« aprile 2012 | Principale | giugno 2012 »

54 post da maggio 2012

giovedì 31 maggio 2012

ウィーン・フィル新シーズン

ウィーン・フィルの新シーズンの内容が、同フィルのサイトのカレンダーに反映されています。

マエストロ・ムーティは2012年11月3日、4日、5日です。

http://www.wienerphilharmoniker.at/index.php?set_language=de&cccpage=concerts_detail&set_z_concerts=1193

http://www.wienerphilharmoniker.at/index.php?set_language=de&cccpage=concerts_detail&set_z_concerts=1194

http://www.wienerphilharmoniker.at/index.php?set_language=de&cccpage=concerts_detail&set_z_concerts=1195

Ort: Musikverein, Großer Saal (Wien, Österreich)
Dirigent: Riccardo Muti
Programm:
Luigi Cherubini: Overtüre G-Dur Arthur
Honegger: Symphonie Nr. 2 für Streichorchester und Trompete ad libitum
Franz Schubert: Symphonie Nr. 6, C-Dur, D 589 ("Kleine C-Dur")

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

《二人のフィガロ》録音発売へ

マエストロ・ムーティとケルビーニ管の《二人のフィガロ》の録音が2013年、Ducaleレーベルから発売される予定です。2011年ラベンナ音楽祭上演分です。

http://www3.varesenews.it/economia/articolo.php?id=235391

2012年5月30日Varese news

Il Mercadante di Riccardo Muti sarà un cd Ducale

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

il premio McKim の受賞写真

マエストロ・ムーティは28日、ローマのアメリカン・アカデミーからil premio McKimを授与されましたが、そのときの写真が出ています。

2012年5月30日Vogue.it
Il premio McKim a Muti

http://www.vogue.it/people-are-talking-about/parties-events/2012/05/il-premio-mckim-a-muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 30 maggio 2012

北イタリア地震

北イタリアでの地震の被害が報じられています。

マエストロ・ムーティはローマ歌劇場での《アッティラ》公演の前に、犠牲者に黙祷を捧げました。

2012年5月29日Il gazzettino

Terremoto, Fini annulla il concerto alla Camera

http://www.gazzettino.it/articolo_app.php?id=48947

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 27 maggio 2012

《アッティラ》の成功速報

マエストロ・ムーティのローマ歌劇場公演《アッティラ》の成功が速報で報じられています。

2012年5月26日Il Messaggero
«Attila»
conquista
Roma

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 25 maggio 2012

ローマ大学から名誉学位

マエストロ・ムーティにローマ大学から名誉学位(文学哲学)が贈られました。

10年ほど前に、スカラ・フィルとの演奏会で大学を訪問するとともに、贈られるはずのものでした。

マエストロには驚きをもって迎えられたとのこと。

写真もあります。

http://roma.repubblica.it/cronaca
/2012/05/24/foto/laurea_honoris_causa_al_maestro_muti_cerimonia_a_sorpresa_alla_sapienza-35862157/1/

2012年5月24日la Repubblica
Una laurea honoris causa a Muti la Sapienza fa una sorpresa al maestro

http://roma.repubblica.it/cronaca
/2012/05/24/news/laurea_honoris_causa_a_muti_il_maestro_insignito_alla_sapienza-35859018/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 24 maggio 2012

《アッティラ》の舞台写真

マエストロ・ムーティが指揮するローマ歌劇場《アッティラ》公演の舞台写真が出ています。

2012年5月23日la Repubblica
All'Opera di Roma torna l'Attila di Muti

http://www.repubblica.it/spettacoli-e-cultura/2012/05/23/foto/all_opera_di_roma_torna_l_attila_di_muti-35788708/1/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 23 maggio 2012

フランスのオペラ雑誌

マエストロ・ムーティがカバーストーリーになっています。

http://opera-magazine.com/default/riccardo-muti/

http://opera-magazine.com/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 22 maggio 2012

《ナブッコ》は演奏会方式

2013年にマエストロ・ムーティとローマ歌劇場はザルツブルク音楽祭に出演しますが、《ナブッコ》の演奏会方式でだそうです。

2012年5月23日Il Messaggero
Pereira Romain qesto suono

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ヴェルディ生誕200年

マエストロ・ムーティは2013年のヴェルディ生誕200年に、ローマ歌劇場で《シモン・ボッカネグラ》、《二人のフォスカリ》、《ナブッコ》を上演します。

また、ツアーは来シーズン、ザルツブルク、サンクトペテルスブルク、そして、2014年には日本へ行く予定、とのことです。

2012年5月23日Il Messaggero
lavoro e futuro nel teatro della capitale

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

11月のウィーン・フィル

マエストロ・ムーティとウィーン・フィルの11月公演が、楽友協会のサイトに載りました。

11月3日、4日、5日です。

3. 11.2012 Saturday 15:30 - Großer Saal
Wiener Philharmoniker
Riccardo Muti,
Cherubini • Honegger • Schubert

