« aprile 2005 | Principale | giugno 2005 »

51 post da maggio 2005

martedì 31 maggio 2005

強まるザルツとの絆

今日のレプッブリカ紙にマエストロ・ムーティのインタビューが載りましたが、独墺の通信社、DPA、APAがすぐにその内容を配信していました。

インタビューは短いもので、ミケランジェリ賞を受けたことについては既に他の新聞でも報じられているような内容です。
そのほかに、今後のキャリアについて語っています。
スカラ座音楽監督を辞任したことで、すっかり将来のプラン、道が変わったそうです。いろいろと申し出は受けているけれども、どこかの常任になることは考えず、当面はこれまで関係の深かったオーケストラとの絆を強めていきたいとのことです。そのオーケストラとはウィーン・フィル、バイエルン放送響、ニューヨーク・フィルです。
オペラについては、12月にウィーン国立歌劇場で上演する《フィガロの結婚》のほかにザルツブルク音楽祭でもプロジェクトがあるそうです。2007年から同音楽祭新総裁となる Jurgen Flimm とじっくり話し合ったようで、2010年までは決まっているとのことですが、残念ながら、タイトル名を明かすのは時期尚早とのこと。

スカラ座について話す余裕ができたようなのには少し安堵しました。スカラ座での19年間はあまりに大きく、そこを辞任した今はどこかで常任指揮者になることは考えたくないとのこと。
スカラ座で上演したオペラは50近くになるというマエストロの言葉にため息をつきました。まだ《アイーダ》も《メディア》も《清教徒》も《トリスタンとイゾルデ》も聴いていなかったのに...。
でも、いつも前方は開けているのですね。全くもってオデュッセウスそのもの。理想の地を求めて常に船出する旅人。

2005年5月31日付 la Repubblica 紙より
"Ho tante offerte, ma per ora mi limito a rinsaldare i rapporti con le orchestre che già conosco"
Muti: dopo le fatiche alla Scala non voglio più impegni stabili
Insignito del Premio Michelangeli: "E´ stata una figura che mi ha segnato molto"
"Lungo gli ultimi 19 anni il lavoro è stato enorme, non voglio impegni stabili"

BRESCIA - Sorride Riccardo Muti, mentre racconta che nel suo percorso musicale sta voltando pagina: «Voglio guardare al futuro in modo diverso: sentirmi libero. L´inizio della mia storia musicale risale al ´68, non è poco. Lungo gli ultimi 19 anni, alla Scala, il lavoro è stato enorme. Basti pensare alle opere che vi ho diretto: una cinquantina di titoli. Più il repertorio sinfonico. Più le numerose commissioni ad autori contemporanei». Per questo, oggi, l´ex direttore musicale della Scala non punta a un nuovo impegno stabile: «Sono tante le richieste, ma per ora voglio limitarmi a intensificare il rapporto con le orchestre con cui già lavoravo con grande entusiasmo: i Wiener Philharmoniker, la Bayerischer Rundfunk di Monaco e la New York Philharmonic». Quanto alle opere, oltre alle Nozze di Figaro a Vienna in dicembre, Muti pensa soprattutto a Salisburgo: «Ho avuto un lungo incontro con Jurgen Flimm, il nuovo direttore artistico del festival (succederà a Peter Ruzicka nel 2007, ndr), con cui abbiamo progetti fino al 2010. Ma segnalare i titoli è prematuro».
(略)


2005年5月31日付 kurier online APA 通信より
Muti: Genug von fixen Engagements

"Ich habe viele Angebote, doch ich möchte mich frei fühlen".

Rom - Der im April zurückgetretene Musik-Direktor der Mailänder Scala, Riccardo Muti, will kein dauerhaftes Engagement an einem internationalen Theater mehr annehmen. "Ich möchte meiner Zukunft auf neue Weise entgegenblicken und mich frei fühlen", sagte Muti nach Angaben der römischen Tageszeitung "La Repubblica" (Dienstag-Ausgabe).

Seine Karriere habe 1968 begonnen. "In den letzten 19 Jahren an der Scala war die Arbeit enorm, ich habe über 50 Opern dirigiert plus das symphonische Repertoire und zahlreiche Werke zeitgenössischer Künstler", meinte Muti.

Salzburger Festspiele

"Ich habe viele Angebote, doch jetzt will ich nur die Beziehungen mit den Orchestern intensivieren, mit denen ich mit großem Enthusiasmus bereits zusammengearbeitet habe: Die Wiener Philharmoniker, das Orchester des Bayerischen Rundfunks, die New Yorker Philharmonic Orchestra", so der Dirigent. Auch die Salzburger Festspiele interessieren Muti stark. "Ich habe ein langes Gespräch mit (dem designierten Intendanten der Salzburger Festspiele, Anm.) Jürgen Flimm geführt, mit dem ich Projekte bis 2010 habe. Es ist jedoch verfrüht, bereits jetzt etwas zu sagen", so Muti.
(略)


2005年5月31日付 DPA通信
Nach Scala-Krach: Riccardo Muti will unabhängig bleiben
Mailand - Nach seinem Rücktritt bei der Mailänder Scala will Stardirigent Riccardo Muti (64) seine Unabhängigkeit wahren. Statt einer festen Bindung strebe er eine engere Zusammenarbeit mit unterschiedlichen Orchestern an.

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

バイエルン放送響の演奏会中継

6月17日のマエストロ・ムーティとバイエルン放送響の演奏会が Bayern4 で聴ける予定です。頻繁に聴いていないので、まだ接続時間の制限があるのかどうか、確かめておきます。またEメールでニュースがきたら、お知らせします。

2005年6月17日20時5分(日本時間18日3時5分) Bayern 4 Klassik
Konzert des Symphonieorchesters des Bayerischen Rundfunks

Live aus dem Herkulessaal der Münchner Residenz:
Leitung: Riccardo Muti
Solist: Johannes Moser, Violoncello
Wolfgang Amadeus Mozart: Symphonie D-dur, KV 385 - "Haffner"; Joseph Haydn: Violoncellokonzert C-dur, Hob. VIIb/1; Alexander Skrjabin: Symphonie Nr. 3 c-moll - "Le Divin Poème"
Ca. 21.00 - 21.20 Uhr:
PausenZeichen
Bernhard Neuhoff im Gespräch mit Riccardo Muti und Johannes Moser

インタビューがありますけれども、RAI RADIO3のように区切りごとに自国語に訳してくれるともっと内容が明確にわかるのですが...。ソロモンの指輪が欲しいです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 30 maggio 2005

こっそり聴いたミケランジェリのリハーサル

29日のミケランジェリ国際ピアノ音楽祭でのマエストロ・ムーティとフィルハーモニア管の演奏について、イタリアの幾つかの新聞が報道しています。

当夜はアンコールは演奏されませんでしたが、スタンディング・オベーションとバラの花が上から降ってきて大成功のうちに終わりました。マエストロへのミケランジェリ賞の授与に際しては、ミケランジェリについてスピーチした模様です。既に紹介済みの29日のブレッシャの新聞のインタビューで語っていたことが主ですが、ミケランジェリのリハーサルを隠れて聴いたことも語っていました。共演の機会はなかったけれども、学生の頃、ナポリのスカルラッティ劇場でリハーサルをこっそり聴いたとのこと。そして、ミケランジェリはスター的な気取りや派手さとは無縁とし、彼のことをMGMのエンブレムにあるモットー、Ars gratia artis 芸術至上主義と形容して、満場の喝采、特にロッジョーネからの力強い歓呼を浴びたそうです。

E Riccardo Muti ha volentieri preso la parola, ricordando come agli esordi della sua carriera avesse avuto l’occasione di collaborare con artisti famosi come Arrau e Serkin, ma che non ebbe mai l’occasione di lavorare con Arturo Benedetti Michelangeli. Che però riusciva ad ascoltare - di nascosto - nella sala del teatro "Scarlatti" di Napoli durante le prove del pianista. Riccardo Muti ha definito Michelangeli l’essenza della musica, pensando soprattutto al suo lato antidivistico, a quel motto che campeggia - come Muti ha ricordato - addirittura nello stemma della Metro Goldwin Mayer, e cioè «Ars gratia artis», e cioè «l’arte per l’arte». Gli applausi sono piovuti da tutto il pubblico, particolarmente "robusti" dal loggione.

2005年5月30日付 Brescia Oggi 紙より
Lo splendido concerto della Philharmonia Orchestra e di Gerhard Oppitz ha fatto da cornice alla premiazione del maestro napoletano
Riccardo Muti incanta il Grande
«Ascoltavo di nascosto Michelangeli al teatro Scarlatti: lui era l’essenza della musica»

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ニール・シコフの評価

小澤さんの棒で《マノン・レスコー》を歌うニール・シコフのインタビューがオーストリアの新聞に載っています。その中で、小澤さんとマエストロ・ムーティについて短くコメントしていました。

マエストロについては高く評価している指揮者のひとりとして挙げ、今のマエストロはその能力においても音楽の知識においても絶頂期にあり、同時代にいることを幸運に思う、と語っています。
小澤さんについては、よく笑うので、ウィーン風に、笑いのスパイスLachwurzenと言われてもおかしくないくらいだ、歌手を支配するのではなく、アンサンブルの一員になっている、ととても好意的に見ています。

2005年5月30日付 OOE Nachrichten 紙より
OÖN-GESPRäCH: Tenor-Weltstar Neil Shicoff über "Manon Lescaut", den Dirigenten Seiji Ozawa und die Dämonen der Seele

"Werke Giacomo Puccinis nicht zu spielen ist idiotisch ..."
Rollendebüt für Weltklasse-Tenor Neil Shicoff an der Wiener Staatsoper: Am 4. Juni hat er, unter der Leitung von Seiji Ozawa, als René des Grieux in Puccinis "Manon Lescaut" Premiere. Heute wird der Opernstar im "Treffpunkt Kultur" erwartet (ORF 2, 22.30 Uhr).

