« maggio 2011 | Principale | luglio 2011 »

54 post da giugno 2011

giovedì 30 giugno 2011

《I due Figaro》の映像

マエストロ・ムーティが指揮する《I due Figaro》の数分の映像が出ています。

2011年6月29日Il Foglio
Le femministe che spaventavano la Spagna carlista

http://www.ilfoglio.it/soloqui/9465

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 29 giugno 2011

ラベンナ音楽祭ピアチェンツァ公演

マエストロ・ムーティのラベンナ音楽祭7月7日ピアチェンツァ公演がインターネットで放送されます。

http://www.radio3.rai.it/dl/radio3/concerti/ContentItem-f68ce321-8812-47cf-9ebf-1e66bf359581.html

RAI Radio 3
mercoledì 13 luglio 2011 20.30

Locandina

FESTIVAL DEI FESTIVAL

RAVENNA FESTIVAL

Le Vie dell'Amicizia

Orchestra Giovanile Luigi Cherubini

Orchestra Giovanile Italiana

La Stagione Armonica

Coro del Teatro Municipale di Piacenza

maestri del coro: Sergio Balestracci, Corrado Casati

direttore, Riccardo Muti

soprano, Anna Kasyan

mezzosoprano, Anna Malavasi

tenore, Piero Pretti

baritono, Alessandro Luongo

basso, Luca Dall’Amico

con la partecipazione di giovani artisti acrobati e percussionisti degli slum di Nairobi

Vincenzo Bellini

Norma: Sinfonia

Vincenzo Bellini

I Puritani: “Suoni la tromba, e intrepido”

Giuseppe Verdi

Rigoletto:  “La donna è mobile”

Giuseppe Verdi

Rigoletto:  “Un dì se ben rammentomi...Bella figlia dell’amore”

Giuseppe Verdi

Il Trovatore: “Vedi le fosche notturne spoglie”

Giuseppe Verdi

Il Trovatore: “Stride la vampa”

Giuseppe Verdi

La Forza

del Destino: Sinfonia

Giuseppe Verdi

La Forza

del Destino: Finale atto II “Il Santo nome di Dio Signore sia benedetto.

La Vergine

degli Angeli”

Giuseppe Verdi

Nabucco (Nabucodonosor): Sinfonia

(con aggiunta di percussioni africane)

Giuseppe Verdi

Nabucco:

“Gli arredi festivi” (coro)

“Va pensiero” (coro) con inserimento nel coro dei 200 ragazzi africani

Registrato il 7 luglio 2011 al Palazzo Mauro de André di Ravenna.

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 28 giugno 2011

シカゴ響のプレスリリース

マエストロ・ムーティとシカゴ響の来春のツアーについて、プレスリリースが同響のサイトに載りました。

http://cso.org/

2011年6月27日 CSO News
RICCARDO MUTI LEADS
CHICAGO SYMPHONY ORCHESTRA
IN TWO-WEEK TOUR OF RUSSIA AND ITALY

Tour Itinerary

Moscow, Russia
Great Hall of the Moscow Conservatory
Wednesday, April 18, 2012
Thursday, April 19, 2012
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor

St. Petersburg, Russia
Great Hall of the Philharmonia
Saturday, April 21, 2012
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor

Rome, Italy
Teatro dell’Opera di Roma
Monday, April 23, 2012
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor

Naples, Italy
Teatro San Carlo
Tuesday, April 24, 2012
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor

Brescia, Italy
Teatro Grande
Thursday, April 26, 2012
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor

Ravenna, Italy
Palazzo Mauro De André
Friday, April 27, 2012
Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

シカゴ響のロシア・イタリア・ツアー

the “American Seasons” in Russia の発表に伴って、マエストロ・ムーティとシカゴ響のロシア・イタリア・ツアーのニュースが通信社より配信されています。

USAの主要オーケストラの訪露は20年ぶりであることがここでも特記されています。

ツアーの日程はモスクワ が2012年4月18日、4月19日、サンクトペテルブルク が4月21日、ローマが4月23日、 ナポリが4月24日、ブレーシャが4月26日、ラベンナが4月27日です。

2011年6月27日AFP
Muti to lead Chicago orchestra tour of Russia, Italy

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 27 giugno 2011

70歳記念放送

ORFでマエストロ・ムーティの70歳記念のミニ特集でがあり、過去のザルツブルク音楽祭での公演の放送があります。

http://oe1.orf.at/programm/279897

OE1・ORFSamstag 23. Juli 2011 15:05

Riccardo Muti
Apropos Klassik

Komponist/Komponistin: GAETANO DONIZETTI (1797-1848)
Gesamttitel: Salzburger Festspiele 1971, OPER aufgenommen am 11. August im Kleinen Festspielhaus
Gesamttitel: Don Pasquale - Komische Oper in drei Akten
Titel: Ouvertüre
Orchester: Wiener Philharmoniker
Leitung: Riccardo Muti

KEIN APPLAUS
Länge: 07:23 min
Label: ohne Angabe

Komponist/Komponistin: ROBERT SCHUMANN (1810-1856)
Gesamttitel: Salzburger Festspiele 1972, Orchesterkonzert Nr. 11
Titel: Konzert op. 54 a-Moll für Klavier und Orchester
* Allegro affettuoso (1. Satz)
* Intermezzo. Andantino grazioso (2. Satz)
* Allegro vivace (3. Satz)
Solist/Solistin: Svjatoslav Richter, Klavier
Orchester: Wiener Philharmoniker
Leitung: Riccardo Muti
Länge: 29:55 min
Label: ohne Angabe

Komponist/Komponistin: WOLFGANG AMADEUS MOZART (1756-1791)
Textdichter/Textdichterin, Textquelle: Lorenzo da Ponte / Libretto (1749-1838)
Album: Salzburger Festspie 1982, OPER aufgenommen am 1. 8. 1982 im Kleinen Festspielhaus
Gesamttitel: Cosi fan tutte. KV 588, Opera buffa in zwei Akten (Ausschnitt)
Titel: 1. Akt Finale
Textanfang: Dove son?
Solist/Solistin: Margaret Marshall, Sopran (Fiordiligi)
Solist/Solistin: Agnes Baltsa, Mezzosopran (Dorabella)
Solist/Solistin: Kathleen Battle, Sopran (Despina)
Solist/Solistin: Francisco Araiza, Tenor (Don Ferrando)
Solist/Solistin: James Morris, Bariton (Don Guglielmo)
Solist/Solistin: José van Dam, Baß (Don Alfonso)
Orchester: Wiener Philharmoniker
Leitung: Riccardo Muti
Länge: 06:16 min
Label: Orfeo d'or C 394301 B Fests

Komponist/Komponistin: GIUSEPPE VERDI (1813-1901)
Gesamttitel: Salzburger Festspiele 1987, Orchesterkonzert, aufgenommen
Gesamttitel: Die Sizilianische Vesper / Oper in fünf Akten (Ausschnitt)
Titel: Ouvertüre / ZUGABE
Orchester: Philadelphia Orchestra
Leitung: Riccardo Muti
Länge: 08:38 min
Label: Kalmus N.Y.