4. 11.2012 Sunday 11:00 - Großer Saal
Wiener Philharmoniker
Riccardo Muti,
Cherubini • Honegger • Schubert

5. 11.2012 Monday 19:30 - Großer Saal
Wiener Philharmoniker
Riccardo Muti,
Cherubini • Honegger • Schubert

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 21 maggio 2012

映像も観られるローマ大学講演

マエストロ・ムーティは24日、ローマ大学で《アッティラ》について学生たちに話をしますが、インターネットでも見られるそうです。

http://www2.uniroma1.it/streaming.html

Riccardo Muti incontra gli studenti della Sapienza

foto di Riccardo Muti

giovedì 24 maggio 2012 dalle ore 18.00 alle 20.00
aula magna del Rettorato
piazzale Aldo Moro 5, Roma

http://www.uniroma1.it/notizie/riccardo-muti-incontra-gli-studenti-della-sapienza

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 19 maggio 2012

シカゴ響で聴くブラームス

マエストロ・ムーティとシカゴ響の演奏が5月21日から7月3日まで同響のサイトで聴けます。

新聞評ではバイオリンが芳しくなかったのですが。

Muti and Zukerman 
Available for streaming until July 3, 2012       
Chicago Symphony Orchestra                    2012

Brahms Violin Concerto in D Major, Op. 77
  Pinchas Zukerman, violin
Brahms Symphony No. 2 in D Major, Op. 73
Haydn Symphony No. 89 in F Major

http://cso.org/ListenAndWatch/Details.aspx?id=20528

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 17 maggio 2012

7月12日のプログラム

マエストロ・ムーティの7月12日ラベンナ音楽祭公演のプログラムが発表になっていました。

http://www.ravennafestival.org/programma_spettacoli/calendario/pagina1661.html

giovedì 12 luglio, ore 21.00 - Palazzo Mauro de André

CONCERTO DELLE FRATERNITÁ
direttore
RICCARDO MUTI

 

Orchestra Giovanile Luigi Cherubini
Orchestra Giovanile Italiana
Stagione Armonica

direttore del coro Sergio Balestracci

Johannes Brahms
Schicksalslied (Canto del destino) per coro e orchestra op. 54
Rapsodia per Contralto, Coro maschile e orchestra op. 53
Franz Joseph Haydn
Te Deum in do maggiore per coro e orchestra Hob. XXIIIc n. 2
Wolgang Amadeus Mozart
Ave Verum Corpus, mottetto in re maggiore per coro archi e organo Kv 618

In collaborazione con RAI UNO

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ラベンナ音楽祭で対談

マエストロ・ムーティは7月7日、ラベンナ音楽祭で哲学者のカッチャーリと対談します。

sabato 7 luglio, ore 10.30 - Teatro Alighieri
MASSIMO CACCIARI E RICCARDO MUTI
conversazione su “Nobilissima Visione”

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ローマ大学で講演

マエストロ・ムーティは5月25日ローマ歌劇場で《アッティラ》上演初日を迎えますが、前日の24日18時からローマ大学大講堂で、ローマ大学の学生たちと《アッティラ》について話をするそうです。

2012年5月15日Teatro dell'Opera

Il Maestro Riccardo Muti incontra gli studenti della Sapienza

http://www.operaroma.it/news/il_maestro_riccardo_muti_incontra_gli_studenti_della_sapienza

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 15 maggio 2012

インタビュー

マエストロ・ムーティのインタビューがバチカン放送で聴けます。

2012年5月12日radio vaticana

Riccardo Muti ospite di Zoom

http://www.radiovaticana.org/mus/Articolo.asp?c=587262

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 12 maggio 2012

オール・イタリア

マエストロ・ムーティの11日の法王のための演奏について、オール・イタリアであることが報道されています。指揮者、ソリスト、オーケストラ、合唱団、作曲家すべてがイタリア出身であることです。

マエストロ自身は、作品を選んだ理由として、自分のキャリアや人生において最も親密なものを選んだ、と答えています。

なお、演奏会にはクリスティナさん(映像によればブルーのドレス姿)とドメニコさんが出席していて、マエストロとともに法王と歓談したとのこと。

2012年5月12日Il Mattino
Muti, concerto italiano per il Papa musicologo

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

シカゴ響のバナー

シカゴ響のサイトには、マエストロ・ムーティが法王から最高の栄誉を授与されたことを祝福するバナーができています。

http://cso.org/

The CSO congratulates Maestro Muti on receiving the highest papal honor

さきほどお祝いのカードを出してきましたが、ウィーンでもザルツブルクでも、スーパーや文具店を探してはカード作りをしていました。何しているんだか...。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

