« La Milanesiana 2005 | Principale | Bayern 4 Klassik のライブ中継 »

giovedì 16 giugno 2005

ジュリーニ追悼

14日に亡くなったジュリーニを悼む、マエストロ・ムーティとマエストロ・アッバードの言葉が載っていました。

2005年6月16日 Tgcom より
Abbado:"Giulini? Padre spirituale"
Il ricordo del direttore d'orchestra

クラウディオ・アッバードはフェッラーラ生まれのモーツァルト管の演奏会を、亡くなった偉大な指揮者ジュリーニの思い出に捧げた。「ミラノ音楽院時代、彼は私たち学生を自宅に招いて、さらに貴重なものを与えてくれました。注意と助言です。私にとっては、心の師、父でした。」

リッカルド・ムーティは彼についてこう言い表した。「深い精神性をもち、音楽へ稀にみるほど献身的な人で、一緒に仕事をしたすべての人たちから非常に愛され、尊敬された音楽家でした。ジュリーニはオーケストラ指揮者の歴史上、そして、20世紀の演奏家の中で最高位にある人だと思います。トスカニーニやデ・サバタの高弟を体現して、イタリア音楽のレパートリーで模範となるほど重要だっただけでなく、彼の精神や天性の雄弁さが知性をもって十分に表現していた、ロマン派のレパートリーにおいても重要な人でした。」

2005年6月16日付 la Repubblica 紙より
Muti: "Era il grande erede di Toscanini e De Sabata"
IL RICORDO

リッカルド・ムーティはこう言った。「スカラ座およびその音楽家たちとは深い友情でつながれた関係にあり、その歴史において、最も重要で愛された人間のひとりとされていました。深い愛情と尊敬をこめて、私は昨年、彼の90歳の誕生日祝いに際して、《ファルスタッフ》の上演とスカラ・フィルの演奏会をジュリーニに捧げました。彼は多くのシーズンをスカラ・フィル、スカラ座と仕事をしていました。」

Tgcom

Abbado:"Giulini? Padre spirituale"
Il ricordo del direttore d'orchestra

Claudio Abbado ha dedicato un concerto, tenuto con l'Orchestra Mozart di Ferrara, alla memoria del grande direttore d'orchestra Carlo Maria Giulini, recentemente scomparso."Durante gli anni del conservatorio a Milano, lui invitava noi studenti a casa sua per darci quel prezioso qualcosa 'in più', la sua attenzione, i suoi consigli. Per me era un padre spirituale"

Riccardo Muti lo descrive come "un uomo di profonda spiritualità e rara dedizione professionale, è stato un musicista molto amato e stimato da tutti quelli con cui ha collaborato.Credo che Giulini rimanga una figura di primo piano nella storia della direzione d'orchestra e dell'interpretazione musicale del '900. Rilevante sia nel repertorio italiano di cui ha rappresentato un modello, incarnando in modo alto l'eredità di Toscanini e De Sabata, sia in quello romantico dove la sua spiritualità e naturale eloquenza si manifestavano con sapienza e pienezza".

la Repubbloca

«Il rapporto di profonda amicizia che lo ha legato alla Scala e ai suoi musicisti, l´ha reso una delle figure più importanti e amate della sua storia» dice Riccardo Muti «Con grande affetto e considerazione gli ho dedicato l´anno scorso, in occasione del suo 90mo compleanno una recita di Falstaff e un programma con la Filarmonica, con la quale ha lavorato per molte stagioni».
Secondo Muti, Giulini era «uomo di profonda spiritualità e rara dedizione professionale, è stato un musicista molto amato e stimato da tutti i musicisti con cui ha collaborato. Credo che Giulini rimanga una figura di primo piano nella storia della direzione d´orchestra e dell´interpretazione musicale del ‘900. Rilevante sia nel repertorio italiano di cui ha rappresentato un modello, incarnando in modo alto l´eredità di Toscanini e di De Sabata, sia in quello romantico dove la sua spiritualità e naturale eloquenza si manifestavano con sapienza e pienezza».

|

« La Milanesiana 2005 | Principale | Bayern 4 Klassik のライブ中継 »

Commenti

こんばんは。
1950年代のスカラ座を知るジュリーニが、昨今の古巣をどう捉えているのか、ご存命のうちに一度お伺いしたかったですね。
ところでトラバが二重になりましたので、お手数ですが、どちらかを削除お願いします。

Scritto da: 「坂本くん」 | venerdì 17 giugno 2005 00:50:07

ジュリーニ、ムーティのコメントは複雑なものがありますね。合掌

Scritto da: yurikamome122 | venerdì 17 giugno 2005 06:41:54

坂本くんさん、コメントをくださって、どうもありがとうございました。大好きなカプッチッリのリゴレットのディスクがあることで、ジュリーニはずっと心にとどまってきた演奏家でした。感謝しています。

Scritto da: MIZUNO | sabato 18 giugno 2005 00:48:43

yurikamome122さん、ジュリーニ追悼記事にみられる彼の慎み深さへの称賛は、作曲家に奉仕する音楽家への尊敬でしょうね。

Scritto da: MIZUNO | sabato 18 giugno 2005 01:16:07

I commenti per questa nota sono chiusi.

TrackBack


Di seguito i weblog con link a ジュリーニ追悼:

» ジュリーニ 逝去 [「おかか1968」ダイアリー]
 イタリアの指揮者、カルロ・マリア・ジュリーニが去る14日にブレシアで死去した [Continua a leggere]

Registrato in data: venerdì 17 giugno 2005 00:39:46

» 「ジュリーニ追悼」 ブルックナー作曲、交響曲第9番 [yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ]
 先ほど帰宅して、「じぃ」様のブログをみてショッキングなことが書いてありました。ジュリーニが亡くなったそうです。  残念なことです。もう90歳をすぎ、数年一線から退いていましたが、彼の演奏のシューベルト、ブルックナー、マーラーは美しいものでした。シューマンの「ライン」も美しかった。イタリアオペラも少ないですが、味わい深いものが多かった。このブルックナーも3楽章の精麗な美しい表現は印象的でした。  晩年のVPOとのものではなく、この彼の颯爽と演奏したCSOとのブルックナーの9番を、特に3楽章を捧げ... [Continua a leggere]

Registrato in data: venerdì 17 giugno 2005 06:42:05

» 哀悼、カルロ・マリア・ジュリーニ [鎌倉・スイス日記]
すでに引退して何年になるのだろう。このイタリアの名匠が活躍していた時代は、カラヤン、ベーム、バーンスタインといった指揮者たちの全盛の時代であった。 はじめてカルロ・マリア・ジュリーニを聞いたのは大阪のフェスティバル。ホールであった。いろんなプログラムはわからないが、私はウェーベルンのパッサカリアの演奏だけは一生忘れない。あの曲、あの演奏で私はウェーベルンを知った。今も耳に鮮やかに残っている。静寂の中、コンバスのピツィカートが静かにテーマを弾き始め、次第にさざ波が大きな波へと広がり、そしてまた一点に... [Continua a leggere]

Registrato in data: venerdì 17 giugno 2005 07:08:24

« La Milanesiana 2005 | Principale | Bayern 4 Klassik のライブ中継 »