドバイスを受けた話もしています。

http://blogs.wfmt.com/andrewpatner/

Muti Time

Andrew presents a new conversation with Chicago Symphony Orchestra music director Riccardo Muti.

http://www.fiammanirenstein.com/articoli.asp?Categoria=6&Id=2911

Il mio ultimo libro presentato a Tel Aviv con il Maestro Riccardo Muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ウィーン・フィル、キャンセル

マエストロ・ムーティはウィーン・フィルの公演をキャンセルしました。

体調が悪いとのことです。

どうぞお大事に。

2012年10月31日apa

Wiener Philharmoniker: Muti sagt drei Konzerte ab

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« ottobre 2012 | Principale | dicembre 2012 »