拍手が粉々にした静寂

マエストロ・ムーティの11日の法王のための演奏で、ヴェルディの《テ・デウム》で演奏が終わる前に拍手が起こり、静寂がだいなしにされましたが、マエストロが拍手を止める仕草を見せたとのこと。

2012年5月12日la Repubblica

I brani sacri di Vivaldi e di Verdi concerto tutto italiano per il Papa
 

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

イタリア大統領のサイト

マエストロ・ムーティとナポリターノ大統領の別のアングルからの写真が載っています。

Città del Vaticano - 11/05/2012

Il Presidente Giorgio Napolitano con il Maestro Muti in occasione del concerto per il settimo anniversario di Pontificato del Santo Padre Benedetto XVI

http://www.quirinale.it/elementi/Continua.aspx?tipo=Foto&key=22992

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

11日の写真続出

マエストロ・ムーティの11日の公演の写真がいろいろ出てきています。

2011年5月11日AFP
Italian director Riccardo Muti performs with the Rome's Teatro dell' Opera orchestra during a concert in the Sala Nervi at the Vatican

http://news.yahoo.com/photos/italian-director-riccardo-muti-performs-romes-teatro-dell-photo-201435247.html

reuters
Italian director Riccardo Muti (L) greets Italian President Giorgio Napolitano in Paul VI Hall at the Vatican May 11, 2012.

http://news.yahoo.com/photos/italian-director-riccardo-muti-greets-italian-president-giorgio-photo-190451874.html

Italian director Riccardo Muti acknowledges at the end of a concert offered to Pope Benedict XVI by Italian President Giorgio Napolitano in Paul VI Hall at the Vatican May 11, 2012

http://sports.yahoo.com/photos/italian-director-muti-acknowledges-end-concert-offered-pope-photo-191836490.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

11日の映像

11日のマエストロ・ムーティの演奏の冒頭部分が映像で出ています。

2012年5月11日Rome reports

Riccardo Muti and Rome's Opera, performs for Benedict XVI to celebrate his 7th anniversary as Pope

http://www.romereports.com/palio/riccardo-muti-and-romes-opera-performs-for-benedict-xvi-to-celebrate-his-7th-anniversary-as-pope-english-6781.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

演奏への感謝

ローマ法王ベネディクト16世はマエストロ・ムーティの演奏を称賛し、感謝を表明したそうです。

2012年5月11日 AP
Pope enjoys concert conducted by Muti at Vatican

http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/n/a/2012/05/11/international/i110810D83.DTL

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

マエストロへの栄誉

マエストロ・ムーティは法王のために11日演奏していますが、ローマ法王より大聖グレゴリウス大十字勲章Gran Croce di San Gregorio magnoが贈られることになりました。

2012年5月11日adnkronos

Musica: Ratzinger conferisce a Muti Gran Croce di San Gregorio magno

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

11日の写真

マエストロ・ムーティの11日の公演の写真が出ています。

2012年5月11日reuters

Italian director Riccardo Muti conducts a concert offered to the Pope by Italian President Giorgio Napolitano in Paul VI Hall at the Vatican May 11, 2012.

http://sports.yahoo.com/photos/people-pictures-while-standing-under-1511-fresco-cardinal-photo-161212654.html

http://sports.yahoo.com/photos/portion-1511-fresco-cardinal-theological-virtues-artist-raphael-photo-160841100.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 10 maggio 2012

永竹先生亡くなる

9日に永竹由幸さんが亡くなりました。

ご自宅へお邪魔したことも何度かありました。心からご冥福をお祈りいたします。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 9 maggio 2012

2009年以来の極東ツアーの日程

マエストロ・ムーティとシカゴ響の極東ツアーの日程は次のとおりです。

http://cso.org/

May 8, 2012
Chicago Symphony Orchestra Announces Tour Plans For 2012/13 Season

前半か後半に行けたら、と思うのですが、英語しかできないので、憂鬱です。

Chiang Kai-Shek National Concert Hall
Friday, January 25, 2013
Taipei, Taiwan
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
STRAVINSKY Divertimento, Suite from The Fairy’s Kiss
BUSONI Suite from Turandot, Op. 41
BRAHMS Symphony No. 4

Chiang Kai-Shek National Concert Hall
Saturday, January 26, 2013
Taipei, Taiwan
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
VERDI Overture to I vespri siciliani
MENDELSSOHN Symphony No. 4 (Italian)
BEETHOVEN Symphony No. 3 (Eroica)

Hong Kong Cultural Centre
Monday, January 28, 2013
Hong Kong
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
STRAVINSKY Divertimento, Suite from The Fairy’s Kiss
BUSONI Suite from Turandot, Op. 41
BRAHMS Symphony No. 4

Hong Kong Cultural Centre
Tuesday, January 29, 2013
Hong Kong
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
VERDI Overture to I vespri siciliani
MENDELSSOHN Symphony No. 4 (Italian)
BEETHOVEN Symphony No. 3 (Eroica)