Komponist/Komponistin: PETER ILJITSCH TSCHAIKOWSKY (1840-1893)
Gesamttitel: Salzburger Festspiele 1981, Orchesterkonezrt, aufgen. am 2. Aug. im Großen Festspielhaus
Titel: Symphonie Nr. 5 e-Moll op. 64
* Andante. Allegro con anima (0:15:02)
* Andante cantabile, con alcuna licenza (0:12:34)
* Valse. Allegro moderato (0:05:36)
* Finale. Andante maestoso.Allegro vivace (0:11:36)
Orchester: Tschechische Philharmonie
Leitung: Riccardo Muti
Länge: 46:06 min
Label: Breitkopf & Härtel

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ウィーン・フィル新シーズンPDF

ウィーン・フィルのサイトで新シーズンの内容がPDFでも観られます。マエストロ・ムーティは2012年5月6日、7日は変わらず。

http://www.wienerphilharmoniker.at/index.php?set_language=de&cccpage=concerts_overview

Wiener Philharmoniker
Konzertprogramm - Saison 2011/2012
Gesamtübersicht

Großer Musikvereinssaal
Jubiläumskonzerte 200 Jahre Gesellschaft der Musikfreunde in Wien
Sonntag, 6. Mai 2012, 11:00 Uhr
Montag, 7. Mai 2012, 19:30 Uhr
Riccardo Muti, Dirigent
Hans-Peter Schuh, Trompete
Singverein der Gesellschaft der Musikfreunde in Wien
Antonio Salieri
Lob der Musik, Venite gentes
Joseph Haydn
Trompetenkonzert Es-Dur, Hob VIIe:1 *
Franz Schubert
Symphonie Nr. 8, C-Dur, D 944

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ラベンナ音楽祭での《I due Figaro》

26日のメッサッジェーロ紙が、マエストロ・ムーティの24日のラベンナ音楽祭での《I due Figaro》の様子を報じています。記者はザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭と同一です。

客席にはローマ歌劇場の支配人Catello De Martinoと芸術監督Alessio Vladの姿もあったとのこと。記者はローマ歌劇場でもこの上演に接したいものだ、と記事を結んでいます。

わたしも何度でも観たいです。

2011年6月26日Il Messaggero
Muti e «IdueFigaro» inno alla musica italiana

今朝0時ごろのNHKラジオ深夜便の海外レポートはナイロビからでした。6月、7月は南半球のケニアにとっては朝晩の気温は10度、日中は高くなれば25度、とのことでした。マエストロのラベンナ音楽祭友情の道公演の天候が少し気がかりです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 25 giugno 2011

シカゴ響来春ツアー

マエストロ・ムーティとシカゴ響は来春、ロシアとイタリアへのツアーを行います。
当初予定されていたアブダビへのツアーは将来へ延期。

ロシアへのツアーは、米露両首脳間の会談で決まったロシアにおけるアメリカ文化祭American Seasons in Russiaの一環で、オバマ大統領の地元であるシカゴ響に白羽の矢が立ったというもの。

2012年4月18日、19日がモスクワ音楽院大ホール、4月21日がサンクトペテルスブルク。
シカゴ響の訪露は1990年以来とのこと。

その後、4月23日のローマ歌劇場に始まり、ナポリ、ブレーシャ、ラベンナとイタリアへツアー。

プログラム未定です。

2011年6月24日Chicago Tribune
CSO to tour Russia as part of cultural festival

2011年6月24日Chicago Classical Review
CSO adds Russian dates to European tour

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 22 giugno 2011

シカゴ響ツアー正式発表

マエストロ・ムーティとシカゴ響の今夏のツアーが正式に発表になりました。

ツアーの写真などが見られるのが楽しみです。

ウィーンに行けたらいいのに(涙)。

2011年6月21日CSO NEWS
RICCARDO MUTI LEADS CHICAGO SYMPHONY ORCHESTRA ON FIRST OVERSEAS TOUR AS MUSIC DIRECTOR, AUGUST 22 – SEPTEMBER 7, 2011

http://cso.org/

Tour Itinerary

Grosses Festspielhaus Friday, August 26, 2011, 8:30 p.m.
Salzburg, Austria Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
RANDS Danza Petrificada [CSO Commission]
STRAUSS Death and Transfiguration, Op. 24
SHOSTAKOVICH Symphony No. 5 in D Minor, Op. 47

Grosses Festspielhaus Saturday, August 27, 2011, 8 p.m.
Salzburg, Austria Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
HINDEMITH Symphony in E-flat
PROKOFIEV Suite from Romeo and Juliet

Kultur & Kongresszentrum Sunday, August 28, 2011, 7:30 p.m.
Lucerne, Switzerland Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
RANDS Danza Petrificada [CSO Commission]
STRAUSS Death and Transfiguration, Op. 24
SHOSTAKOVICH Symphony No. 5 in D Minor, Op. 47

Kultur & Kongresszentrum Monday, August 29, 2011, 7:30 p.m.
Lucerne, Switzerland Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
HINDEMITH Symphony in E-flat
STRAUSS Aus Italien, Op. 16

Philharmonie Luxembourg Tuesday, August 30, 2011, 8 p.m.
Luxembourg Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
HINDEMITH Symphony in E-flat
PROKOFIEV Suite from Romeo and Juliet

Philharmonie Luxembourg Wednesday, August 31, 2011, 8 p.m.
Luxembourg Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
RANDS Danza Petrificada [CSO Commission]
STRAUSS Death and Transfiguration, Op. 24
SHOSTAKOVICH Symphony No. 5 in D Minor, Op. 47

Salle Pleyel Friday, September 2, 2011, 8 p.m.
Paris, France Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
RANDS Danza Petrificada [CSO Commission]
STRAUSS Death and Transfiguration, Op. 24
SHOSTAKOVICH Symphony No. 5 in D Minor, Op. 47

Semperoper Saturday, September 3, 2011, 9 p.m.
Dresden, Germany Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
HINDEMITH Symphony in E-flat
PROKOFIEV Suite from Romeo and Juliet

Grosser Musikvereinssaal Monday, September 5, 7:30 p.m.
Vienna, Austria Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
RANDS Danza Petrificada [CSO Commission]
STRAUSS Death and Transfiguration, Op. 24
SHOSTAKOVICH Symphony No. 5 in D Minor, Op. 47

Grosser Musikvereinssaal Tuesday, September 6, 7:30 p.m.
Vienna, Austria Chicago Symphony Orchestra
Riccardo Muti, conductor
HINDEMITH Symphony in E-flat
PROKOFIEV Suite from Romeo and Juliet

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 21 giugno 2011

ジャケット写真

マエストロ・ムーティの70歳記念となる、Muti Editionのジャケット写真が大手通販のサイトで確認できます。

http://www.hmv.co.jp/search/list?genre=700&keyword=%83%80%81%5B%83e%83B&target=CLASSIC&advanced=1&formattype=1&direction=1&sort=date

