« 聖霊降臨祭音楽祭開幕への期待 | Principale | 70歳を前に »

domenica 5 giugno 2011

スペインの雰囲気満載のメルカダンテ

演出家のSagiもNYタイムズ紙のインタビューで語っていましたが、マエストロ・ムーティがザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭で上演する《I due Figaro》はスペインの雰囲気が漂う作品です。
登場人物がスペイン的なキャラクターも備えているだけでなく、音楽もラテンの香りを漂わせ、ファンダンゴ、ボレロなどの音楽がたち現われるもので、ピアチェンツァでのリハーサルでマエストロは、腰かけながら、踊り、左足を表現豊かに激しく踏み鳴らし、とオーケストラを鼓舞していたそうです。それでは、古典的すぎる、とか、もっと、熱狂的に、など、オーケストラに指示を出していた、と記者は書いています。

2011年5月23日Liberta'
«Ragazzi, vi voglio vedere più scatenati!»

|

« 聖霊降臨祭音楽祭開幕への期待 | Principale | 70歳を前に »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66833/51864639

Di seguito i weblog con link a スペインの雰囲気満載のメルカダンテ:

« 聖霊降臨祭音楽祭開幕への期待 | Principale | 70歳を前に »