Oriental Arts Centre
Thursday, January 31, 2013
Shanghai, China
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
VERDI Overture to I vespri siciliani
MENDELSSOHN Symphony No. 4 (Italian)
BEETHOVEN Symphony No. 3 (Eroica)

National Center for the Performing Arts
Sunday, February 3, 2013
Beijing, China
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor

Tianjin Grand Theatre
Monday, February 4, 2013
Tianjin, China
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
VERDI Overture to I vespri siciliani
MENDELSSOHN Symphony No. 4 (Italian)
BEETHOVEN Symphony No. 3 (Eroica)

Seoul Arts Center
Wednesday, February 6, 2013
Seoul, South Korea
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
STRAVINSKY Divertimento, Suite from The Fairy’s Kiss
BUSONI Suite from Turandot, Op. 41
BRAHMS Symphony No. 4

Seoul Arts Center
Thursday, February 7, 2013
Seoul, South Korea
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
VERDI Overture to I vespri siciliani
MENDELSSOHN Symphony No. 4 (Italian)
BEETHOVEN Symphony No. 3 (Eroica)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

日本公演がないことについて

マエストロ・ムーティとシカゴ響極東ツアーに日本が含まれていない理由を問われて、シカゴ響会長は単に日程の問題、これまで訪れたことのないところへ行きたかった、シャンハイ・ペキンの地は新たに大きく広げたい関係の代表になっている、日本へもすぐに訪れる、と語っています。

2012年5月9日chicago Tribune

CSO, Muti announce tours of Far East, Mexico in 2012-13

http://www.aberdeennews.com/entertainment/chi-cso-muti-mexico-asia-tours-201213-20120508,0,5053889.column

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

シカゴ響アジアツアー

マエストロ・ムーティとシカゴ響はアジアツアーを2012年1月、2月に行います。

1月25日、26日がタイペイ、1月28日、29日がホンコン、1月31日がシャンハイ、2月3日がペキン、2月4日がテンシン、2月6日、7日がソウルです。

シカゴ響にとってはタイワン、ソウルへのデビューにあたるそうです。

2012年5月9日AFP

Muti to lead Chicago orchestra on tours of Asia, Mexico

http://www.france24.com/en/20120509-muti-lead-chicago-orchestra-tours-asia-mexico

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 8 maggio 2012

楽友協会デビューは1974年

マエストロ・ムーティは5月7日、楽友協会での演奏会について150回目という記録をうちたてました。ナポリの新聞、イル・マッティノ紙も報じています。

デビューは1974年。

今日の演奏会では、毎楽章間に拍手が入ってしまいました。

シカゴ響の最近のロシアツアーの記事には、同じ現象が見られたことが述べられていましたっけ。

マエストロの記念すべき公演だったのですが...。

大きなカードに三色旗と楽友協会の写真を貼り付けて、楽友協会での150回目の公演、おめでとうございます、とゴールドペンで書いたものを、マエストロへ渡していただきました。

こういう子供っぽいことしかできなくて...。

2012年5月8日Il Mattino
Per Muti 150 concerti al Musikverein

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

マエストロ・ポリーニ

マエストロ・ポリーニのウィーン楽友協会公演がキャンセルになりましたが、同協会のfacebookのページには、マエストロ・ムーティとスカラ・フィルの公演に出演した際のモーツァルト ピアノ協奏曲第21番の映像のリンクが載っています。

Maurizio Pollini & Riccardo Muti - Mozart: Piano Concerto No. 21 K. 467 - Orch. Fil. della Scala

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ウィーン・フィルが国立歌劇場の名誉会員に

個人ではなく、団体が、はじめてウィーン国立歌劇場の名誉会員になりました。

5月7日夜、発表になったもので、ウィーン国立歌劇場が Dominique MeyerとFranz Welser-Möstという 現体制になってから、両団体の関係はより強固なものになったとのこと。

2012年5月7日APA

Philharmoniker wurden Staatsopern-Ehrenmitglied

http://derstandard.at/1334797256292/Wiener-Staatsoper-Philharmoniker-wurden-Staatsopern-Ehrenmitglied

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 7 maggio 2012

3人の法王のために演奏したマエストロ

マエストロ・ムーティは、過去、3人の法王のために演奏しています。

1人目はモンティニ、パウロ6世で、1965年にヴェルディ音楽院のオーケストラと合唱団をバチカンで指揮し、合唱団にはクリスティナさんもいて、その後結婚した、とのこと。曲目はスカルラッティとヴィヴァルディ。

2人目はヨハネ・パウロ2世で、1986年にバチカンでRAIのオーケストラと合唱団を指揮してケルビーニを演奏し、2000年にはウィーン・フィルを指揮してバッハのロ短調ミサを演奏した、最も印象に残っているのは1983年にスカラ座を指揮したときのことで、法王はボックス席ではなく平土間に座っていた、とのこと。

3人目が今回のベネディクト16世で、自身が研鑽を積んだ音楽家であることを考えると、その前で演奏することに少し畏れを感じる、とマエストロは語っています。

2012年5月6日Avvenire
Muti: «Che emozione dirigere per Ratzinger»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

楽友協会150回目の公演

マエストロ・ムーティは楽友協会での150回目の公演を7日、迎えるそうです。

おめでとうございます、マエストロ!