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 19 giugno 2011

Sagiとの仕事に非常に満足

スペインの新聞が、マエストロ・ムーティへのインタビューを載せていて、とても興味深く読みました。

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭で上演した《I due Figaro》の演出を担当したSagiの仕事に非常に満足していて、近いうちにまた一緒に仕事をしたい、と語っています。最も素晴らしい上演体験のひとつになった、彼は音楽に対する感覚が非常に敏感で、美を重んじ、それを追い求めることに非常に熱心で、それはストレーレルを想い起させる、と絶賛しています。

また、ヨーロッパ文化の現在を考えると、そのすべてをそこに負っている南ヨーロッパ、ギリシアを含めたその地域の政治が、文化に無関心で、また経済的にむつかしい状況にあり、文化的な危機をもたらしているのは信じられない、と語っています。

インタビューの主眼は、マエストロとスペインの強い絆です。

10月に受賞するpremio "Príncipe de Asturias" de las Artesについて、その受賞を非常にうれしく思う、と語っています。

マエストロは1970年代はじめに、マドリッドの王立歌劇場でスペインの国立管を振ってスペイン・デビューを飾っているそうです。 ソリストはRafael Orozco で、プロコフィエフのピアノ協奏曲を演奏し、そのコンサートにはソフィア皇太子妃も姿を見せていたとのこと。

マエストロは、バルセロナのリセウ歌劇場の火災後の再建再開コンサートも指揮したし、ウィーン・フィル、スカラ座、フィルハーモニア管、バイエルン放送響、ケルビーニ管などと何度も訪れている、との絆、縁の深さを語っています。

マエストロが満足している上演を見ることができて、ファンとしても幸せでした。
マドリッドへも行きたいのですが、スペイン語は話すことや聞き取りには自信がなく、やはり、まずイタリア行きか、と思ってしまいます。

2011年6月19日El nueva Espana
«Los políticos utilizan la coyuntura económica para generar una enorme crisis cultural»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 18 giugno 2011

仕事の振り分け

シカゴの記者がザルツブルクを訪れ、マエストロ・ムーティへのインタビューをとっていました。

オペラはローマ歌劇場で、コンサートはシカゴ響と、と活躍の場として二つの場を挙げ、明確に仕事の振り分けを行うことを述べています。

2011年6月17日Chicago Sun-Times
No place like Muti’s 2 homes

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 17 giugno 2011

ラベンナ音楽祭《友情の道》公演演目

ピアチェンツァのサイトに、マエストロ・ムーティの7月6日公演の演目が載っていました。

http://www.teatricomunali.piacenza.it/leviedellamicizia/index.asp

CONCERTO LE VIE DELL'AMICIZIA
PIACENZA E RAVENNA PER NAIROBI


direttore
Riccardo Muti


soprano Anna Kasyan
mezzo soprano Anna Malavasi
tenore Piero Pretti
baritono Alessandro Luongo
basso Luca Dall’Amico

Orchestra Giovanile Luigi Cherubini
Orchestra Giovanile Italiana
La Stagione Armonica
Coro del Teatro Municipale di Piacenza

maestri del coro
Sergio Balestracci
Corrado Casati

programma

Vincenzo Bellini “Norma” – Sinfonia
“ I Puritani” Suoni la tromba, e intrepido (duetto baritono e basso)
Giuseppe Verdi “Rigoletto” La donna è mobile (aria del tenore)
Un dì se ben rammentomi... (quartetto soprano, mezzosoprano, tenore e baritono)
“ Il Trovatore” Vedi le fosche notturne spoglie (coro)
Stride la vampa (aria mezzosoprano)
“ La Forza del Destino” – Sinfonia
Finale atto II Il Santo nome di Dio Signore sia benedetto
La Vergine degli Angeli (basso, soprano e coro)
“ Nabucco” (Nabucodonosor) – Sinfonia
Gli arredi festivi (coro)
Va pensiero (coro)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 16 giugno 2011

響きに不満のデ・シモーネ

ナポリ・サン・カルロ歌劇場でオペラを上演中のデ・シモーネは、改装後の響きに不満を述べています。

舞台の両翼からの響きは不十分で、アンプフィルターやマイクロフォーンで補うことになるだろう、と述べています。

それに対して、支配人Rosanna Purchiaは、これまでに演奏者からの不満の声は耳にしていない、と述べ、ザルツブルクのいるマエストロ・ムーティも、改装により、響きが改善されたことは確認済み、と述べています。

2011年6月17日Il Mattino
Teatro San Carlo, scintille tra De Simone e Muti sull'acustica

| | Commenti (0)

イタリア語通訳の本

シモネッタのアマコルド
NHK出版 2011年6月
田丸公美子 1260円

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

《マクべス》のリハーサル始まる

ザルツブルク音楽祭のfacebookのサイトによれば、マエストロ・ムーティによる《マクベス》のリハーサルが、14日、始まったそうです。今週は歌手とのリハーサルに重点がおかれるとのこと。

Right after his grand finale at Whitsun, Riccardo Muti has launched his next musical endeavor for the Salzburg Festival: yesterday the first musical rehearsals for Verdi’s Macbeth took place. Together with director Peter Stein, this week will be dedicated to intensive rehearsals with the singers, marked by great enthusiasm on all sides. (Foto: Stage design blueprint for Macbeth by Ferdinand Wögerbauer)

Continua a leggere "《マクべス》のリハーサル始まる"

| | Commenti (0)

martedì 14 giugno 2011

classic voice最新号

classic voice 誌最新号は、マエストロ・ムーティがカバーストーリーです。70歳を迎えるにあたっての独占インタビューを掲載しています。

http://shop.xgpublishing.it/?zone=02prod.php&m=mod_prod&cat=&prod=768#Classic%20Voice%20145

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

深い静寂の後の拍手

今日のメッサッジェーロ紙が、13日のマエストロ・ムーティの演奏会について書いています。

ケルビーニのレクイエムの後、マエストロは深い静寂が訪れるまで、最後の音が消えさりゆくまで、ゆっくりとゆっくりと手をおろしてゆきました。マエストロがみずからの中の祈りが終わるのを待つかのようなその姿に、誰も拍手をしませんでした。

記者もそのときの聴衆の息を止め、平安を懇願することに心を集中させているかの様子を書いています。

Il pubblico, dopo l’ultima nota, è rimasto un atta, è rimasto un attimo sospeso, fisso nella concentrazione supplichevole dell’Agnus Dei, poi sono esplosi i consensi.

マエストロは、イタリア人だけの若いメンバーたちからなる、ケルビーニ管のことを誇りに思っていることをあらためて語り、この誇りを示すためにザルツブルクで演奏した、と、人々を前にして話したそうです。

2011年6月14日Il Messaggero
Salisburgo, chiusura nel segno di Cherubini

シカゴ響の演奏会とは時が合わず、チケットを何枚も何枚も返却してしまい、そのたびに、今度こそ、と思ってきましたが、ケルビーニ管とのこのように素晴らしい演奏を聴くと、むしろ、久しぶりにイタリアへ行きたくなりました。もちろん、来年のことになりますが(情けない)。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ニューヨークでも企画?