(略)
OÖN: Im Mozart-Jahr singen Sie im Theater an der Wien "Idomeneo", wieder ein Rollendebüt, wieder unter Seiji Ozawa. Wie ist die Arbeit mit ihm?

Shicoff: Es lohnt sich, ihn zu beobachten. Er lacht gern und viel, auf Wienerisch würde man ihn eine "Lachwurzen" nennen. Und er ist ein fantastischer Maestro. Überhaupt nicht dogmatisch, er fragt die Sänger immer, was sie anzubieten haben, gibt sich nicht als Chef, sondern als Teil des Ensembles. Am Ende setzt er alles perfekt zusammen. Er ist auch sehr direkt, aber nie beleidigend.

OÖN: Zu den von Ihnen besonders geschätzten Dirigenten zählt auch Riccardo Muti?

Shicoff: Ja, und jetzt, wo er die Scala verlassen hat, sollten sich Intendanten darum reißen, ihn an ihr Haus zu binden. Holender, glaube ich, macht es eh. Für mich ist Muti heute durch sein Können und profundes musikalisches Wisssen auf dem Höhepunkt seiner Karriere. Wir können glücklich sein, dass es Riccardo Muti zu unseren Lebzeiten gibt.
(略)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

明日未明のWEB中継

マエストロとウィーン・フィルの4日のパリ公演の模様が31日3時から放送されます。パリ特有のアンコールの拍手が聞かれることでしょう。

2005年5月30日20時(日本時間31日3時) France Musiques

Présentation : Marc Dumont
Donné le 4 mai 2005, Théâtre des Champs-Elysées à Paris.

Joseph Haydn
Symphonie n°94 en sol Majeur "la surprise"
Orchestre Philharmonique de Vienne
Direction : Riccardo Muti

Alexandre Scriabine
Symphonie n°3 en ut mineur op.43 "Divin poème"
Orchestre Philharmonique de Vienne
Direction : Riccardo Muti

http://www.radiofrance.fr/chaines/france-musiques/direct/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ミケランジェリ賞受賞

29日にミケランジェリ賞を授与されるマエストロ・ムーティのインタビューがブレッシャの新聞に載りました。
29日の演奏会はフィルハーモニア管にとっては28日のパリ公演の翌日のもので、マルトゥッチの作品を限られたリハーサルでどのように仕上げるのか、興味津々です。演奏会中継のないのが残念です。

2005年5月29日付 Giornale di Brescia 紙より
Intervista al Maestro, stasera premiato dal Festival nel nome del grande pianista: «L’ho sempre ammirato per la sua etica musicale»
Muti: Michelangeli, mio modello d’artista
«Un percorso di grandi rinunce, per raggiungere la perfezione»

おおまかな内容は次のとおりです。

褒賞にはそれぞれ固有の重大さと特別な意義があるけれども、ミケランジェリ賞は私にとっては特別な意味を持っていて、それは私がミケランジェリの、音楽に対する倫理性にいつも感嘆し、それだけでなく、しばしばそれに影響を受けていたことによる。共演の機会はなかったが、音楽院の学生だった頃、演奏を聴く機会があった。彼の完璧性を追求する練習にはいつも感銘を受けた。それは大きな犠牲を払う道だし、傲慢だと勘違いされうるだろうが、実際は、とほうもない完璧性を獲得したいという気持ちの表れだ。芸術家であることはとりわけ倫理的であることであり、ことの本質よりも結果のほうが大切な今日では、そうあることはますます困難だ。音楽に対して倫理的あることのメッセージはトスカニーニやミケランジェリ、リヒテルといった偉大な音楽家からも認識している。リヒテルについては、ミケランジェリのラベルのピアノ協奏曲ト長調を聴いた後では、自分でそれを演奏することは全く考えなかったと彼が私に語ったことを思い出す。あのような演奏解釈の後では、新しく、そしてすぐれた演奏をすることは不可能、ということだった。ミケランジェリのような完全無欠の芸術家に捧げられた賞を受けるということは、従って、私にとっては非常に大きな意義を持っている。

マエストロはミケランジェリの完璧性の追求を come servizio と形容していて、神に奉仕するかのように無私の態度ですべてを犠牲にして追求していた、というような意味で感嘆しています。マエストロもUKの新聞などで傲慢であると書かれたことがありますが、そのように誤解される理由のひとつがミケランジェリ同様、完璧性を追求するからであることは、容易に想像できるところです。

意義深い賞を受けられて、おめでとうございます、マエストロ!

Continua a leggere "ミケランジェリ賞受賞"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 29 maggio 2005

ザルツブルク音楽祭の演奏中継

sakag510 さんが教えてくださった、オーストリア放送協会のサイトの今年の音楽祭中継予定です。どうもありがとうございました。

Alle Berichte zu den Festspielen in oe1.ORF.at

5月のウィーン芸術週間のラトル指揮ウィーン・フィルとベルリン・フィル合同演奏会から始まって、ザルツブルク音楽祭でのマエストロ・ムーティの《魔笛》、ウィーン・フィルとの演奏会も含まれています。

Alle Festpiele
Mai 2005: Hindemith bis Gershwin

http://oe1.orf.at/highlights/35665.html

ザルツブルク音楽祭の放送予定はこちらです。

Salzburger Festspiele
25. Juli bis 31. August 2005

http://oe1.orf.at/highlights/38080.html

また近づいてきたら、あらためてお知らせします。

MILAN がまさかの敗北をイスタンブールで喫してしまい、二度続けての「まさか」に大落胆です。マエストロはミラノを離れてしまったので、もう興味はそれほどないかもしれませんが...。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 28 maggio 2005

ライモンディとのヴェル・レク

ルッジェーロ・ライモンディと共演したヴェルディ レクイエムについて、ライモンディのファンの方が紹介なさっています。
キャストは Cotrubas 、Hamari 、Luchetti で1976年10月16日にアムステルダムで上演されたものです(コンセルトヘボウ管に確認)。全曲通じて、力感あふれる、という言葉がぴったりの指揮ぶりです。
keyaki さん、どうもありがとうございました。

こちらのブログの5月6日の記事でご紹介くださっています。

http://blog.so-net.ne.jp/keyaki/

また、ライモンディについての美しくて情報満載のkeyaki さんのサイトはこちらです。

http://www.geocities.jp/cantante_espressiva/

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

venerdì 27 maggio 2005

サン・カルロはテイト

マエストロ・ムーティに音楽監督もしくは名誉指揮者の就任を依頼するのでは、といわれていたナポリ・サン・カルロ歌劇場ですが、Jeffrey Tate が音楽監督に就任するそうです。

2005年5月24日付 Playbill Arts News より
Teatro San Carlo Appoints Jeffrey Tate to Replace Gary Bertini as Music Director

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

バルトリのインタビューの面白さ

26日のテレグラフ紙に載ったバルトリのインタビューをとても興味深く読みました。マエストロ・ムーティについては全く話していませんが、その内容がまるでマエストロの語っていることのようだったので、面白く思いました。
スカラ座再開オペラの《見出されたエウローパ》については、バルトリにも出演交渉があったそうですが、彼女の声域よりも高かったために断ったことは、以前インタビューで語っていたとおりです。また、フェニーチェ座再開コンサートも当初は彼女が出演予定でした。考えていることは似ていても、共演の機会が滅多にないことがあるのだなあ、と面白く思いました。

先にサリエーリの作品のCDで成功を収めた彼女ですが、プッチーニではなくサリエーリ、グルックを好み、情熱の対象はバロック、すなわちヴィヴァルディ、ヘンデル、スカルラッティ、Caldaraなど。次のCDはオペラは若き頃のヘンデルのもの、独唱ものはスカルラッティ、Caldara だそうです。
マエストロ・ムーティがまさにそのようなイタリア音楽の再発掘をしています。

18世紀イタリア音楽の普及だけでなく、19世紀イタリア音楽についても語っています。特にヴェルディについては、スコアを見れば、ppppppp-pianissimo すらあるのに、演奏はけたたましく大きく、スコアに見られるように聴きあい、対話のできるオーケストラが必要だと言っています。
これも、マエストロが《トロバトーレ》について似たようなことを語っていました。

また、自筆譜を読むことが好きで、作曲家の魂を感じることができるし、貴重なものであるだけに謙虚な気持ちで作品にアプローチさせられる、と語っています。
マエストロは自筆譜や直筆手紙をそばにおいておくことが自分にもたらすことについて、同じように、作曲家の魂を感じさせることをあげていました。

次の共演はいつでしょうか。

2005年5月26日付 Telegraph 紙より
Bartoli the baroque star
Mezzo-soprano Cecilia Bartoli has used her fame to rescue music from an unfashionable era. She talks to Jasper Rees.