2012年5月6日kurier
Umjubelter Auftakt für Festwochen-Konzerte

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

マエストロが語ったこと

マエストロ・ムーティは5月5日、ウィーン楽友協会マグナ・オーディトリウムで音楽評論家Sinkoviczを相手に、話をしました。

マエストロの上演したオペラの映像の一部が3作品上映され、それをもとに話が進み、最後に、ウィーン楽友協会200周年について語りました。

3作品とは、まず、スカラ座での《オテロ》冒頭のオテロの帰還部分で、マエストロのオペラ上演の信条のようなものが語られました。

二つ目はローマ歌劇場での《ナブッコ》から《行け、我が想いよ》が、繰り返された部分も含めて上映され、マエストロのイタリアやヨーロッパの文化の現状についての意見が語られました。

三つ目はウィーン国立歌劇場との《コシ・ファン・トゥッテ》から《風よ穏やかに》が上映され、マエストロのキャリアがどのように国際的なものになっていたかが語られました。

スカラ座で上演された《オテロ》は、マエストロ指揮の上演当時、ディアパゾンが低く設定されたことが大きな話題になりましたが、マエストロによれば、それはヴェルディが書いたとおりであり、それによって声の響きの美しさが表現されているけれども、現在はディアパゾンが全般に高くなっていて、確かに弦の輝きは聴けるが、歌手ののどを殺すことになる、と語っています。スカラ座はこの上演のために楽器を新しく注文しています。なお、ザルツブルク音楽祭で《オテロ》を上演した際は、ディアパゾンが現行のままだったとのこと。

ヴェルディは作曲当時から演奏家たちに、自分が楽譜に書いたとおりに演奏してくれ、と手紙にも書いていた、とマエストロは話しています。

スカラ座での《オテロ》はリハーサルに何週間もかけたことが、当時の記事にも載っていましたが、そして、それは、新しいスカラ座からは消えてなくなった、有名なリハーサル室sala giallaで行われました。マエストロはフィレンツェ歌劇場時代にも《オテロ》を上演し、それは、コッスッタがタイトルロール、デズデモナがスコットでしたが、スカラ座で上演するに際しては、ドミンゴ(マエストロはプラシドと言っていました)以外にオテロは考えられず、スカラ座で、しかも、オテロを歌うことをためらう彼に、マエストロは、他の歌手は考えられない、と説得したそうです。そして、それが彼にとって最後のオテロになったとのこと。

ヴェルディはその作品を作曲した年齢にふさわしい愛情を描いていて、《オテロ》では30代のような性急な愛情を描かず、また、《ファルスタッフ》では、若い二人を見守るような愛情を描いているとのこと。

また、そもそも、ヴェルディ レクイエムは男声で終わっていたところを、当時恋人だったソプラノ歌手に歌わせられるように、リベラ・メを終わらせ、マエストロは、指揮をしながら、そういった事情は考えないようにしている、とジョークを飛ばしていました。

自分が子供の頃、聖人だと教えられた、たとえば、イタリア祖国の父ヴィットリオ・エマヌエレ2世はたくさんの子供を各地で生ませたから祖国の父なのだと言って、笑わせ、もうひとりの聖人ヴェルディも、妻ジュゼッピーナのほかに恋人テレーザ・シュトルツがいて、ミラノの「憩いの家」は嫉妬のうちに亡くなったジュゼッピーナを慰めるために建てられた、といって爆笑を誘いました。

ローマ歌劇場での《我が想いよ》を、美しいイタリア、音楽の伝統を持つイタリアが失われることを悲しむ歌にしてはいけない、とオーケストラボックスの指揮台から聴衆に語りかけ、アンコールを聴衆を指揮しながら演奏したマエストロの映像は、マエストロによれば、すぐに効果があり、翌日、閣僚が文化予算のカットをやめた、と語っています。

マエストロは文化をないがしろにするイタリア政府と何十年も戦ってきた、劇場がこのままでは年老いた人たちだけが行くところになってしまう、若い人たちがもっと来るように支えていかなければならない、若者たちにとっては、レディガガのほうがクラシック音楽よりもいいに決まっているのだから、と危機感を語っています。

《行け、我が想いよ》は北ロンバルディア同盟という保守グループが国歌にすることを主張していますが、マエストロは、サッカーの国際試合前にこの曲が歌われたら、士気が落ちるのではないか、虜囚が失われた祖国を想う歌なのだから、とユーモアをまじえて話しています。

