« ローマ歌劇場首脳がザルツブルクに登場 | Principale | ローマ歌劇場での上演 »

lunedì 13 giugno 2011

ナポリ派音楽はバロックとは異なる

マエストロ・ムーティとケルビーニ管ザルツブルク公演に同行しているピアチェンツァの記者の記事も、興味深く読みました。

《I due Figaro》の音楽について、重唱の素晴らしさを書いていましたが、大いに同感です。

また、マエストロが10日の記者会見で語ったこととして、ナポリ派音楽はバロックとは異なる、別物、という言葉を紹介していました。
そのとおりです。
マエストロは3回も主張していたとのこと。メルカダンテがいなければ、ドニゼッティもベッリーニもヴェルディもいなかった、と強調していた、とも書いています。

2011年6月12日Liberta'
Per Muti e la Cherubini 10 minuti di applausi

«I miei 5 anni al Festival? Bilancio positivo»

|

« ローマ歌劇場首脳がザルツブルクに登場 | Principale | ローマ歌劇場での上演 »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66833/51933068

Di seguito i weblog con link a ナポリ派音楽はバロックとは異なる:

« ローマ歌劇場首脳がザルツブルクに登場 | Principale | ローマ歌劇場での上演 »