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ミケランジェリ国際ピアノ音楽祭

マエストロ・ムーティが指揮する29日の演奏会の予告です。満面の笑顔の写真です。

http://www.festivalmichelangeli.it/concerto.asp?id_concerto=301

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 26 maggio 2005

ミケランジェリ国際賞

29日にマエストロ・ムーティが受賞するアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ国際賞について、マエストロを称える文がミケランジェリ国際ピアノ音楽祭のサイトに載りました。

http://www.festivalmichelangeli.it/premioanno.asp?anno=2005

Continua a leggere "ミケランジェリ国際賞"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

見つけられなかったDVD

TDK のサイトでは、それぞれ、5月、4月にヨーロッパで発売となっているマエストロ・ムーティの《ドン・ジョバンニ》、《フェニーチェ座再開コンサート》のDVDを、ゴールデンウィーク中の旅行で見つけられなかったのは本当に残念でした。特にフェニーチェ座のは絶対に買えると思っていたのですが...。
フェニーチェ座再開コンサートのDVDについての解説にあるとおり、マエストロにとっては、歌劇場ゆかりの人々、そこで働いている人々が聴衆だった2003年12月12日のコンサートこそが、真の再開コンサートだったことでしょう。

http://www.tdk-music.com/frame_content.php?did=3~13&showme=everything&from_id=1553

http://www.tdk-music.com/frame_content.php?did=3~11&showme=everything&from_id=1443

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

観客席のマエストロ

長女の Chiara さんがローマで舞台に立っていますが、初日の24日にはマエストロ・ムーティが夫妻で客席に現れ、観客の興味を大いに誘ったそうです。マエストロとヴェルディ音楽院で作曲家のクラスが一緒だった Azio Corghi の作品(オペラ) Pia の上演でした。

2005年5月25日付 il messaggero 紙より
Riccardo Muti, spettatore di Chiara

追記:ここ数日パソコンの起動が不安定で、記事の投稿がままなりませんでした。ムンクの《叫び》の心境でした...。
(2005年5月25日6時50分追記)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 23 maggio 2005

リヒテルとの出会い

マエストロ・ムーティのスカラ座の音楽監督室には、 Antonino Votto とともに Sviatoslav Richter の写真も飾られていました。マエストロの音楽キャリアにとってとても大切な人物のひとりです。
60歳の誕生日に際してやスカラ座在位10周年の折など、これまでの人生やキャリアを振り返ったインタビューが幾つかあるマエストロですが、2001年春にはイタリア創価学会の機関誌のインタビューにも応じています。ロベルト・バッジョとは異なり、カトリック教徒であるマエストロは、創価学会が推進するところの若者や社会への一般的な文化啓蒙活動や同宗教団体の平和活動などへの賛同から、ごくごく一般的な文化教養記事の掲載に応じたものと思われます。そこではマエストロ・ムーティを紹介するという趣旨から、その経歴の紹介とともに、音楽との出会い、音楽キャリアの最初の頃などについてもインタビューを試みていて、同じ頃に行われた60歳誕生日記念の長文インタビューとオーバーラップするところがあるのが興味深いです。
その中からリヒテルとの出会いの部分を紹介します。インタビューは《ファルスタッフ》のリハーサル中にスカラ座の音楽監督室で行われました。コーヒーが出されていたそうです。

―偉大なリヒテルとの出会いはどれくらい重要なものでしたか。

1967年にカンテッリ・コンクールに優勝した後、二つの契約を得ました。ひとつはカターニアでのコンサートで大成功に終わり、それからフィレンツェ五月音楽祭で、リヒテルの伴奏の申し出を受けました。(音楽監督室に掲げられたヴォットーの写真の隣にあるリヒテルの写真を指し、ムーティはこう言った。「この部屋には、私の人生の基礎を築いてくれた人たちがいます。」)リヒテルは契約を受諾しましたが、まず私に会うことを求めました。それで、1967年11月の小雨模様の晩に Accademia Chigiana に招かれました。彼はそこで演奏するつもりでいたのでした。曲目はモーツァルトの協奏曲とブリテンの五楽章からなる最高にむつかしい協奏曲です。私は直観的に、彼は私がどの程度の演奏家なのかをみるために会いたがっているのだと悟っていました。だから、これほどになく十分に準備をしました。Accademia の広間に入ると、そこには2台のグランドピアノが隣り合わせにおいてあり、リヒテルがそのうちの1台のそばに立っていました。彼は握手を求めてきて、それから、こう言いました。「どうかオーケストラのパートを演奏してください。」運よく私は独奏で準備していたので、南イタリアの人間はすぐに演奏することができ、何が問われているのかただちにわかりました。その証拠に、モーツァルトの協奏曲の序奏部分を演奏すると、リヒテルが特別な興味を持って私を見始めているのが視界の端に入りました。モーツァルトの協奏曲を、リヒテルがピアノ部分、私がオーケストラ部分を全曲通して一緒に演奏し、それから、ブリテンの五楽章の協奏曲も全部演奏しました。最後に彼は立ち上がってこう言いました。「今演奏したように指揮するのならば、あなたはいい指揮者ですよ。」こうして受け入れられたのです。
フィレンツェでのコンサートの後、五月音楽祭管は私に正式に指揮者となるよう求めてきました。こうやって、私のすべての歴史が始まったのです。

インタビューのほかの部分も、いずれ紹介します。

Buddismo e Società n.87 luglio agosto 2001
Intervista a Riccardo Muti:
Musica, canto del mondo

Continua a leggere "リヒテルとの出会い"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 22 maggio 2005

ケルビーニ管 マルタ公演会場

マエストロ・ムーティとケルビーニ管の7月9日のマルタ公演会場のサイトにニュースが載りました。演目はまだ未定のようです。

http://www.mcc.com.mt/mcc/index.asp

Continua a leggere "ケルビーニ管 マルタ公演会場"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

フランス国立管ツアー

フランス国立管の来シーズンツアー予定の中にマエストロ・ムーティの演奏会も載っていました。1月12日の定期公演に引き続いてのものです。

2006年1月13日、14日モンペリエ、トゥールーズ、フランス国立管
Riccardo Muti dirige Mozart à Montpellier et à Toulouse

Vendredi 13 janvier 2006, 20h
Montpellier, le Corum

Samedi 14 janvier 2006, 20h
Toulouse, la Halle aux grains


Mozart : Symphonie n° 38 "Prague"

Mozart : Vêpres solennelles d'un confesseur

Choeur de Radio France
Orchestre National de France
dir. Riccardo Muti

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

マエストロ・アッバードの道

ドイツの新聞にマエストロ・アッバードについての長文の人物スケッチが載りました。朝読むにはとても爽やかな、いい記事でした。音楽を作ることだけに身を捧げるシンプルな生き方に変化したこと、若者たちからなるオーケストラにエネルギーを注いでいることなどが描かれています。大病の後はこれまでにもまして仕事を厳選している、音楽そのものに没頭している、という記事の趣旨からも、スカラ座音楽監督といった地位に就くことはほとんどありえないように読めましたが、どうでしょうか。
マエストロ・ムーティがこれまでの自分を注ぎ込みたいと熱を入れているケルビーニ・オケのデビューも間近です。マエストロ・アッバードともども、イタリアはいい音楽家を持てて、本当に幸せです。

2005年5月22日付 Tagesspiegel 紙より
Er tritt nur noch selten auf. Jetzt kommt er nach Berlin. „Seine“ Philharmoniker lieben den Maestro. Genauso wie das Publikum. Das war nicht immer so. Wer ist Claudio Abbado?

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

sabato 21 maggio 2005

5月1日のウィーン・フィル公演

マエストロ・ムーティのウィーンでのウィーン・フィル公演についての報道は、2日に滞在したミラノのドゥオーモ周辺ではウィーンの新聞を見つけることができず、3日のウィーン空港乗り継ぎの際に買い込んだ新聞と、帰国後のWEB新聞のバックナンバーとで読むことができました。

ニューヨーク・フィルの公演でも一瞬ホールの空気を凍りつかせた携帯電話が、1日のムジークフェラインザールでも会場の爆笑を誘いました。新聞がどれも報じているとおりです。客席右側前方で呼び出し音が鳴り、マエストロはコンサートマスターに向かって「ハンディ?」と笑いながらたずねた後(唇の動きからわたしはそう想像しました)、客席を振り向いて、耳に携帯を当てる仕草をしながら、「アンサー!」と一言言い放ち、満場の爆笑と拍手を受けました。そのときの様子について、往年のオーストリアの名タレント、Hans Joachim Kuhlenkampff でさえ羨むような、チャーミングなやり方でマエストロは携帯電話の所有者に注意を促し、客席での携帯電話についてたいていの指揮者がむっとして身を硬くするのに、マエストロは違っていた、とスタンダード紙は書いていました。
このモバイルフォーンの椿事はハイドンの《驚愕》交響曲の楽章間で起きたために、現代、音楽会でアドレナリンをぐっと出させる《驚愕》はハイドンの交響曲の音の一撃よりも携帯電話であること、また、スカラ座でいろいろあったマエストロのある意味リラックスぶりを伝える道具として記事では扱われていました。

DER STANDARD, 02.05.2005

Paukenschlag und Handysound

ムジークフェラインでの鑑賞体験が多くないので、そこでよくあるマナーなのかどうかわかりませんが、予定のプログラムが終了すると、聴衆はすぐに平土間の前方、後方を分ける通路に集まってきてスタンディングオベーションとなり、マエストロはオーケストラが去った後にも一度、舞台に戻って歓呼に応えていました。これまで聴いたマエストロの演奏会ではいつもこうでした。
また、客席にイタリア人のグループが少なからずいるのもこれまでと同じです。今回はウィーンへ夫人のクリスティーナさんも来ていました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 20 maggio 2005

メトと共同する道も探るスカラ座

新総裁 Lissner のインタビューがイタリアの新聞 il Sole 24 Ore 紙に載り、APA 通信の配信を通じてオーストリアの新聞にも載りました。
彼自身がインタビューでニューヨークを訪れたと言っていましたが、メトロポリタン・オペラとの共同があるようです。海外の歌劇場との共同の道は前任者 Meli も探っていて、マエストロ・ムーティもパリ・オペラ座などとの共同制作について触れていました。 Lissner はメトとの道を選んだようです。パリ・オペラ座との共同はなくなったのかもしれません。
インタビューによれば、スカラ座ではイタリアの芸術家の協力を求めるそうで、イタリアの作曲家との関係も大切にし、少なくとも2年おきぐらいにイタリアの作曲家の新作品を上演したいとのことです。新シーズンについては6月なかばには指揮者・演出家の調整が終わり、例年どおり、7月19日に記者会見が開けるそうです。