マエストロはスカラ座音楽監督になってすぐに《ナブッコ》を上演し、このときも、二日目にアンコールにこたえています。トスカニーニ以来のアンコール禁止を知っていたし、スカラ座初日は特別な人たち、セレブリティが多く客席を占める日なので、繰り返さなかったけれども、二日目も拍手がなりやまず、音楽監督になったばかりの自分が舞台の合唱団をみやると、アンコールをうながすかのように重々しくうなづくので、アンコールにこたえた、でも、ローマ歌劇場では初日からアンコールにこたえた、と聴衆の違いにも触れています。

スカラ座でアンコールを行った翌日の新聞には、アンコールはよかったのか、悪かったのか、多くの人の意見が載っていて、当時の首相クラクシさえも答えていて、彼はnoだった、とその反響の大きさを語っていました。

ウィーン国立歌劇場との《コシ・ファン・トゥッテ》(フリットリ、キルヒシュラーガーが姉妹)については、ザルツブルク音楽祭での同作品の上演が自分を国際舞台に引き上げた、とカラヤンに抜擢されたエピソードを語っています。フィルハーモニア管とのUSAツアー中に、早朝、カラヤン自身からかかってきた電話を、いたずら電話だと最初は相手にせず、また、カラヤン本人からだとわかった後も、《コシ》上演受諾をためらった様子を話しました。ベームの大成功プロダクションであり、その後を自分が引き受けるとなれば、自分のキャリアはそこで終わる、実際、ザルツブルク音楽祭の首脳にはカラヤンは一切断ることなく秘密裡にマエストロに依頼し、発表後も、新しいプロダクションの指揮者として再度考えられていたベームは、「自分のコシなのに」と嘆いたとのこと。

このときのカラヤンの有無を言わせない態度、siかnoかだけ答えよ、と完璧なイタリア語の発音でマエストロに迫る様子、そもそも、どうしてここにいることがわかったのか、と質問すると、探そうと思えば見つかるものだ、と述べた様子など、カラヤンの雰囲気が伝わってくる話しぶりにも爆笑。

この《コシ》は大成功に終わり、自分は国際舞台で知られることになった、とマエストロは話し、現在の自分の世代前後でカラヤンの援助を受けていない指揮者はいない、とカラヤンの偉大さを称賛しています。

ザルツブルク音楽祭では1971年からウィーン・フィルとの関係が途切れることなく続き、当初は、過去の偉大な巨匠たちのもとで演奏したことのあるメンバーがたくさんいて、自分は教えられることばかりだったけれども、現在では自分が最年長であり、彼らのことをバンビーニと呼ぶ、とジョークを言っています。

楽友協会200周年のプログラムにサリエリを選んでいるマエストロですが、彼もまた天才なのに、モーツァルトが同じ道にいたために、正当な評価を得られない不幸があった、ロッシーニは最も偉大な作曲家としてベートーベンをあげたけれども、モーツァルトはどうかと問われたロッシーニは、モーツァルトは唯一無二の作曲家だと、別格である旨を答えたくらいだ、モーツァルト毒殺説があるが、モーツァルトの子供を養育したのはサリエリだ、とも話しています。

楽友協会はディレッタントという名前をもって創設され、楽友協会合唱団もアマチュアからなっている、そもそも、アマチュアとはプロと対峙する意味を持っていたのではなく、女性、女性を愛せ、音楽への愛を意味しており、ディレッタントも、自分から楽しむこと、身体的にも精神的にも必要とされる喜びを意味していた、とマエストロは語り、オットー・ビーバが見つけたサリエリの言葉maniera languida, Smorfiosa 、ディレッタントを排除しようとすることと戦っていたサリエリの、無気力は楽しむことをなくし渋面を生む、というこの言葉を英訳して、シカゴ響の音楽監督室に掲げているそうです。

マエストロは2時間近く、ほとんどひとりで止まることを知らずに話し続け、音楽の才能だけでなく、話術の天才であることも見せてくれました。指揮者が自分の考えをいかに他人に伝えるかをその真髄にしている以上、話上手であること、コミュニケーションの天才であることも、当然といえるのかもしれません。

話の中で、ごく自然に歌って見せたり、これぞ現実的なイタリア人のジョークと思われるリアルな辛口のジョークがとまらず、本当に、マエストロはハイな雰囲気でした。

最後に会場から大きな大きな拍手が送られたことは言うまでもありません。

ありがとうございました、マエストロ!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 6 maggio 2012

ヴェルディのソリスト

マエストロ・ムーティは5月11日に法王のために演奏しますが、ヴェルディのソリストはソプラノのRosa Feola だそうです。

il "Magnificat" in sol minore RV 611 di Antonio Vivaldi che sarà eseguito con la partecipazione del soprano Daniela Barcellona, e due dei "Quattro pezzi sacri" di Giuseppe Verdi: lo "Stabat Mater" e il "Te Deum" con il soprano Rosa Feola come voce solista.