マエストロ・ムーティのザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭の記事の中に、このプロジェクトがマドリッドで来年3月実行されることのほか、ニューヨークでもザルツブルク・プロジェクトを、という話がもちあがっている、という記述がありました。
確かに、NYタイムズ紙は今年の音楽祭の紹介をしていましたが、他の記事では見つけられず、確認しかねています。

2011年6月11日Il Mattino
«Il mio grazie a Salisburgo anche a nome di Napoli»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

5年間の聖霊降臨祭音楽祭の大成功

ザルツブルク音楽祭のサイトのブログに載っているとおり、マエストロ・ムーティによる5年間の聖霊降臨祭音楽祭は大成功をおさめ、チケットのセールス的にも、1998年以来、最高のものとなったとのこと。

各メディアにこのプレス資料が掲載されていますが、ORFはマエストロの13日の公演のカーテンコール写真つきです。ファンの女性が客席から贈った大きな黄色の薔薇が譜面台におかれています。

2011年6月13日ORF Salzburg
Erfolgreichste Pfingstfestspiele seit 1998

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 13 giugno 2011

聖霊降臨祭音楽祭終了

マエストロ・ムーティによる5年間の聖霊降臨祭音楽祭が終了しました。

音楽祭のサイトに、13日の公演の写真が載っています。

2011 - PFINGSTEN
Requiem c-Moll

http://www.salzburgerfestspiele.at/fotoservice/subcategoryid/3191/archivyear/2011

SALZBURGER FESTSPIELE BLOG
La Scuola Napoletana – Das große Finale mit Riccardo Muti

http://www.salzburgerfestspiele.at/blog/entryid/79

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ローマ歌劇場での上演

マエストロ・ムーティはローマ歌劇場の12月公演に、ザルツブルク音楽祭プロダクションの《マクベス》を考えていて、演出家のSteinを説得しているとのこと。

また、2012年の《アッティラ》の演出家はPier Luigi Pizziとのこと。

2011年6月13日Brescia oggi
«Macbeth» di Muti nella Roma dei mancati onori

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ナポリ派音楽はバロックとは異なる

マエストロ・ムーティとケルビーニ管ザルツブルク公演に同行しているピアチェンツァの記者の記事も、興味深く読みました。

《I due Figaro》の音楽について、重唱の素晴らしさを書いていましたが、大いに同感です。

また、マエストロが10日の記者会見で語ったこととして、ナポリ派音楽はバロックとは異なる、別物、という言葉を紹介していました。
そのとおりです。
マエストロは3回も主張していたとのこと。メルカダンテがいなければ、ドニゼッティもベッリーニもヴェルディもいなかった、と強調していた、とも書いています。

2011年6月12日Liberta'
Per Muti e la Cherubini 10 minuti di applausi

«I miei 5 anni al Festival? Bilancio positivo»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ローマ歌劇場首脳がザルツブルクに登場

今日のメッサッジェーロ紙が、マエストロ・ムーティのザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭を聴きにきた、ローマ歌劇場の二人の首脳のコメントを載せています。支配人のCatelloDeMartinoと芸術監督のAlessioVladです。

二人とも、この予定はずいぶん前から決まっていたもので、マエストロにローマ市名誉市民になってもらうよう、使者として来ているわけではない、夏の音楽祭で上演される《マクベス》を、12月の開幕公演でも上演できないか、音楽祭の首脳と相談することに関心がある、ほかには何もない、マエストロがローマ歌劇場と引き続き仕事をする、と明言しているのは報じられているとおりだ、と語っています。

もちろん、マエストロのコメントは何もありません。

昨晩、12日は《I due Figaro》の二日目でしたが、初日同様、聴衆から大きな拍手を受け、カーテンコールが何度も繰り返され、聴衆はまだまだ拍手したりない、と思う中、マエストロが、あのキュートな、バイバイ、という手のジェスチャーをして幕、となりました。

記事は、この後、マエストロの仕事はシカゴ響とローマ歌劇場とで主に続けられるが、主要な国際舞台は、このモーツァルトの地、ザルツブルクだ、と言い切っています。

2011年6月13日Il Messaggero
Muti, continua la mediazione
vertici dell’Opera a Salisburgo

12日は、マドリッド王立歌劇場支配人のモルティエも姿を見せていました。
スペインの明るい雰囲気の漂う美しい舞台と、華やかな音楽(スザンナと伯爵の逢瀬は、ちょっと哀しいのですが)に、きっと満足していることでしょう。

ウィーンのでマエストロの公演でよく顔を合わせる、イタリア人グループやファンの人たちとここでも出くわし、来ているんですね、と会釈をかわしあいましたが、来年またお会いしましょう、というと、どうして?夏は来ないの?と言われてしまいました(この前も、次は1年後、と挨拶したはずですが...)。
彼ら、彼女たちにとっては、ラベンナもザルツブルクもウィーンも、普通に聴きに行ける圏内であり、そのことを本当にうらやましく思いました。
マエストロの指揮姿が見られない淋しさなんて、わかってもらえないだろうなあ、とため息。
いやいや、熱心なファンは日本から年に何度もヨーロッパへ聴きに行っており、わたしなんて、まったく論外、ということでしょう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ローマでも《マクベス》

マエストロ・ムーティは、夏のザルツブルク音楽祭で上演する《マクベス》を、12月にローマ歌劇場でも上演したいと、演出家のSteinを説得しようと試みているとのこと。

2011年6月12日ANSA
Muti, a Roma vorrei il MacBeth con Stein

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 12 giugno 2011

リハーサルを終えて語ったこと

マエストロ・ムーティは今日12日、ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭13日の公演のリハーサルを行いましたが、終わった後でコメントを残していることが、報じられています。

ローマ市名誉市民については何も語らない、ザルツブルクでは、若いすぐれた演奏家からなるオーケストラ、ケルビーニ管と、若い優秀な歌手たちのグループと仕事をしている、モーツァルトの地で、ケルビーニとメルカダンテの名のもとに、イタリアの名誉のために仕事をしている、と語っています。

2011年6月12日la Repubblica
Muti, da Salisburgo 'No comment' su Roma

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

シカゴでのリハーサル映像

シカゴ響のサイトに、マエストロ・ムーティのChicago Youth in Music Festivalでの様子がアップされていました。

http://cso.org/ListenAndWatch/Details.aspx?id=16516

2011 Chicago Youth in Music Festival

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ローマ歌劇場との仕事は続ける

マエストロ・ムーティは11日、ケルビーニ管とのリハーサルに臨み、13日の公演の準備をしましたが、その折の様子をメッサッジェーロ紙が報じています。

ローマ市名誉市民をめぐるメディアの爆弾攻撃に囲まれながらも、それに微塵も動じることなく、ユーモアに満ちた、徹底したリハーサルが行われた、とのこと。

マエストロはローマ市名誉市民の件には触れず、ローマのことは愛しているし、それは今後も変わらず、また、ローマ歌劇場とともに、そして同歌劇場のために、仕事は続けていく、と明言しています。でも、ローマ歌劇場と仕事をするからといっても、ローマ市名誉市民として記念スピーチを行うかどうかは話は別、とも言っています。

マエストロはザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭の5年間が終わり、ローマ歌劇場とシカゴ響とに身をわりふって仕事を続けていく、と語っています。

ローマ歌劇場は幸せではありませんか??