2005年5月19日 Kurier online より
Lissner will Scala öffnen

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 19 maggio 2005

イタリアでファンクラブ結成の動き

スカラ座音楽監督辞任表明直後にもありましたが、イタリアでマエストロ・ムーティのファンクラブ結成の動きがあります。どの程度のものになるかわかりませんが、数日前から呼びかけが始まり、秋の発足めざして準備中です。マエストロ・アッバードのファンクラブ CAI のようなものにできるよう、遠くからでも協力できると嬉しいのですが。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 18 maggio 2005

ウィーン・フィル パリ公演の放送

4日のマエストロ・ムーティとウィーン・フィルのパリ公演がインターネットで放送されます。

2005年5月30日20時(日本時間31日3時) France Musiques
ハイドン 交響曲第103番「驚愕」
スクリャービン 交響曲第3番「神聖な詩」
ウィーン・フィル
2005年5月4日 パリ・シャンゼリゼ劇場

ミラノや空港でフランスの雑誌も随分購入しましたが、目を通すのが遅くなりました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 17 maggio 2005

フェニーチェ座記者会見

来日中のフェニーチェ座の Giampaolo Vianello 総裁が記者会見で、マエストロ・ムーティにフェニーチェ座に来てくれるよう依頼していると語りました。ベネチアのいくつかの新聞が報じています。先日のベネチア市長選でも選挙キャンペーン中に同じようなことを 候補者Massimo Cacciari (当選)が語っていました。総裁はCacciari が言う前に既にマエストロに手紙で依頼していたそうで、おそらく、今年の夏以降に会って、答えをもらうことになるだろう、とのことです。

2005年5月17日付 Nuova Venecia 紙より
La Fenice in Giappone
Muti a Venezia? Si sta trattando
Il sovrintendente Vianello a Tokyo prepara altre trasferte
Un travolgente successo che arriva fino ai gadget

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

マエストロの聴力の保険価値は1000万ユーロ

イタリアの保険雑誌 il Giornale delle Assicurazioni によれば、イタリアの主要保険会社の保険代理業者、ブローカー110人に面接して決めた保険価値では、マエストロ・ムーティの聴力が第四位で1000万から1100万ユーロだそうです。一位はインターのアドリアーノ、二位がシューマッハー、三位がロッシというように当然のことながらスポーツ選手が続き、四位がマエストロです。
思うに、アドリアーノは最近チームにとって大きなケガをしたばかりですし、シューマッハー、ロッシの価値は至極当然のこと、マエストロはスカラ座辞任というできごとがその保険価値にも多少加わっているのかもしれません。

16/05/2005 - 12:15 AGE より
CALCIO: ADRIANO, IL SUO MENISCO VALE CIRCA 15MLN

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

lunedì 16 maggio 2005

ウィーン・フィル スカラ座公演

2日のマエストロ・ムーティとウィーン・フィルのスカラ座公演については、墺伊の新聞はもちろん、先に紹介したように英語圏のメディアも大きく報じていました。

3日付のIl Giornale 紙の記事を紹介します。

2005年5月3日付 Il Giornale 紙より
Scala
Applausi e rimpianti per il ritorno di Muti
La Scala abbraccia Muti e i Wiener
Il Maestro sommerso dagli applausi: 《Sono felice, e' stata una bellissima serata》

昨晩、スカラ座に戻ってウィーン・フィルを指揮したマエストロ・リッカルド・ムーティに対して、スカラ座は盛大な拍手喝采となった。マエストロは観衆によって間断なく喝采を受けた。昨晩は素晴らしい音楽が聴かれたが、惜しむ気持ちもいたるところにみられた。列席者の中には Casini 下院議長もいた。「私たちはムーティのような人間がイタリアに存在することを誇りに思います。」

「とても幸せです。最高の晩でした。」リッカルド・ムーティはやっと舞台を離れることができた。彼は舞台へ呼び戻され、喝采と一斉の歓呼、花々がマエストロとウィーン・フィルの上を舞っていた。彼は舞台と袖の間を3回行き来した。アンコールの希望としても、スリーカードへの期待としても、ムーティへの希望としても、予期しない《運命の力》では不十分だった。
「何をまだ付け加えよというのでしょう。もう十分でしょう...。」スカラ座が彼の劇場であることを今一度示してみせ、ミラノが彼の指揮棒で魅了された街であることを再度見せてみた後は、あっさり去っていく。花を手にして五度戻った後、また喝采だ。微笑している。「みんなに挨拶しました。」確かに微笑みを浮かべて指揮台からひとりひとりにそうしているように見える。ムーティは再びスカラ座であり、スカラ座はムーティであるといった成功以外のなにものでもないようにみせようとし、非常に長く続く喝采なしには終わることがない、一晩のいつものできごとだ。12月7日の開幕のようだった。
実際は違った。楽屋での長蛇の列は別れの気持ちと悲しい喪失の想いを見せている。それはたとえ一生が数ヶ月間になろうとも、またとかもしだされることのない想いだ。Pierferdinando Casini 下院議長が現れ、palco reale の席で聴くことによって、政治的にも象徴的な意味においても明白に重要な意義を表した。そこにはミラノ市長 Gabriele Albertini と運輸相 Pietro Lunardi もいる。「私がここにいるのはマエストロと彼が表現しているものへの尊敬の気持ちからです。ムーティは偉大で、イタリア文化の誇りであり、彼に尊敬の気持ちを示すことができるのを誇りに思います。」
傷口は開き、聴衆の非常に激しい熱情は最後にやっと爆発できた。緊張と気詰まりの中、言葉にならない期待が内部で蓄えられ、最後に放たれたのである。最初は非常に短い喝采だった。平土間は、スカラ座へ別れを告げる4月2日付の辞任の手紙からまさに1ヶ月後、すでにこの素晴らしい復帰のための花火の用意ができていた。けれども、リッカルド・ムーティは変化しなかった。数秒で十分で、すぐに喝采を止めて音楽を始めた。合間にだけ受けたのは、彼に対してではなく彼の音楽に対して捧げられた喝采だ。二度舞台に呼び戻され、拍手喝采に埋めつくされた。最後の熱烈な喝采を飲み干しただけだった。
楽屋には、今日2日から Stephane Lissner にとってかわられた、退任した総裁 Mauro Meli がいて、彼はムーティのもとへ真っ先に駆けつけたひとりだった。そして、 Albertini 、Bruno Ferrante 知事、Valentina Cortese もいた。彼らは感情の高まりの中で、全体の気持ちをつかんでいた。「スカラ座のためによいことなのだから、戻ってきてきてくれることを望んでいます。」劇場には演出家でもあり舞台美術家でもある Pierlugi Pizzi 、銀行家 Giovanni Bazoli 、政治家 Umberto Veronesi もいた。即ち、ミラノそのものだった。
ミラノはムーティという自分用の薬を服用したが、次はいつになるのかわからない。「チケットがありません。」入り口の前で掲げられているプラカードの1枚は嘆いていた。これはコンピューターによって印刷されていて、指揮をしているムーティの写真付だ。これを振りかざしていた Lucio Peres は、ハイドンの《驚愕》からもスクリャービンの《神聖な詩》からも締め出された多くの人のひとりだ。 彼は、多くの人のように、ヴィットリオ・エマヌエレ・ガレリアで大画面を観るしかなかった。「このコンサートが最後だと思ったことはないといえればいいのですが...。」
新総裁と理事会の難業については新たな一連のできごとが始まろうとしているようだ。会場にいた理事たちは楽観主義に身を任せていた。「別れではなく、客演指揮者としてのデビューです。」 Fedele Confalonieri はコメントした。彼はマエストロとの連帯の気持ちを示すためにスカラ・フィルの会長を辞任した。副財団長の Bruno Ermolli はもっと明白だ。「一時的な別れだと非常に強く思いたい。スカラ座はムーティなくしてはありえないし、ムーティはスカラ座なくしてはありえません。」

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 15 maggio 2005

ウィーン・フィル来日公演概要

各招聘元会員向けには郵便で案内済みのようですが、各公演の内容がサントリーホールのサイトで発表になっています。

http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/perform/2005/1009.html

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato 14 maggio 2005

ラベンナ音楽祭のパンフレット

2005年の案内が届きました。一度訪れなければ、と思っています。

WEBとは一部内容が異なっていて、たとえば、《メフィストフェレ》はまだデッシー出演のままになっています。

マエストロ・ムーティが6月29日に上演するヒンデミットのオペラ《Sancta Susanna》については、

Susanna: Tatiana Serjan

Klementia: Brigitte Pinter

suora anziana: Mette Ejsing

となっています。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì 13 maggio 2005

フィラ管会長の辞任

フィラデルフィア管会長のJoseph Kluger が今シーズン限りで同管を去ることが昨日報道されました。

1988-1989年のシーズンにマエストロ・ムーティとフィラ管とともに来日したときにはまだ 会長ではなく、来日中に当時の会長が亡くなり、Kluger が翌シーズンから会長に就任しました。亡くなったことが来日中のオケに伝わった際の演奏プログラム、ベートーベンの英雄交響曲の葬送行進曲は、追悼でもありました。