また、演奏はTelecomのライブストリーミングでも聴けるそうです。

2012年5月6日la Repubblica

Muti, concerto in Vaticano per Benedetto XVI

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Teatro Saverio Mercadante

アルタムーラのil Maestro Riccardo Muti inaugura il Teatro Saverio Mercadante
Teatro Saverio Mercadante を来年、マエストロ・ムーティが開場させることになりそうです。

マエストロが4月にナポリを訪れた際(シカゴ響公演)、アルタムーラから赴いた特使がマエストロと会い、再度、要請したとのこと。去年6月にもラベンナ音楽祭を訪れて、要請しています。

承諾することが濃厚となれば、演目は何がふさわしいか、を検討することになります。

http://www.baritoday.it/cronaca/inaugurazione-teatro-mercadante-altamura-muti.html

2012年5月5日Bari Today

il Maestro Riccardo Muti inaugura il Teatro Saverio Mercadante
Altamura:
il Maestro Riccardo Muti inaugura il Teatro Saverio Mercadante

Potrebbe interessarti: http://www.baritoday.it/cronaca/inaugurazione-teatro-mercadante-altamura-muti.html
Seguici su Facebook: http://www.facebook.com/pages/BariToday/211622545530190

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 5 maggio 2012

the University Musical Society (UMS)

マエストロ・ムーティとシカゴ響は9月27日、the University Musical Society (UMS)の新シーズンに組み込まれた演奏会を開きます。

9/27
Choral Union Series
Chicago Symphony Orchestra
Thursday, September 27, 2012, 7:30 pm
Hill Auditorium
Riccardo Muti, conductor

Wagner: Overture to The Flying Dutchman (1843)
R. Strauss: Death and Transfiguration, Op. 24 (1889)
Franck: Symphony in d minor (1888)

http://ums.org/performances/chicago-symphony-orchestra1

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

法王のための演奏

マエストロ・ムーティのオフィシャル・ウェッブ・サイトに5月11日の法王のための演奏予定が乗りました。

Concerto per il Papa Vivaldi, Verdi
data: 11 maggio 2012
orchestra: Orchestra del Teatro dell' Opera di Roma
coro: Coro del Teatro dell' Opera di Roma    
Sala Paolo VI in Vaticano

Note 11 maggio 2012 - Concerto per il Santo Padre ore 17.50
Sala Paolo VI in Vaticano
Orchestra e Coro del Teatro dell'Opera di Roma
Antonio VIVALDI - Magnificat per soli, coro e orchestra in sol minore RV 611
Solista: Daniela Barcellona
Giuseppe VERDI - Stabat Mater per coro e orchestra dai Quattro pezzi sacri - Te Deum per doppio coro e orchestra dai Quattro pezzi sacri  

http://www.riccardomuti.com/Concerti_Visualizza.aspx

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

facebookのページは関知しない

ウィーン・フィル(Philharmoniker-Vorstand Clemens Hellsberg、 Geschäftsführer Dieter Flury) によれば、facebookのページに英語のウィーン・フィルのページがあるけれども、自分たちは関知しない、facebookや他のSNで作成する予定はない、facebookとは無縁の世代なのだろう、とのこと。

http://wien.orf.at/news/stories/2531598/

2012年5月4日wien orf

Philharmoniker nicht „Generation Facebook“

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

BUEHNE誌5月号

BUEHNE誌5月号に、マエストロ・ムーティとウィーン・フィルの楽友協会設立200周年記念コンサートが、5月のお奨めコンサートとして載っています。楽友協会のfacebookのページでも触れています。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

シカゴ響の2012-2013シーズンのツアー

シカゴ響の2012-2013シーズンのツアーは、月曜日7日に発表されるとのことです。

2012年5月4日Chicago Tribune
CSO takes a step up on global stage

http://www.chicagotribune.com/entertainment/music/ct-ae-0506-cso-europe-20120504,0,3073248.story

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 4 maggio 2012

ウィーン・フィル新シーズン

ブラームスをテーマにしたウィーン・フィル新シーズンが発表になりました。マエストロ・ムーティの登場の機会は、楽友協会の新シーズンでも明らかにされているように、少なくなっています。11月のオネゲルとシューベルトです。

2012年5月4日wien orf
Philharmoniker: Familienfeiern und viel Brahms

http://wien.orf.at/news/stories/2531598/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

リハーサルに登場

ウィーン・フィルを指揮してサリエリを演奏するマエストロ・ムーティですが、Wiener Singvereinのリハーサルが3日始まったことが、Wiener Singvereinのtwitterで紹介されています。マエストロもピアノを弾き、リハーサルをしているとのことです。