モリコーネがインタビューで、マエストロの《ナブッコ》を聴きにいったときのローマ歌劇場の様子を、感嘆の言葉をもって語っていました。過去、自分が観たときのローマ歌劇場とは大違いで、これがマエストロの貢献だ、というような主張でした。

マエストロは真心をもって接すれば、それを返してくれる人で、仕事に対しては、いつも献身的です。
スカラ座とのことは本当に不幸な終わり方をしましたが、マエストロは決してスカラ座を悪く言いません。ローマ歌劇場へも、今回の名誉市民の件とは関係なく、その時間をさいていく、とはっきり言っていて、為政者サイドは、その真摯な態度、文化への献身的な貢献を政治的に利用しないでほしい、とファンとして、心から思います。

2011年6月12日Il Messaggero
«All’Opera resto,come promesso»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ローマ市名誉市民になってほしい、という大合唱

ローマ市の様々な為政者代表から、ローマ市名誉市民になってほしい、というマエストロ・ムーティへの願いの声が報じられています。

Veltroniは市長時代にマエストロをローマ映画祭に招待し、演奏会が開かれることになったときのことを語っています。マエストロは一流の文化的感覚をもち、洗練されていながら、同時に庶民的でもある、と称賛し、ローマ市名誉市民になってほしい、と訴えています。

今日はローマ歌劇場総支配人CatelloDeMartinoがマエストロに翻意を促す任務を帯びて、ローマ側を代表してザルツブルクへ出発します。Alemanno市長はザルツブルクへ行かず、ローマ市にとどまって、成り行きを期待をもって見守るとのこと。

2011年6月12日Il Messaggero
Muti,missioneaSalisburgo Alemannotentadiricucire

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

スペインのメディアが報じる初日の成功

スペインのメディアが、マエストロ・ムーティの《I due Figaro》の初日の成功を報じています。

オーストリアのメディアよりも多く、Sagiと舞台美術・コスチュームなどのチームの記述にさいています。

カーテンコールは、まず、合唱団に対してから始まり、歌手、そして、マエストロが呼びに行かれ、記事が触れているのが、マエストロがそういうことをするのは稀だが、Sagiを舞台へ迎えに行った、ということで、マエストロはSagiのほおを軽くたたいて、カーテンコールのグループに加えました。15分のカーテンコール、というのはイタリア風の記述ですが、歓呼は続きました。

歌手については、伯爵のAntonio Poli、ロジーナのAsuda Karayavuz、 フィガロのMario Cassi、 スザンナのEleonora Buratto、ケルビーノの Annalisa Stroppa、近いうちに、世界中の歌劇場で頻繁に聴けるようになるだろう、と称賛しています。

確かに、直前に、NYタイムズ紙がマエストロとSagiの双方のインタビューを載せた記事を書いていましたが、そのことにもこの記事は触れていて、Sagiのザルツブルク・デビューを祝福しています。

2011年6月11日la nueva espana
Sagi y Muti conquistan Salzburgo

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

好意的な評が続く

マエストロ・ムーティの《I due Figaro》公演評が出始めています。演奏は音楽的に成功している、と好評です。

Kurier紙は、フィガロの結婚から12年後、伯爵とロジーナの結婚生活も続き、二人の娘はケルビーノを望み、最後は大団円、という筋書きをよくとらえた演出は、解釈的な深みはないけれども、伝統的な手法とエンターテインメントの要素を見せている、と書き、若い歌手たちのチームについてもとても好意的です。

プレッセ紙も同じような論調です。

カーテンコールの客席の拍手の度合いは、伯爵のPoliが非常に高かったのですが、個人的には、ケルビーノのStroppaこれからの期待度大でした。

2011年6月11日Kurier
Gleich zwei Figaros für Mutis Finale

2011年6月11日Die Presse
"Figaro": Wenn Intriganten ihre Meisterinnen finden

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

メルピニャーノ市が名誉市民の申し出

マエストロ・ムーティのローマ市名誉市民の件を残念に思ったメルピニャーノ市が、マエストロに名誉市民の申し出をしています。

誰を名誉市民にするかは、世界におけるイタリアのイメージ高めることになり、どの市にとっても誇れることだ、8月27日のコンサートにマエストロが出演してくれれば、名誉市民になってもらいたい、と同市市長が申し出ています。

タランタの夜で有名な市、と報じられています。

8月27日のコンサートへの出演は、シカゴ響とのツアーのあるマエストロにとって無理なことです。
名誉市民になる、というのはマエストロの側からしても、重要なことで、それにふさわしいゆかりや貢献があったからこそであり、丁重にお断りするのが筋、というもの、でしょうか。

2011年6月11日ANSA
Melpignano offre cittadinanza onoraria a Riccardo Muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 11 giugno 2011

バルトリも客席に

イタリアの新聞によれば、2012年からザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭を率いるバルトリも、マエストロ・ムーティの10日の《I due Figaro》を聴きにきていたそうです。

また、マエストロが今年ザルツブルク音楽祭で指揮する《マクベス》のリハーサルが、来週から始まるとのこと。

2011年6月11日Il Mattino
«Il mio grazie a Salisburgo anche a nome di Napoli»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

カーテンコールの写真

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭のサイトに、6月10日の公演のカーテンコールの写真と、同日の記者会見の写真が加わりました。

カーテンコールでは、オーケストラのメンバーもステージに登場するいつものやり方でしたが、カーテンコールの後、幕が閉まり、立ち去り難い人たちが拍手と歓呼を続ける中、舞台裏では轟音のようなマエストロ・ムーティへの拍手と歓声がわき起こっていました。びっくりしました。

FOTOSERVICE 2011 - PFINGSTEN
I due Figaro

http://www.salzburgerfestspiele.at/fotoservice/subcategoryid/1932/archivyear/2011

FOTOSERVICE 2011 - PFINGSTEN
Salzburger Pfingstfestspiele 2011

http://www.salzburgerfestspiele.at/fotoservice/subcategoryid/346/archivyear/2011

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ザルツブルクでもサインを求められる

メッサッジェーロ紙にも載っていましたが、ザルツブルクでも、楽屋入りする前にファンに囲まれ、サインを求められているマエストロ・ムーティです。

写真が載っていました。

ケルビーニ管となので、背広姿で指揮をするのですが、車から降りるや否や、肩に上着をかけ、待ち構えていた10人近いカメラマンにフラッシュをたかれ、女性も男性も背の高い10人ほどのファンに囲まれ、サインの求めに応じていました。

2011年6月11日Salzburg24
Große Eröffnung der Salzburger Pfingsfestspiele

http://www.salzburg24.at/grosse-eroeffnung-der-salzburger-pfingsfestspiele/news-20110611-10540017