2005年5月12日付 Philadelphia Inquirer 紙より
A long, eventful tenure is ending

追記:フィラデルフィア管の1985年、1989年来日時に、リハーサルを見学する許可をオーケストラからもらいました。マエストロ・ムーティがこれほど偉大になってしまった現在では、あるいは、もう無理かもしれません。
その頃、同管は学校へリハーサルを公開することに積極的で、マエストロもそういうことに前向きでした。来日前にオーケストラに手紙を書き、一介の音楽ファンに過ぎないが、ひとつの演奏ができあがる過程にとても興味がある、とリハーサル見学の許可を求めました。オーケストラからは歓迎する、という返事をもらいました。特に、1989年のときには、来日公演に同行していたマネジャーの Kluger に面会を申し入れるよう指示を受け、現れたのが美しい編み込みニットのベストとシャツ、ネクタイ姿の青年(まだ30代半ば)だったので、驚いたのを今でも覚えています。
見学許可のお礼と来日公演の感激を伝える手紙に対しても、Kluger はすぐに返事をくれて、日本のファンたちにインスパイアされて、オーケストラとマエストロはとてもいい演奏ができた、という内容だったのを嬉しく読みました。
辞任の記事を読みながら、いろいろ思い出して、感慨にふけりました。(2005年5月14日8時35分追記)

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

giovedì 12 maggio 2005

ウォールストリートジャーナル紙の称賛

ANSA通信や Il Giorno 紙もウォールストリートジャーナル紙のマエストロ称賛記事について報じていました。
読み終わってぼ~っとフロアに立ちつくしてしまったくらいに、とてもいい記事でした。紙面の3分の1ほどを占めています。ウィーン・フィルのスカラ座公演についての記事も早く紹介しなければ、と思います。

10/05/2005 - 16:55 Apcom より
MUSICA/ IL WSJ DIFENDE MUTI, CACCIATO PER "RAGIONI BIZANTINE"
Il quotidiano tesse le lodi del maestro allontanato

2005年5月11日付 Il Giorno 紙より
E il Wall Street Journal esalta Riccardo Muti

2005-05-11 15:04 ANSA 通信より
'Grazie Maestro', WSJE difende Muti
Indiscrezioni lo vorrebbero a capo NY Philarmonic da 2009

2005年5月10日付 The Wall Street Journal 紙より
'Grazie, Maestro': What We Should Thank Muti For


WSJ紙のタイトルは、2日のウィーン・フィルのスカラ座公演で、マエストロ・ムーティの楽屋に飾られた47本のバラによっています。すなわち、ロッジョニストたち、ファンたちがマエストロがスカラ座で上演したオペラの数だけバラを贈り、その1本1本にオペラの名前を飾り、それそれのリボンに'Grazie, Maestro'と書いたことからとっています。

記事はマエストロを称賛するものです。特に、スカラ座の労働組合が辞任決議を表明した頃のUKの記事(おそらくは名前をあげているインデペンデント紙が主なもの)にはっきりと反論を示しているように感じられるくだりがありました。また、辞任に至った理由について、労働組合の辞任決議を額面どおりに労働者の不満とは受け取らず、地方政局の犠牲になったものであり、はっきりと Byzantine によるもの、権謀術数の犠牲、と書いているのが印象的でした。 もちろん、その権謀術数にはスカラ座内での主導権争いも含まれているのでしょうが。
ムーティは決して傲慢な指揮者でもきまぐれな指揮者でもない、辞任の要求をつきつけたスカラ座のオケはいずれわが身を苛むことだろう、単なる座付きオーケストラを膨大なレパートリーに適応できる輝かしいオーケストラに仕上げたのはムーティだ、スカラ座を去ることが決まって以来、有名オーケストラ、有名歌劇場がムーティにポストの提供を申し出ているが、彼は、どこかのトップに座ることによって蒙るかもしれない苦痛よりは、これまで慣れ親しんできた超一流オーケストラとの仕事を選んでいくようだ、スカラ座との別離には音楽ファンにはいいことは全く何もない、スカラ座公演の翌日の新聞がすべてを語っている、聴衆が感じていることは明白だ(感謝と強く惜しむ気持ちだ)。
こういった趣旨のことをいくつかのエピソードもあげながら書いています。

新装なったスカラ座の大きく広い、エグセクティブ・フロアのような音楽監督室について、「これがマエストロ・ムーティの楽屋です。」と驚嘆して言った人の言葉をマエストロは否定して、「マエストロ・ムーティの楽屋ではありません。スカラ座音楽監督の楽屋です。」と言ったエピソードを紹介し、かほどに控えめであり、指揮者はうぬぼれやだ、という俗説はマエストロにはあてはまらない、と書いています。
また、UKで物議をかもしたコベントガーデンでの《運命の力》のキャンセルについても、、マエストロは単なる客演指揮者として素知らぬ顔をして演奏をし、出演料を手にすればよかっただけなのにそうしなかった、信条とスカラ座音楽監督の責任からそうしたことだ、と擁護し、また、この問題におけるコベントガーデンの立ち回りのうまさも暗に示唆しています。
このことはスカラ座辞任にいたる過程でも示されていて、何の釈明もしない、無用な論争を超越している、とある意味、称賛しています。

マエストロが手紙で簡潔にスカラ座辞任を表明し、一切語らないことにはわたしは尊敬の念を禁じえません。スカラ座のオーケストラ側は、手紙ではなく直接出てきて話せ、と糾弾していましたが、当時の状況から、それがつるしあげに終わったかもしれないことは容易に想像できます。それこそ、音楽を創るということから、最も遠い状況です。
あれこれ釈明しないことについては、何よりも、指揮者というものは自分の未来をみることに忙殺され、夢中なのではないか、と思います。やりたいことがたくさんある、その実現にエネルギーを注ぎたい、それが一流の指揮者というものではないでしょうか。
もちろん、心中は想像して余りあります。ウィーン・フィルのスカラ座公演終了後の楽屋口で、ファンの熱い想いに感動して放心したかのように見えたマエストロの姿は一生忘れられません。断固、ダンテではない、と思います。


| | Commenti (2) | TrackBack (0)

mercoledì 11 maggio 2005

フェニーチェ座のDVD

ウィーン、ミラノへ旅行中に見つけられなくて残念だった新譜が《ドン・ジョバンニ》と《フェニーチェ座再開記念コンサート》のDVDでした。
結局、どちらもオンライン店で注文しました。

Gala de la réouverture du Théâtre de la Fenice
(Gala Reopening of the Teatro La Fenice)

Riccardo Muti
30,64 €
Ouverture de Die Weihe des Hauses op 124 - Beethoven
Symphonie de psaumes - Stravinski
Te Deum - Caldara
Kaisermarsch - Wagner
Huldigungsmarsch - Wagner

Chef d'orchestre Riccardo Muti
Soprano Patrizia Ciofi , Sara Allegretta
Mezzo soprano Sonia Ganassi
Alto Sara Mingardo
Ténor Roberto Sacca , Mirko Guadagnini
Interprète Choeur et Orchestre de La Fenice

Editeur TDKmusic
Durée 66 minutes

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Lissner 新総裁の描くスカラ座の将来

スカラ座新総裁 Lissner のインタビューがいくつかの新聞に載りました。それなりの指揮者は数シーズン先まで予定が決まっているのが当然なので、マエストロ・ムーティの後を埋めるのはむつかしそうです。

2005年5月11日付 Gazzetta del Sud 紙より
Conversazione con Stéphane Lissner, nuovo sovrintendente e direttore artistico della Scala
È già tanto se si inaugura...
Finanze al momento disastrate, ma con buone prospettive

マエストロに関わることについてはこんなふうに語っています。
《エレクトラ》を聴いたが、オーケストラは最高だ。ムーティの力によるものだ。ここまでの水準にしたのはムーティだ。何とか彼を説得して、1年か2年後にはスカラ座に戻ってオペラを振ってもらいたい。来シーズンを《コシ・ファン・トゥッテ》で開幕させるのはむつかしい。別のものにするにしても歌手の問題がある。
なお、通常は7月にスカラ座は新シーズンの発表を行いますが、当紙は秋になるのではないかと推測しています。


2005年5月11日付 la Repubblica 紙より
Ospite dagli "Amici" il nuovo sovrintendente ha parlato dei suoi progetti e dello stato del teatro dopo la bufera
Lissner: "La Scala riparte dall´orchestra e dai tecnici"
Anche gli Arcimboldi sono una risorsa
"Il teatro di Gregotti ha un´acustica ottima Voglio vedere cosa si può fare in futuro"
"Per il 7 dicembre stiamo cercando un direttore. Poi decideremo l´opera "

レプッブリカ紙もほぼ同趣旨です。《エレクトラ》で聴いたオーケストラは最高の状態にあるとほめ、アルチンボルディの音響をほめ、シーズン開幕オペラが《コシ・ファン・トゥッテ》になるかどうかはまだ確定できず、開幕の指揮者が、噂どおりハーディングやレバインであるかについても答えず、新シーズンについての記者会見は7月からずれて夏が終わってからになる模様、といった具合です。


2005年5月11日付 Corriere della Sera 紙より
IL SOVRINTENDENTE LISSNER
«Scala, basta liti Pronti a ripartire»

Corsera 紙も同じです。オーケストラの響きが美しいのは明らかで、ムーティの労力によって創り出されたもの、アルチンボルディはいい響きをもったいい劇場、開幕オペラが《コシ・ファン・トゥッテ》になるかどうかはまだ確定できないし、指揮者が見つからなければ、作品を変えるかもしれない、すでに次々シーズンも決まっているところがほとんどのヨーロッパでは、あいた指揮者や歌手を見つけるのはむつかしく、プログラムを作り上げるのは困難をきわめている、開幕指揮者としてハーディングやレバインの名前が挙がっていることについては答えず、ムーティについては2年か3年のうちに戻ってきてほしいが、とりあえず、スカラ座を鎮まらせることが第一、といったふうです。

マエストロ・ムーティについてはこれまでに何度も Lissner 新総裁が語っているように、五指にはいる重要な指揮者、スカラ座で彼に代わる人はそう容易には見つけられない、また、いつでもスカラ座に戻って振ってほしい、門はいつもあいている、といったところです。


| | Commenti (0)