写真もあります。

https://twitter.com/#!/Singverein

https://twitter.com/#!/Singverein/status/198106792545357825/photo/1

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

法王の前での演奏

マエストロ・ムーティは5月11日、ローマ歌劇場管・合唱団を指揮して法王の前で演奏しますが、17時50分からRAI5で中継されるそうです。

amadeus online

2012年5月3日Muti per il Papa

http://www.amadeusonline.net/news.php?ID=1336054652

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 3 maggio 2012

サリエリのオペラ

ウィーン楽友協会のfacebookのページに、マエストロ・ムーティがスカラ座での上演前に《見出されたエウローパ》について語っている映像のリンクが貼られています。

Riccardo Muti presenta l'Europa Riconosciuta

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

《マクベス》の演奏会形式

マエストロ・ムーティはシカゴ響2013年ー2014年に《マクベス》を演奏会形式で演奏することも考えているそうです。

2012年2月6日Chicago Sun-Times

Variety marks the CSO’s 2012-13 season, announced Monday

http://viewfromhere.typepad.com/the_view_from_here/2012/02/initial-post-embargo-post-on-cso-and-riccardo-muti-2012-2013-season-announcement.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

シカゴ響極東ツアー

マエストロ・ムーティとシカゴ響の極東ツアーはまだ発表されていませんが、次のような内容でつめているようです。

2012年2月6日Chicago on the aisle
Chicago Symphony’s 2012-13 plans highlight Wagner, Stravinsky and waterway themes

Riccardo Muti was in a relaxed and convivial mood Monday as he pored over the details of the Chicago Symphony Orchestra’s 2012-13 season, his third as music director. The maestro also let out some tantalizing details of a planned Asian tour with stops in Taipei, Hong Kong, Shanghai and Seoul.

http://www.chicagoontheaisle.com/2012/02/06/chicago-symphony-announces-2012-13-season/

2012年2月6日Chicago Sun-Times
Variety marks the CSO’s 2012-13 season, announced Monday

http://viewfromhere.typepad.com/the_view_from_here/2012/02/initial-post-embargo-post-on-cso-and-riccardo-muti-2012-2013-season-announcement.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Hong Kong Arts Festival

2013年のHong Kong Arts Festivalにマエストロ・ムーティとシカゴ響が出演することを教えていただきました。

ありがとうございます。

フェスティバルは2013年1月28日から3月24日開催です。

http://www.hk.artsfestival.org/en/2013_hkaf_highlights

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 2 maggio 2012

Renzo Pianoのプロジェクト

l'AquilaにRenzo Pianoによるホールが建設されていて、230席のホールは9月開場予定、マエストロ・ムーティが演奏する予定、とのことです。地震後の演奏会でも再訪を約していましたが。

Auditorium temporaneo a L'Aquila

http://www.archilovers.com/p32256/Auditorium-temporaneo-a-LAquila

2012年5月1日unita
L’Aquila ferita, Cialente cerca bis per la rinascita

http://www.unita.it/italia/l-aquila-ancora-ferita-cialente-cerca-il-bis-per-la-rinascita-1.406355?page=2

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 1 maggio 2012

イタリアの町を紹介した本

ラベンナやナポリも紹介されています。

http://www.akashi.co.jp/book/b101409.html

イタリアを旅する24章
明石書店 2000円 2012年4月

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

シカゴ響会長の言葉

シカゴ響会長がツアーを総括する中で、マエストロ・ムーティには、世界中、その公演についてまわっているといえるくらい、とても頻繁にマエストロの公演で見かける、マエストロと非常に親しい人たちがいる、と語っています。シカゴ響会長は、そのメンバーたちがどれほどイタリア公演でマエストロに拍手喝采と掛け声を送っているかを書き、、その中のひとりは、マエストロのイタリアでの私設秘書Milena Borromeoさんであることにも触れています。

昨年ザルツブルクに行った折、そのメンバーたちと毎日会うため、お話できましたが、イタリア語がもっと話せたらなあ、と英語とイタリア語で話しながら、少し残念でした。イタリアにはイタリアの、ウィーンにはウィーンの、ザルツブルクにはザルツブルクの、多くの、そして重なる固定メンバーがいて、ヨーロッパにいるファンが本当にうらやましくなります。

http://cso.org/res/tours/RussiaItaly2012/journal.aspx

April 28: The CSO's Return to Chicago, A Message from CSOA President Deborah Rutter

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ラベンナ公演の写真

マエストロ・ムーティとシカゴ響ラベンナ公演の写真が同響のfacebookのページに載りました。

ケーキの写真や、マエストロが終演後多くのファンに囲まれているところ、終演後のディナーでのスピーチで爆笑を誘っている様子など、なごやかな雰囲気です。

CSO Russia & Italy: Ravenna. By Chicago Symphony Orchestra (Albums)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« aprile 2012 | Principale | giugno 2012 »