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

モリコーネの援護

マエストロ・ムーティがローマ市名誉市民を辞退した件について、モリコーネがマエストロを援護しています。

マエストロは音楽にすべてをささげている人間であり、また曖昧さを嫌い、非常にまじめで、とても厳格な規律を内側に持っている人間なので、今回のことは、マエストロのそのキャラクターがとてもよく表れている、しかし、Alemanno市長がマエストロをうまく説得して、ローマ市名誉市民になるよう、願っている、名誉市民になることを可決させなかった今回のようなことが、いったいどういう動機からなされたのか、理解に苦しむ、と語っています。

ほとんどずべての人が、モリコーネの意見に賛同するのではないでしょうか。マエストロは本当に厳しい人で、わたしのような、遠くから仰ぎ見るにすぎない、単なるファンであっても、純粋な気持ちから接しなければ、といつも思わせられ、緊張させられるようなところがあります(イタリア人特有の人懐っこさはあるのですが)。

2011年6月11日Il Messaggero
Morricone: mi auguro sia solo un infortunio

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

初日の公演評

ザルツブルクの新聞に、初日の公演評と舞台写真が載っています。

おおむね好評。マエストロのモーツァルトを評価している人たちにとっては、安心して楽しめる作品、そして、マエストロの得意とする作品色、ということになります。歌手は、拍手も多かった伯爵を歌ったPoliがやはり称賛されています。
舞台と演出については、深みも意欲的・挑戦的な試みもなかった、ということで、あっさりかたづけられています。目で見て楽しめる、そして、スペインの美しさが堪能できる舞台でした。

2011年6月11日Salzburg Nachrichten
Pfingstfestspiele: Das Finale mit Mercadante

im Bild
I due Figaro von Saverio Mercadante

http://www.salzburg.com/galerie/index.php?PicNr=7&ref=0fm8a-$~faf-3xtpo-e~dc8&parent=Kultur

個人的には、重唱の素晴らしい仕上げ方に、マエストロの指揮がどれほど光っていたことか、感嘆しました。管が重唱、アリアに寄り添うことが非常に多く、重唱に管の歌が加わる、という、本当に音楽的な喜びにあふれた上演でした。ケルビーニ管は優秀です。
チェンバロはもちろん、Scappucciさん。

作品としては、ロッシーニ色が色濃くみられるのは仕方がないとしても、スペインのダンスや、拍子の取り方が独特な雰囲気を持つ音楽に、はっとさせられます。
何よりも、マエストロの棒でロッシーニのオペラブッファが聴けるとは、と錯覚するほどに、うれしい上演でした。
でも、音色が温かく、情熱的で、それでいてアンサンブルが美しく整えられ、これはモーツァルトでもあり、ロッシーニでもあり、ベルカントでもあり、とマエストロの長所がすべて出てくるような作品で、舞台の視覚効果も素晴らしく、安心して楽しめる作品であることは確かです。 Man spürt die Gelöstheit und ansteckende Energie, die Muti beflügelt.

映像化されたら、ぜひ、購入したいです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

《I due Figaro》初日の大成功

今日のIl Messaggero紙がマエストロ・ムーティのザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭初日の大成功を伝えています。

マエストロへの大声での歓声、歓呼がとびかい、それは、マエストロに対してだけでなく、若い歌手陣、若いオーケストラ、合唱団、そして、美しい舞台、美しいコスチューム、オペラブッファ(単純なオペラブッファではないのですが)のつぼをとらえた演出へも向けられました。

ローマ名誉市民の件については、ノーコメントのマエストロですが、ザルツブルクはマエストロに惜しみない拍手と感謝の気持ちを伝えたのでした。

2011年6月11日Il Messaggero
Il Maestro assediato poi l’ovazione di Salisburgo

ザルツブルクでこのように大きなニュースに接しようとは思ってもみず、しかも、記事を書いている記者を間近に見かけ、とても緊張しています。スカラ座さよなら公演以来でしょうか。
単なるファンにすぎないのですが、それでも、マエストロへのカードには、名誉市民になってもならなくても、いつまでもマエストロの側にいます、と書き、終演後は、サインを求め、マエストロに挨拶する人たちの列に並びました。
いつものように、Tutti per Muti、Viva Muti、Bravo Muti と大きく書き連ねて贈った色紙や包装が、少しはマエストロへの応援になったかな、と、Il Messaggeroの第一面見出しTutti per Muti: ci ripensi を見ながら思いました。
ローマ名誉市民の件、平和な着地点が見つかりますように。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 10 giugno 2011

ローマ市名誉市民

Corsera紙のサイトがマエストロ・ムーティのローマ名誉市民の件を詳しく報じています。

ローマ大学の件は、わたしも、すぐに思い起こしました。マエストロに対してではなく、元首相への名誉学位について学生が異議申し立てをし、それがマエストロの名誉学位授与記念コンサートを中断させ、名誉学位についてもそのままになったものです。
でも、マエストロはローマ歌劇場に出演し、ヴェルディ記念年の上演もローマ歌劇場を優先するまでになっています。

Alemanno市長は今回のことは明るい方向にとらえていて、マエストロは最終的には名誉市民になるだろう、また、ローマ市の名誉市民を辞退したのであり、ローマ歌劇場との関係はそのままだ、と語っています。

2011年6月10日Corriere della Sera
Riccardo Muti cittadino onorario di Roma Ma lui: «Patetico e desolante, no grazie»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ザルツブルクでの記者会見

フィナーレを迎えたマエストロ・ムーティのザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭について、記者会見が行われました。

ザルツブルクのニュースサイトに写真が載っています。

天気に恵まれた10日の野外での記念撮影もあります。

Helga Rabl-Stadlerさんのスカーフを広げてみせたり、と、楽しげなマエストロです。
ローマ市名誉市民の件は、マエストロには影響しないでしょう、きっと。

http://www.salzburg.com/galerie/index.php?ref=n5a2od65fhhitzcpviy12dd&parent=Kultur

2011年6月10日APA
Muti zieht Bilanz

マエストロの言葉に、そのとおり、と頷いてしまいました。
本来はイタリアで行われるべきだったのに、ザルツブルクで行われることになり、そして、スカラ座でもそうしたように、オーケストラも歌手も、若手を起用し、ここからキャリアが始まっていった、とマエストロは語っています。

もっとも、ナポリ市長が先の選挙でかわり、マエストロの提唱したことを明確に肯定し、文化を発信していく、と発言していましたから、マエストロの存在の大きさがあらためて確認されたことになります。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

マエストロの辞退

ローマ市議会がマエストロ・ムーティを名誉市民にすることをあらためて可決する前に、マエストロからAlemanno市長へ、辞退するとの至急のFAXが送られていたことが、今日のメッサッジェーロ紙の第一面に載っています。

ザルツブルクに来ている記者の筆になるもので、マエストロの近くにいるだけに、報道が速いです。

マエストロによれば、本来喜ばしいことであるのに、このようなことな形で馬鹿げた議論の俎上にのることは率直に言って不愉快だ、ローマ歌劇場のためにローマ歌劇場とともに、という活動をゆがめている、無益な議論やありふれた問題についての判断を行っている、と述べています。