ウォールストリートジャーナル紙報じるスカラ座

イタリアの通信社の報道で、10日付ウォールストリートジャーナル紙がマエストロ・ムーティとウィーン・フィルのスカラ座公演をはじめ、マエストロについて記事を載せていることを知りました。印刷版を今日購入してから、記事を紹介します。

2005年5月10日付 The Wall Street Journal 紙より
"Grazie, Maestro" What We Should Thank Muti For

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì 10 maggio 2005

バラの花の降り注ぐ公演

マエストロ・ムーティとウィーン・フィルの4日のパリ公演の模様がフランスのクラシック音楽サイトに載っていました。
シャンゼリゼ劇場にはモルティエやフランス国立放送の代表も来ていたとのこと。当夜のプログラムが終了すると拍手喝采でマエストロは迎えられ、バラの花が雨のように舞台に注がれたそうです。その日のウィーン・フィルの3人の女性奏者のうちひとりがフランス人であることもこの記事で知りました。
アンコールについてはワルツか、とも予想されたが、「運命の力」序曲であった由。
おそらく、ミラノで聴かれたようなアンコールのリズミカルな拍手がパリでも聞かれたことでしょう。

ミラノの公演には忘れられない場面がいくつもありますが、特に印象深かったのが、ウィーン・フィルのメンバー全員が舞台に出揃って着席し、あとはマエストロの登場を待つだけの場面で、オーケストラに対して、客席からあらためて盛大な拍手がおきたことでした。もしかしたら、客演しているオーケストラに対する普通のマナーなのかもしれません。本当に驚き感動したシーンでした。

2005年5月9日付 altamusica.com より
Concert de l’Orchestre philharmonique de Vienne sous la direction de Riccardo Muti au Théâtre des Champs-Élysées, Paris.
Surprises !

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì 9 maggio 2005

NYフィルとサリエーリ

ミラノでサリエーリ財団によるシンポジウムをまとめた薄い本を購入しました。ざっと目を通していたら、マエストロ・ムーティがニューヨーク・フィルとサリエーリの作品を演奏したときの短いエピソード(ニューヨークでサリエーリの変奏曲を演奏したとき、オーケストラにサリエーリがどんな人物かを説明しなければならなかったが、それは不可解なことだった、なぜなら、サリエーリのオーケストラの扱い方は革命的で、ベルリオーズ、ワーグナーに次ぐものだから。)が載っていることに気づきました。
ちょうど、先日、ニューヨーク・フィルで2006年のシーズンからイタリアのオーケストラ音楽に重きをおいた演奏をしたい、とマエストロが語っていたことと符合するのを、とても面白く思いました。


FONDAZIONE ANTONIO SALIERI
Da Beaumarchais a Da Ponte
Convegno su Antonio Salieri, Verona, 9 aprile 1994

1996 E.D.T.

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 8 maggio 2005

フリットリの変わらぬ支持

フィレンツェで《ドン・ジョバンニ》に出演するフリットリとデヴィアのインタビューを、今日のレプッブリカ紙でとても興味深く、楽しく読みました。ふたりとも腹蔵なく話し、レパートリーが重なっても、ふたりがカラスとテバルディになることはありえない、と語っていました。
メータと一緒に仕事をすることについてたずねた後、ムーティについてインタビュアーはたずね、短いながら、フリットリがコメントしていたので、紹介します。ムーティは音楽的に問題のある歌手にとってだけむつかしい人であり、歌手がきちんと音楽的なものを構築できれば、考えをかえる用意のある人だ、スカラ座を去ったことはイタリアの聴衆のとって大きな損失だ、とはっきり語っています。

2005年5月8日付 la Repubblica 紙より
Devia e Frittoli, le star di casa "Ormai non siamo più divine"
Le due signore della lirica, stasera impegnate nella prima del Don Giovanni, incontrano fan e appassionati a Repubblica
"Il nostro è un lavoro meraviglioso ma prima o poi finisce. Per questo è giusto avere una vita propria fuori dal teatro"
All´Arena di Verona non ho mai lavorato sono anni che dico no Ha ragione Toscanini: all´aperto si gioca a bocce

(略)
Com´è lavorare con Zubin Mehta?
Devia: «E´ talmente perfetto che ogni sua scelta non può essere discussa. Ha un gesto morbido, che accompagna e questo ci aiuta molto».
Frittoli: «E´ una persona deliziosa».
E´ vero che Muti sacrifica i cantanti?
Frittoli: «Solo quelli non musicali. Se invece vede che il cantante può costruire qualcosa, accetta di cambiare idea. Non è vero, come di solito si dice, che il Maestro considera le voci in funzione dell´orchestra . E´ un artista onesto, diretto, dice quelle cose che alcuni direttori evitano di dire per educazione. Il suo abbandono della Scala è una grande perdita per il pubblico italiano».

ズービン・メータとの共演はどうですか。
デヴィア「彼の選択はどれも、議論の余地のないくらい完璧です。彼の指揮は柔軟性に富んでいて、合わせてくれるし、とても支えてくれます。」
フリットリ「楽しい人です。」

ムーティは歌手を犠牲にしているというのは本当ですか。
フリットリ「音楽的でない歌手についてだけです。むしろ、歌手が音楽的に何か作り上げることができることがわかれば、彼は考えを変えることもあります。よく言われているように、マエストロが歌手をオーケストラの一部のように機能させようと考えている、というのは事実ではありません。誠実でまっすぐな芸術家で、他の指揮者ならば避けて言わないようなことも、正しいことを教えるために口にするような人です。彼がスカラ座を放棄したことは、イタリアの聴衆にとって大きな損失です。」

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ウィーン・フィルのスカラ座公演を前に

2日のスカラ座でのウィーン・フィル公演を前に、1日のCorsera 紙がマエストロ・ムーティのコメントを載せていました。

2005年5月1日付 Corriere della Sera 紙より
Domani al Piermarini il concerto del maestro con i Wiener
《Il mio futuro dopo la Scala anche all'Opera di Vienna》
Muti: dall'Austria tante proposte fino al 2010

「私のウィーン・フィル公演について、ミラノで大きな期待がかけられているのを知っています。非常に多くのキャンセル待ちの人々のリストに感動しています。また、ガレリアに大画面まで出てその晩の演奏会を観られるようにしてくれていることにも心を動かされました。...でも、スカラ座については何も語りたくありません。」リッカルド・ムーティは信頼を置いているウィーン・フィルとウィーンでリハーサルをしながら、静かで穏やかな口調だった。しかしながら、数日前にオーストリアの週刊誌でこう語った。「他のどんなオーケストラとであっても、スカラ座で演奏するのはきっと断ることでしょう。気持ちの上ではスカラ座へ帰るのは簡単ではないと思います。けれども、全員が仲のいい友達であるようなオーケストラと一緒に行きます。ムーティとウィーン・フィルを聴きたいとみんなが思っているという聴衆の気持ちを大切にするために、スカラ座へ行きます。」尊敬しあい、深く理解しあう関係にあり、楽友協会でのニューイヤーコンサートの他に世界中を一緒に演奏して回るようなことも含めて、数多くのコンサートを成し遂げ、ザルツブルクやウィーンでオペラを上演し、数々の録音を残し、名高い名誉も得てきた。今回のウィーン・フィルとの新たな旅行は、ウィーンを発って、ミラノ(FAI の後援)、ケルン、パリを訪れ、ウィーンへ戻るものである。
オーストリアの首都は、ムーティがスカラ座音楽監督を辞任した後、彼の第二の本拠地になるだけの必要条件をすべて備えていた。
ウィーン国立歌劇場からは、マエストロが《フィガロの結婚》を12月10日、12日、14日、16日、18日に上演するというニュースが届いた。このうち4公演はもともとはウィーン国立歌劇場音楽監督の小澤征爾が指揮台に立つ予定だった。ムーティは認める。「私はたくさんの申し出を受けています。ウィーン国立歌劇場総裁 Ioan Holender はモーツァルトのオペラの上演に私を招聘しました。彼の生誕250周年記念のためです。2010年まで提示を受けました。ウィーン・フィルともモーツァルトに捧げるツアーを予定していて、それは、ニューヨークのカーネギーホールで1週間、東京のサントリーホールで1週間です。」ザルツブルクはいつもウィーン・フィルとで、1月27日のモーツァルトの誕生日にはマラソンコンサートを行い、衛星放送でテレビ中継される。そして、いつものように夏のザルツブルクに戻って、3ヶ月間のうち、《魔笛》をグラハム・ヴィックの演出で上演する。
一方、合衆国でも指揮者の中心的存在である。4月のニューヨーク・フィルのコンサートでは、当国の批評家たちから称賛され、シカゴ響(2006年までダニエル・バレンボイムが音楽監督)の代表からも、申し出を受けた。ムーティはこうコメントする。「非常に偉大なオーケストラです。話はしましたが、まだ、計画には至っていません。一方、2006年からはニューヨーク・フィルにはまるまる1ヶ月間をさくことになっていて、特にイタリアの音楽作品に重きをおいた仕事をします。オペラ以外にも、オーケストラ音楽の文化がイタリアにはあることを知らしめることが大切だと考えています。」
でも、イタリアでは?スカラ座のほかでは?「ケルビーニ管により多くの時間をさきたいと望んでいます。30歳以下の才能ある若者から成るオーケストラで、彼らには私の経験を自由に活用してほしいと思っています。30歳から持ち続けた夢。そのときから私は世界の素晴らしいオーケストラと一緒に仕事をはじめ、偉大な演奏者たちと共演をはじめたのです。」マエストロは生まれたばかりのオーケストラと、最初の公式コンサートを6月5日にピアチェンツァで行う。このオーケストラと6月29日にはラベンナ音楽祭で、ヒンデミットの《Sancta Susanna》をコンサート形式で上演する。
ムーティはフィレンツェ五月音楽祭管との仕事も復活させる。7月4日にリビアで行われるラベンナ音楽祭の「友情の旅」コンサートだ。「かつてのあの頃に戻るのです。フィレンツェ、ロンドン、フィラデルフィアのオーケストラと私は素晴らしい関係を持ち、芸術的にも人間的にも深く理解しあっていました。」

