« luglio 2011 | Principale | novembre 2011 »

9 post da ottobre 2011

lunedì 10 ottobre 2011

July 11 at 07:16

今年のラベンナ音楽祭でのマエストロ・ムーティの言葉に感動します。

音楽は人々の心に直接届く、言葉は、国籍や文化が異なる人々の間の相互理解には役立たない。
また、今回のような体験について、将来、また、貢献したいと思っていると語っています。一方、マエストロは、70歳の誕生日を迎えますが、ある人たちのように、50歳記念コンサート、60歳記念、70歳記念、といったようなことはしない、多民族・多文化の世界が変化していくのを乗り越えていくよう、手を貸すことに貢献したい、もっと世界は文化の多様性が必要だし、このような音楽の機会を設けることは、それを加速化する、とも語っています。
2011年7月11日Liberta'
«La musica va al cuore della gente»
Il maestro Muti: non servono parole tra nazioni e culture diverse

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

July 11 at 07:08

マエストロ・ムーティのラベンナ音楽祭ナイロビ公演では、最後に演奏された《行け、我が想いよ》に、ケニヤの国立ユース管とナイロビの学校の児童からなる合唱団が加わりました。特に、児童たちにとっては、何か月にもわたって練習を積んだ上での演奏だったとのこと。

2011年7月11日Liberta'
«La musica va al cuore della gente»
Il maestro Muti: non servono parole tra nazioni e culture diverse

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

July 11 at 05:21

合唱をとりあげた漫画としては、最新の『少年ノート』のほか、『オトノハコ』も気に入っています。『少年ノート』は10日の朝日新聞がとりあげていて、少し驚きました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

July 10 at 14:17

マエストロ・ムーティはナイロビ公演を終えて、印象的なコメントをいくつか残しています。

ラベンナ音楽祭『友情の道』公演の15年間で、最も重要な公演になった、と語っています。音楽があらゆる違いを超えたものであることを最も明確に示しているから、とのこと。
マエストロの理想とする公演は、演奏家と聴衆の境界がないようなもので、オーケストラが真ん中に、その周囲を聴衆が囲み、けれども、演奏家の周縁は定かではないほど、聴衆の中にとけこんでいる、といったもので、ナイロビ公演ではそれが見られた、とのこと。

2011年7月10日Avvenire
«È il mio viaggio più importante»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

July 10 at 13:35

マエストロ・ムーティのラベンナ音楽祭ナイロビ公演は、RAIで7月28日に放映されるそうです。マエストロの70歳誕生日記念の意味もあるのでしょう。キャスターはVespaです。

2011年7月10日Il Mattino

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

July 09 at 16:04

マエストロ・ムーティのラベンナ音楽祭ナイロビ公演の写真の続きが出ています。

2011年7月9日la Repubblica
Muti a Nairobi per i ragazzi delle Bidonville

http://www.repubblica.it/spettacoli-e-cultura/2011/07/09/foto/muti_a_nairobi_per_i_ragazzi_delle_bidonville-18919257/1/

www.repubblica.it
Migliaia di spettatori hanno assistito a Nairobi, in Kenya, al concerto gratuito "le vie dell'amicizia" diretto da Riccardo Muti. Duecento musicisti dell'orchestra Cherubini, accompagnati per l'occasione da coristi e artisti kenioti, hanno dato vita a un concerto senza precedenti nell'Uhur

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

July 09 at 15:04

マエストロ・ムーティのラベンナ音楽祭ナイロビ公演で《行け、我が想いよ》が演奏されたことを、イタリア統一から地理的に非常に遠いところで、イタリア統一と非常に縁のない人々によって演奏された、と報じています。

2011年7月9日ANSA
Concerto di Muti a Nairobi
Il concerto nel parco Uhururu

漫画『ウエストウッド・ビブラート』にも、ユダヤ人収容所で演奏されたこの曲がとりあげられていました。ガス室での殺戮を止めた演奏として描かれています。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

July 09 at 14:41

マエストロ・ムーティによるラベンナ音楽祭ナイロビ公演が終了しました。
公演の写真が載っています。

2011年7月9日 la Repubblica
Muti, impegno per l'Africa: concerto a Nairobi
http://www.repubblica.it/esteri/2011/07/09/foto/muti-18910237/1/

www.repubblica.it
Riccardo Muti dirige il concerto "Le vie dell'amicizia" a Nairobi, un'iniziativa del Ravenna Festival. L'evento, allestito nell'Uhuru Park, è organizzato per i ragazzi delle bidonville della capitale del Kenya e punta a coinvolgere i giovani degli slum della città, portando s

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

July 08 at 17:59

イタリアとケニアを結ぶ、芸術と美、連帯の架け橋

マエストロ・ムーティは7月6日、ラベンナ音楽祭ピアチェンツァ公演を指揮しましたが、公演後のインタビュー(記者会見)記事がピアチェンツァの新聞に載っています。
両国の芸術と美、連帯の架け橋としての公演であると語るとともに、ラベンナを訪れていたナイロビからの出演者のひとりの少年が、ラベンナの海で命を落としたにもかかわらず、同音楽祭への出演はとりやめないという決定をした彼らに、非常に心を打たれた、と語っています。

2011年7月8日Liberta'
Intervista con il maestro Muti«Questi ragazzi africanimi hanno molto colpito»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« luglio 2011 | Principale | novembre 2011 »