マエストロらしい率直さです。本来、議会が論じるべきことは何か、といさめている、ともいえるでしょう。

2011年6月10日Il Messaggero
CittadinodiRoma mettearischiopostidi lavoro Muti:«No,grazie»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

クリスティナさんのインタビュー

ラベンナ音楽祭の首脳のひとり、クリスティナさんのインタビューが出ています。

過去のインタビューでも語っていましたが、マエストロ・ムーティのおかげで、世界中のトップアーティストが自分に門戸を開いてくれる、とマエストロへの感謝を語っています。

また、イタリアでは文化予算が厳しい状況になっていることについて、政治と経済が文化を支援していくようにすべきだ、ラベンナ市は、イタリアでは稀なことに、政治と文化が良好な関係をもってうまくいっている、社会ではこの三つ、政治と経済、文化が持続的に合わさっていくことが必要で、そうすれば、社会のすべてのレベルが上がっていく、経済のレベルも同様だ、と語っています。

ラベンナはヨーロッパの都市2019に立候補しているとのこと。
一度は訪れて、マエストロ邸の庭でのコンサートを聴きに行きたいのですが。

2011年6月9日il fatto quotidiano
Muti Mazzavillani, la signora del Ravenna Festival: “Così ho fatto crescere la città”

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

《ナブッコ》ローマ公演の再放送

マエストロ・ムーティが3月17日にローマ歌劇場を指揮した《ナブッコ》公演が、7月9日にORFで再放送されます。

http://oe1.orf.at/programm/278885

OE1・ORF  Samstag 09. Juli 2011 19:30

Giuseppe Verdi: "Nabucco"
Mit Leo Nucci (Nabucco), Antonio Poli (Ismaele), Dmitry Beloseldkiy (Zaccaria), Csilla Bross (Abigaille), Anna Malavasi (Fenena), Erika Grimaldi (Anna), Saveria Fiore (Abdallo) und Gotran Juric (Hohepriester).
Chor und Orchester des Teatro dell'Opera di Roma,
Dirigent: Riccardo Muti
(aufgenommen am 17. März im Teatro dell'Opera in Rom)

メトロポリタン歌劇場来日公演初日の様子がCNNで放映されています。公演、カーテンコール、舞台装置の裏方さんの仕事の様子、終演後のサイン会の模様も含めて、日本の状態を示すために、というゲルプ支配人の言葉、フリットリのインタビューもあります。おまけがポポロフスカヤのインタビュー。CNNのキャスターは日本人ではないんだなあ、と過去を懐かしんでいます。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

徒党は組まない

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭へ取材にきているメッサッジェーロ紙の記者が、マエストロ・ムーティのインタビューをとっています。

ローマ市名誉市民になることが議会で否決されたことについては何もコメントせず、これまで、どこかの派に属したことはない、受けた教育もルーツも自分固有のものだ、しばしば異質なものとして見られていることはよく知っている、と語っています。

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭について語ろう、と、8日に《I due Figaro》のゲネプロが行れた同音楽祭に没頭していて、そのほかのことは考えられない、5年間の音楽祭の総括、などを話しています。

記事にもあるように、ザルツブルク国際空港と音楽祭のホールが立ち並ぶ建物の壁には、音楽祭の今年の写真になっている、大きく両手を広げたマエストロの後ろ姿の写真の大きな大きなボードが掲げられ、また、ピンクのセーターを着て、笑顔を見せてオーケストラに語りかけているらしい写真パネルも飾られています。

そうはいいながらも、先に紹介しましたとおり、マエストロをローマ名誉市民にすることが可決されました。

2011年6月9日Il Messaggero
Muti seduce Salisburgo «La cittadinanza onoraria a Roma? Penso solo al mio lavoro»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ヴェルディ記念年

オーストリアの週刊誌NEWS誌にマエストロ・ムーティのインタビューが載っています。

マエストロの企画によるザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭が今年で最後になるのが、記事の動機のひとつのようです。

けれども、ヴェルディ記念年の話、ウィーン芸術週間の話も大きなテーマです。

マエストロへは、メトロポリタン歌劇場やウィーン国立歌劇場からもヴェルディ記念年における上演のオファーがたくさんきているそうで、自分はひとりだけ、分身はいない、と悲鳴をあげています。

結局、契約のあるローマ歌劇場が優先されるようです。
ウィーン国立歌劇場からは、新しいプロダクションでの《アイーダ》上演の申し出があったけれども、演出家が誰なのか、知らないし、歌手もまだ探していない、とのこと。

また、ウィーン芸術週間の監督が2014年からMarkus Hinterhaeuserになるので、記者はマエストロに、同芸術週間にオペラを指揮する予定がでできそうか、とたずねますが、まだ話し合いをする時間がない、でも、関心をもって見守ることになるだろう、と語っています。

2011年6月9日号 News
Riccardo Muti Die Salzburg-ikone  leitet ihr letztes Fetival

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ローマ市名誉市民へ

マエストロ・ムーティをローマ市名誉市民にすることが決まりました。
6日の票決時には退場の影響で決定されませんでしたが、今回は3人の退場にとどまりました。

2011年6月9日ANSA
Ok da assemblea capitolina, Muti e' cittadino onorario Roma

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 9 giugno 2011

ローマ市名誉市民へ、は可決できず

マエストロ・ムーティをローマ市名誉市民にすることについて、議会が定足数に達せず、6日、可決に至らなかったことが大きなニュースになっています。市長のAlemannoは、文化評議会議長Federico Molliconeが同意しなかったことを残念に思う、とコメントを述べています。
一方、同議長は、マエストロは結局ローマ歌劇場の音楽監督を引き受けず、そのような状況では、影響力の大きさは明確ではない、と同意しない理由を述べています。
この可決しなかったことが政治的駆け引きの手段に使われており、そういう手法には賛同できない、と非難する声もあります。

音楽は政治的立場の違いを乗り越える、と主張するマエストロ、そして、名誉や栄誉に全く執着しないマエストロとっては、違った意味での嘆きがあるかもしれません。

2011年6月7日Corriere della Sera
Cittadinanza a Muti: in aula manca il numero legale

2011年6月8日la Repubblica
Si vota la cittadinanza onoraria per Muti e i Rampelliani escono dall'Aula

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

演出家Sagiのインタビュー

今日のスペインの新聞に、マエストロ・ムーティが指揮する《I due Figaro》の演出を担当する、Oviedo出身のSagiのインタビューが載っています。

歌手のオーディションにも参加した彼の舞台は、当時のものと現代をミックスした形になるようです。出演者たちも非常に若い。

マエストロについてのコメントが興味深いです。
マエストロとの仕事はestupendo最高に素晴らしい、近くで見てみると、マエストロは実際の劇場を愛している学者であり、演出家の役割に大きな敬意を抱いている、とのこと。我々の時代における、最も偉大な指揮者のひとりであり、マエストロと一緒に仕事をしていると、すべてが、非常によい結果を生んでいく、舞台での仕事をどう判断し、間断なく改良していくよう、チームをどのように助けていくかは、非常に重要なことだ、マエストロの態度は実際的で、非常に率直だ、と、非常に良好な関係であることを推測させるコメントを述べています。