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

sabato 7 maggio 2005

旅行に行ってきました

記事ではなく、個人的なことを書きます。すみません。

4月29日、30日、5月1日はウィーンで、5月2日はミラノで、マエストロ・ムーティの指揮するウィーン・フィルの演奏会を鑑賞しました。
現地の新聞やテレビ、ラジオのニュースに毎日興味深く接していましたが、特に3日はマルペンサ空港で、2日の演奏会の模様を報じる山のような新聞記事を読むうちに、その感動的な内容に涙がとまらなくなりました。
ひとりではこのような旅行がセッティングできるはずもなく、ご尽力くださった方々にあらためて感謝申しあげます。

パソコンを持参しなかったために紹介できなかった新聞記事は、いまさらの感もありますが、追々載せていきます。

テレビ放映で興味深かったのは、ひとつはミラノに日曜日滞在するときには観逃せない、RETE4のドメニカ・コンチェルトでした。スカラ・フィルの演奏会を演奏者へのインタビューとともに放映しています。1日は深夜の再放送に間に合いましたが、亡くなったベルティーニの演奏会の放映でした。ただ、番組オープニングでマエストロの指揮姿も観られたので、ファンとしては嬉しかったです。

2日の演奏会については、TG5が当日夜遅くのニュースで10分ほどにうまくまとめて報じていました。3日朝5時半のニュースでも再放映していました。
内容は演奏会の模様、演奏会場でとったFAI 会長、Confalonieri 前スカラ・フィル会長へのインタビュー、そして驚いたのが Casini 下院議長までが聴きにきていてインタビューに応じていたことでした。

雑誌については、クリスティーナさんのインタビューの載ったヴァニティ・フェア誌イタリア版のバックナンバーをミラノで探しましたが、取り寄せに時間がかかるため、滞在中の入手はあきらめました。別のルートで入手中です。

2日のミラノでは演奏会前にもファンと話をすることができました。(マエストロは数時間前にスカラ座入りして、ウィーン・フィルとリハーサルを行っていました。)ただぼんやり楽屋口に立っていただけなのですが、視線が合うとにっこりほほえみかけてきて、チケットはあるの、どこからきたの、と会話が始まり、当夜はマエストロのファンしかいなのだなあ、とあらためて思いました。チケットのダフ屋からは買わないようにと注意してくれ、その摘発のためにカラビニエーレが大勢いる、と教えてくれました。
この演奏会のためだけに日本から来たということが非常な驚きらしく、何度も聞きなおされました。マエストロがスカラ座を去ることをとても惜しんでいました。また、日本へもスカラ座とよく訪れていることも知っていて、残念でしょう、と言われたので、10月にウィーン・フィルと来日する、と答えたら、とても羨ましがっていました。その人たちは、そのまま大画面を見るためにガレリアへ向かっていきましたが、とても温かな気持ちにさせられました。

ドイツ語もイタリア語も本当に不十分なのですが、ウィーンの聴衆の熱いスタンディングオベーション、ミラノのファンがマエストロの車を取り囲んで、ひとりひとりその想いを訴えていた姿は忘れることができず、来てよかった、とあらためて思いました。
そして、素晴らしい演奏を聴かせてくれたマエストロに、お礼をいいたいです。
Grazie di cuore, Maestro !!

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

venerdì 6 maggio 2005

ケルビーニ管のマルタ公演

マエストロ・ムーティとケルビーニ管のマルタ公演(同管にとって初の海外公演)について昨日記者会見が行われました。プログラムはハイドン、シューベルト、ケルビーニだそうです。

2005年5月6日付 The Times of Malta 紙より
Muti chooses Haydn, Schubert and Cherubini for Malta concert

2005年7月9日 the Mediterranean Conference Centre, Valletta
ハイドン
シューベルト
ケルビーニ

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ウィーン・フィル・サントリー・ホール公演

ウィーン・フィルとマエストロ・ムーティのサントリーホール公演は7月23日より一般発売されます。

S:31000円、A:27000円、B:22000円、C:16000円、D:10000円

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ウィーン・フィル岡山公演先行予約開始

マエストロ・ムーティとウィーン・フィルの岡山公演について、葉書申込による先行予約が始まりました。

http://www.okayama-symphonyhall.or.jp/jishu.html/jishu.htm

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì 5 maggio 2005

スカラ座ブックストア

「エレクトラ」上演に関するスカラ座からのEメールによるニュースレターを通じて、やっとブックストアのサイトにアクセスできました。

http://www.lascalabookstore.com/excat/index.exml/cPath/2

スカラ座再開を記念したテレコム・イタリアによる3枚のテレフォンカードが台紙つきで売られていて、台紙を入手できなかったのを残念に思っていましたが、スカラ座ブックストアでも売られているのを現地で知りました。テレカ3枚・台紙で20ユーロです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

パリ公演評

マエストロ・ムーティとウィーン・フィルのパリ公演評がオペラ・コンサート専門サイトに載りました。
聴衆から《ウィリアム・テル》序曲のアンコールを求める声が出たようです(当夜演奏されたハイドンの交響曲のニックネーム《驚愕》に因んで、当夜でのいくつかの驚きがあげられていて、そのひとつがこのアンコールの様子)が、次の機会に、ということで、《運命の力》序曲であることを告げて始めたようです。パリでのマエストロのおなじみぶりが目に浮かぶようです。

2005年5月5日付 Concerto Net.com より
Les surprises de Muti

| | Commenti (2) | TrackBack (1)

ケルン公演評

マエストロ・ムーティとウィーン・フィルのケルン公演の評が出ました。写真が素敵でした。

http://www.ksta.de/html/artikel/1115222892939.shtml

2005年5月5日付 Koelner Stadt Anzeiger 紙より
Stilvolles Schwelgen

ハイドンのメヌエットでのマエストロの指揮ぶりは確かに、踊るような感じではっとなるかもしれません。
アンコールは《運命の力》序曲。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

DVD

Musica nei luoghi d'arte
Saronno,
Santuario della Beata Vergine dei Miracoli
26 ottobre 1997

Vivaldi :
Concerto in La maggiore per archi e b.c. RV158

Pergolegi :
In coelestibus regnis
Salve Regina

Barbara Frittoli ,soprano
Anna Caterina Antonacci, alto

Filarmonica della Scala

Uniriscossioni, Gruppo UniCredit/MUSICOM

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

相変わらずのインデペンデント紙

マエストロ・ムーティとウィーン・フィルの4月末から5月はじめのウィーン公演、ミラノ公演は、スカラ座新総裁の5月2日(3日?)就任と前後するだけに、たくさんの墺伊の記事をもたらしました。どれもマエストロの音楽への評価を中心に、従って、好意的にとりあげていました。少し前にニューヨーク・フィルとの演奏会を中心にとりあげたニューヨークタイムズ紙、上記墺伊の記事と相変わらず180度異なるのが、UKの新聞、具体的には、インデペンデント紙でした。
29日付の同紙記事を読んで、どうしてこのようにきれいな悪善の対立でもって激震のスカラ座を描けるのか、本当に不思議でした。ムーティの音楽嗜好は一般向けではなく退屈だし、イタリアの歌手達も彼に背を向けて国外で歌っている、オーケストラのメンバーはムーティの締め付けと長期政権に飽き飽きして息苦しさを感じていた、それにひきかえ、ムーティの仇敵フォンタナ前総裁は...といった具合で、それにゼッフィレッリの非常にわかりやすい正義の騎士のごときコメントが付加されていました。ゼッフィレッリによれば、スカラ座のオーケストラは、全くマエストロとは関わりのないところで素晴らしい実力の蓄積と光輝を得てきていたことになります。まるで虐げられてきたシンデレラ姫、といったふうです。

なお、フォンタナ前総裁だけでなく、マエストロも新しい聴衆の獲得に非常に熱心であったことを、インデペンデント紙は忘れているようです。もっとも、ゼッフィレッリがマエストロのフィレンツェの大学におけるケルビーニについての講演を冷笑したように、故意に忘れているのかもしれませんが。いずれにせよ、方法に違いがあり、もともとポピュラーな作品で若いファンを呼び込むか、知られていない作品だけれども、いろいろガイダンスを施して興味を誘うか、で、後者がマエストロのやり方です。(5日22時28分付記)

2005年4月29日付 The Independent 紙より
Drama at the world's greatest opera house
Next Tuesday, a new artistic director takes charge at Milan's world-famous opera house. It is an appointment that follows months of political rows and noisy tantrums, as Peter Popham reports

(略)
On one side was Muti, the stage Italian musical director, with his mane of uncannily gleaming jet- black hair, his temper tantrums, his acute awareness of his own genius - and, according to many, his choice of increasingly dull and obscure operas, his repellent effect on good singers (who increasingly trained and worked outside Italy), his loathing of modern staging ideas.

Muti was the darling of Albertini and the right.

On the other was the theatre's general manager and artistic director Carlo Fontana, popular with the theatre's workers. With the closure of La Scala for the refit, the company had moved to Teatro degli Arcimboldi, a modern theatre on the city's outskirts; at Fontana's insistence, and with the idea of improving its financial situation, it had also extended its repertoire to include fare well outside Muti's idea of what it was right and proper for La Scala to put on, including middlebrow foreign shows like West Side Story.

Fontana wanted to open La Scala up to a new audience uninterested in the classics of la lirica; Muti wanted his old theatre back, his old audience back, his old repertory back. In December he got the lot, and elected to reopen the place by staging the first opera ever performed there, Europa Riconosciuta by Salieri. It had never been performed again since - for excellent reasons. It was, his critics argued, a quintessential Muti choice: boring, and with no claims on the attention of a 21st-century audience.

(略)
The orchestra, however, decided it was not going to accept Fontana's sacking. First they demanded his reinstatement, then the sacking of Meli, his replacement. La Scala Philharmonic is one of Italy's finest orchestras, "the best opera orchestra in the world," according to Franco Zeffirelli, "the flesh and blood of La Scala and a very important part of the creative process. They are the crème de la crème and they expect to be treated as something more than just people on the payroll." Weeks after its glorious reopening, La Scala found itself at a crisis unparalleled in its history, with shows cancelled every other night and two new operas scrapped in their entirety.

ところが、ウィーン・フィルのスカラ座公演が終わってみれば、イタリアの新聞はマエストロを惜しむ論調にあふれ、どれも、音楽の勝利、と筆をそろえてたたえています。いったい何がスカラ座労働者たちをもってマエストロをスカラ座から追いやったのか。ただ新しい指揮者を体験してみたかっただけなのか(たとえばレバイン)。あるいは、新法王はドイツ人であり、新総裁もフランス人、何も純血と伝統にしばられる必要はない、欧州連合の象徴となろう、ということなのか。
マエストロ・アッバードに引き続きマエストロ・ムーティまで聴けなくなってしまったミラノの聴衆が、かわいそうに思えてなりませんでした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Lissner へのインタビュー

スカラ座新総裁 Stéphane Lissner へのインタビューが昨日のル・モンド紙、今日のレプッブリカ紙に載っていました。注目すべきは、当然のことながら、マエストロ・ムーティの出演の可能性です。レプブッリカ紙はル・モンド紙よりもそのことについて突っ込んだ答えを載せています。毎年最低1演目は出演してほしい、ムーティ次第だ、とのこと。気になるのは、2007年にパリ・オペラ座との共同制作が決まっていた《アイーダ》がどうなるか、ということです。もちろん、言及されていませんでした。

2005年5月4日付 Le Monde 紙より
Entretien avec Stéphane Lissner, surintendant et directeur artistique de l'Opéra milanais
"La Scala doit conserver son âme. Je n'imposerai pas la méthode Lissner"

2005年5月5日付 la Repubblica 紙より
"Datemi 5 anni, rivolterò la Scala"
Parla per la prima volta il nuovo sovrintendente del teatro milanese all´indomani dell´insediamento
Francese, padre russo e madre ungherese, si terrà anche la carica di direttore artistico

Il rapporto con il maestro Muti sarà delicato. Cosa pensa di proporgli?
«Molto semplice. Io considero Muti uno dei cinque direttori d´orchestra più grandi del mondo. E la Scala, attraverso il suo sovrintendente e direttore artistico, dovrà convincere i cinque direttori d´orchestra più grandi del mondo a venire a dirigere sul suo palcoscenico. Chiederò, con insistenza e affetto, al maestro Muti di scegliere un´opera all´anno, anche di più, e di venire a discuterne con me. La porta è aperta, sta a lui decidere».

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ウィーン、ミラノで見かけた雑誌、本

書評を読んでマエストロ・ムーティについての記述があることはわかっていましたが、インタビューではなかったりするなど、記述の程度がわからないため、実際に手にとって内容を見ないでインターネットで購入することがためらわれる本が何冊かありました。ウィーンとミラノの書店ではそういった本が幸いにもまだ売られていて、何冊か購入することができました。購入せずに帰国した本の中には、サンタ・チェチリアで演奏会を開いた音楽家の写真集や、マエストロとチアーニのはじめてのスカラ座公演の写真の載った本などもありました。いずれ、インターネットで購入しようと思います。

DIE GROSSEN DIRIGENTEN UNSERER ZEIT
Julia Spinola
2005 Henschel

Quaderni di Gargnano 13
Teatri pubblici e teatri privati di tradizione
IL TEATRO ALLA SCALA
2004 Bulzoni Editore

CORRIERE DEL TEATRO Gen.Feb.Mar.2005
La Scala oggi
Inaugurazione: Europa riconosciuta

il giornale della musica aprile 2005
Il crollo della Scala

NEWS 28 April 2005
Das Muti-Interview

pro:log das journal der wiener staatsoper mai 2005
Die Saison 2005/2006
Wohin geht die Scala

MUSIKFREUNDE Mai/Juni 2005
Am Wendepunkt

新聞については略します。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì 4 maggio 2005

マルタでの演奏会

記者会見は明日行われるそうですが、マエストロ・ムーティとケルビーニ管が7月9日にマルタで演奏会を開く予定です。

2005年5月4日付 The Times of Malta 紙より
Riccardo Muti to perform in Malta

演奏会場は Valletta の the Mediterranean Conference Centre で、マエストロの、最高の音は屋内でこそ得られるという強い主張によっています。演奏会はマルタの企業 Renaissance Productions Ltd (RPL) とラベンナ音楽祭が共同プロデュースします。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

AP通信の報道がくれたかすかな希望

2日にスカラ座で行われたマエストロ・ムーティとウィーン・フィルの公演について、AP通信が写真入りで報じていました。その中に、スカラ座広報の女性のコメントとして、マエストロがスカラ座に戻ってまた演奏してくれることへの希望の気持ちが聴衆から感じられる、とありました。マエストロもそれを感じて戻ってきてくれるといいのですが。

THE ASSOCIATED PRESS、Tuesday, May 3, 2005
Muti returns to La Scala, conducts show

said La Scala spokeswoman Lucilla Castellari. "There was a feeling of hope that the maestro will return to conduct at La Scala," she said.

記事にもある、リズミカルな拍手によるアンコールは、パリの聴衆にはよく見られるものです。Radio France のインターネット中継ではおなじみの拍手です。しかしながら、これまでRAI RADIO3 のスカラ・フィルの演奏会のインターネット中継では聴いたことがありませんでした。スカラ座の聴衆がひとつにまとまっている、という感じ、みんながマエストロを求めている雰囲気が強く感じられる、一体感のある拍手でした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ミラノの聴衆の熱狂ぶり

2日のマエストロ・ムーティとウィーン・フィルのスカラ座公演でのファンの熱い気持ちについて、今日のニューヨークタイムズ紙が現地で取材したかのように思える記事を載せています。

2005年5月4日付 The New York Times 紙より
Muti Returns to La Scala, But Just for One Night

終演後、楽屋口には熱烈なファンが数十人、待っていました。記事にもあるとおり、マエストロのブルーのBMWは止まってくれ、助手席に座っているマエストロがウィンドウを開け、サインをし、握手をし、やめないで、またきて、と訴えるファンの声を聞いていました。そうやって数十分ほどとどまって、みんなが手を振る中を走り去っていきました。マエストロの目は少し赤くうるんでいました。あのようにあたたかな、そして熱いファンのストレートな気持ちをミラノで見たことは、わたしには大切な宝物です。
あとで紹介しますが、イタリアの報道にもあるとおり、ガレリアの演奏会中継会場では、マエストロ・ムーティにスカラ座をやめないでくれと訴える署名活動が行われ、彼ら(目撃したのは3人ですが)はその後楽屋口にやってきて、そこでも署名を求めていました。あの、M.L.R. すなわち、maestro le ritiri!、マエストロよ、やめるのを考え直して、という署名活動です。署名を求められ、ミラノに住んでいないが、とためらったのですが、全くかまわない、ということで、喜んで署名してきました。辞任表明直後の当初の報道では80人ほど、とのことでしたけれども、あの晩にかなりの数が集まったのではないでしょうか。署名活動をしている人と熱心なファンたちとの会話をそばで聞いていたのですが、とりあえず、マエストロが次にミラノを訪れる6月24日のミラネジアーナの折に提示したい、とのことでした。

楽屋口にいたのは、それこそ、マエストロの熱心なファンばかり(NYタイムズ紙の記述ではa group of die-hard fans)でした。スカラ・フィルをやめてしまえば、こうやって、どこか別のオーケストラとミラノへやってくるしかなく、そうなれば、アッバード同様、なかなかミラノを訪れなくなる、と語っていた人に何人かが同意していて、わたしもそのとおりだと頷いてしまいました。
ミラノに住んでいるわけでもないのにさしでがましいことはできないから、と署名のほかには何もしないでミラノを去りましたが、ファンの空気に接することができて、本当に嬉しかったです。

新聞記事によっては、マエストロの家族全員がきていたとのことでしたが、夫人のクリスティーナさんと長女のキアラさんは見かけました。去っていく車の中から身を乗り出してファンのほうを見ていたクリスティーナさんに、胸が熱くなりました。ミラノをマエストロが去ることの意味を、あらためて思いました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica 1 maggio 2005

the new DVD

The new DVD of the opera conducted by Maestro Muti has just been released.

Riccardo Muti: W.A. MOZART · Don Giovanni - € 35,95

Livemittschnitt der Wiener Festwochen 1999 (26.& 27. Juni)

Carlos Álvarez · Angelika Kirchschlager · Adrianne Pieczonka · Anna Caterina Antonacci · Michael Schade · Ildebrando d'Arcangelo

Chor und Orchester der Wiener Staatsoper

1 DVD

You can also buy it at the website of the Vienna Philharmonic Orchestra.

http://wienerphilharmoniker.waldner.biz/index.pl?language=de&id=47&nextsite=detail_kat

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« aprile 2005 | Principale | giugno 2005 »