2011年6月9日La Nueva España
Sagi y Muti, juntos en Salzburgo

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 7 giugno 2011

70歳を前に

マエストロ・ムーティのインタビューが今日のAvvenire紙に載っています。

70歳を前にしてか、これまでを振り返って、というような内容の質問が主になされています。

ラベンナ音楽祭に双方が出演するマエストロ・アッバードについて、過去ライバル関係にあるとみなされてきたことをたずねられて、ファンやメディアの見方であり、自分がミラノ音楽院に入学したとき、マエストロ・アッバードはすでにキャリアを踏み出してた、ふたりのキャリアが交錯したことはない、歌手であればライバルが一緒に舞台に立つことはあっても、指揮者は二人が一緒に指揮台に立つことはない、スカラ座時代、ずっとマエストロ・アッバードに敬意を抱いていたし、何度も、戻ってくれるよう、招聘しようとした、今は、二人とも成熟した年代になり、ライバル関係だったという伝説が残った、と、これまでと同じようなことを答えています。

70歳を目の前にして、後悔や嘆きはない、権力を持つ集団の中にいたことはなく、いつもひとりでやってきた、と、ゆるぎない自信と矜持を見せています。

また、シカゴでの手術等を経て、死についてたずねられ、何のおそれもない、南イタリアの人間は幼少のころから死のそばにいた、聖金曜日になれば、葬送行進曲を聴く、生の後には死があり、確かに死がどのようなものかはわからないけれども、今は穏やかな気持ちで見つめている、モーツァルトやヴェルディ、ケルビーニのレクイエムを演奏していると、その音楽が、精神的な世界へ自分を連れていってくれる、と語っています。

マエストロが死について語っている記事をよく見かけるようになりました。
わたしは生への執着はありませんが、それは虚無的なものであり、マエストロのような精神的な強さと頑強な生命力・活力に支えられたものとは、全く異なります。
でも、マエストロには健康で長生きしてほしいと思います。

2011年6月7日Avvenire
Muti: «Io, la fede la morte e un sogno»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 5 giugno 2011

スペインの雰囲気満載のメルカダンテ

演出家のSagiもNYタイムズ紙のインタビューで語っていましたが、マエストロ・ムーティがザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭で上演する《I due Figaro》はスペインの雰囲気が漂う作品です。
登場人物がスペイン的なキャラクターも備えているだけでなく、音楽もラテンの香りを漂わせ、ファンダンゴ、ボレロなどの音楽がたち現われるもので、ピアチェンツァでのリハーサルでマエストロは、腰かけながら、踊り、左足を表現豊かに激しく踏み鳴らし、とオーケストラを鼓舞していたそうです。それでは、古典的すぎる、とか、もっと、熱狂的に、など、オーケストラに指示を出していた、と記者は書いています。

2011年5月23日Liberta'
«Ragazzi, vi voglio vedere più scatenati!»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 4 giugno 2011

聖霊降臨祭音楽祭開幕への期待

マエストロ・ムーティによる5年間のザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭が最終年を迎え、オーストリアのメディアのほか、NYタイムズ紙も記事を載せています。

NYタイムズ紙は、シカゴ響とニューヨークを訪れたときだと思われますが、最近、ニューヨークでマエストロからコメントをとっていて、その中でマエストロは、すでに話してきたことを、あらためて語っています。
この音楽祭ではナポリ派音楽とモーツァルトの関係を見てきたけれども、最後に19世紀のオペラ最盛期へ至るのものを見せようとメルカダンテを選び、最初は、若いころのヴェルディを思わせる悲劇《Il Bravo》を考えていた、そこへ、マドリッドの音楽学者が《I due Figaro》のスコアを送付してきた、メルカダンテのシリアスな作品しか知らなかった自分には、このコメディは青天の霹靂だった。

なお、舞台リハーサルはザルツブルクで行われているのだと思っていましたが、記事によれば、ラベンナでも行われていて、演出家のコメントはラベンナでとられています。
予告編の映像は、もしかしたら、夏のラベンナ音楽祭の上演に使われる歌劇場だったのかもしれません。

2011年6月3日NY Times
Another Tale, or Two, Of That Operatic Figaro

とうとう、KindleでAmazonのe-bookを読まざるをえなくなりました。気に入っているシリーズがそこで始まる、とのことで、ペーパーバックを愛してきただけに、ちょっと淋しいです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 3 giugno 2011

ウィーン・フィル6月20日公演

非正規盤が出ます。

モーツァルト  交響曲第36番 リンツ
チャイコフスキー  交響曲第6番 「悲愴」
ムーティ指揮 ウィーン・フィル
2010.6.20  Dirigent (DIR-0822)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

《I due Figaro》の写真

ザルツブルク音楽祭のサイトに、マエストロ・ムーティが演奏する《I due Figaro》の写真が載りました。

SALZBURGER FESTSPIELE BLOG 2011年6月3日
Fotos von "I due Figaro" jetzt online

http://www.salzburgerfestspiele.at/

http://www.salzburgerfestspiele.at/fotoservice/subcategoryid/1932/archivyear/2011

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

EMI CLASSICS MUTI EDITION 全容

大手通販サイトにMuti Editionの全容が載っていました。全12セットです。

http://www.hmv.co.jp/news/article/1106010067/

ベートーヴェン:交響曲全集ほか(6CD)
ムーティ&フィラデルフィアほか
序曲3曲とピアノ協奏曲第3番も収録

チャイコフスキー:交響曲全集ほか(7CD)
ムーティ&フィラデルフィア、フィルハーモニア
管弦楽曲とピアノ協奏曲第1番も収録

ベルリオーズ:幻想交響曲&ロメオとジュリエット(2CD)
ムーティ&フィラデルフィア管弦楽団

ブルックナー:交響曲第4番、第6番(2CD)
ムーティ&ベルリン・フィル

メンデルスゾーン:交響曲第3番、第4番、第5番、
リスト:交響詩『前奏曲』
フランク:交響詩『呪われた狩人』他(2CD)
ムーティ&ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 フィラデルフィア管弦楽団 

モーツァルト:レクィエム&アヴェ・ヴェルム・コルプス
ムーティ&ベルリン・フィル、スウェーデン放送合唱団、ストックホルム室内合唱団

プロコフィエフ:イワン雷帝、ロメオとジュリエット(2CD)
ムーティ&フィルハーモニア管弦楽団、フィラデルフィア管弦楽団

ラヴェル:ボレロ、スペイン狂詩曲、海原の小舟、ダフニスとクロエ
ムーティ&フィラデルフィア管弦楽団

レスピーギ:ローマ三部作
ムーティ&フィラデルフィア管弦楽団

シューマン:交響曲全集(2CD)
ムーティ&フィルハーモニア管弦楽団

ヴェルディ:オペラ合唱曲、序曲&バレエ音楽(2CD)
ムーティ&スカラ座管弦楽団&合唱団、他

ヴェルディ:レクィエム、聖歌四篇(2CD)
ムーティ&フィルハーモニア管弦楽団、ベルリン・フィル




| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« maggio 2011 | Principale | luglio 2011 »